「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び込んできたビッグニュース

 某出版社の依頼を受けて、福岡市市民スポーツ賞表彰の取材を終えて帰宅したところ、ビッグニュースが飛び込んできました。
「中倉さん、もう帰宅してしまいましたか?永井がキリンチャレンジカップ(4/7 vs.セルビア代表@長居スタジアム)の代表に選ばれて記者会見を開くんですが、そちらも取材してもらうわけには・・・」
 早速、バスに飛び乗って天神に逆戻り。サッカーをする者なら誰もが夢に見るW杯に挑戦することになった永井の姿を見てきました。

「全然考えていなかったのでびっくりしました。まさかメンバーに入るなんてという感じです。今回がW杯南アフリカ大会の日本代表に選ばれる最後のチャンスなので、全力でアピールしたいです。限られた人にしかチャンスはないので、そのチャンスを活かしたいですし、大学の代表として誇りを持って、プロ選手に負けないプレーをしたいと思います」(永井謙佑)
 さぞかし緊張しているかと思いきや、いつもと変わらぬ飄々とした態度で話す姿を見ながら、改めて大物だなと感じました。

 そして、記者会見に同席した乾真寛福岡大学サッカー部監督は、次のように話して永井にエールを送りました。「単に若手だから選ばれたというのではなく、日本一のスピードという彼にしかない特長が評価されてのもの。今回の選考は、残り10分、15分を切ったところで、数少ないチャンスを、日本代表がどれだけものにできるのかという観点からのものだと思う。スピードあるFWをラストに投入するというシミュレーションでセルビア戦にチャンスがもらえて、そこでアピールできれば、最終の23人に残る可能性も見えてくる」

 永井に初めて声をかけたのは2006年11月12日、博多の森球技場(現レベルファイブスタジアム)で行われた全国高校サッカー選手権大会福岡県大会決勝戦の後のことでした。その姿は初々しく、全国大会に出られることだけが嬉しいといった感じの青年でした。そして富山第一と対戦した本大会の1回戦。観衆のほとんどが富山第一目当てでしたが、時間が経つにつれて永井のプレーに引き込まれ、途中からは九国大付属高校がロングボールを蹴るだけで、「ウォーッ!」という声が上がるようになったのを思い出します。

 高校の時から知っている選手が、しかも、福岡の特別指定選手だった昨年は気軽に話しかけていた選手が、具体的にW杯出場を目指す立場になったことに、何だか不思議な、同時に、なんとしてもW杯の舞台に立ってほしいという感情が沸いています。総合点では他の代表選手に分があるかもしれません。けれどスピードなら誰にも負けることはありません。どうしても1点を欲しい時の武器としてて最終メンバーに残ることは、決して夢物語ではないと思っています。簡単ではないでしょうが、是非、最終の23人のメンバーに選ばれることを願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。