「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開の桜の下で



 永里源気の先制点が全てだったように思います。ゴールが生まれたのは、堅守を誇る富山の前にボールをキープしながらもチャンスが作れずに嫌な流れになりかけていた時間帯。記者席で試合を見ながら、昨年の対戦のようになってきたなと思いはじめた矢先でした。ゴールネットが揺れた瞬間、スピードと運動量で富山の隙を鮮やかに陥れた永里のプレーに、思わず声を挙げてしまいました。富山にしてみれば、ほんの一瞬の出来事。堅守をベースにするチームの流れを断ち切った時点で勝負ありでした。

 選手たちも口にしていましたが、5-0という結果ほど完勝と言うわけではありませんでした。ゲームの入り方は決していいものではありませんでしたし、前述の通り、前半の立ち上がりは相手のリズムに飲み込まれかけました。先制点直後には決定的な場面を作られ、流れを大きく引き寄せたにも拘わらず後半の頭はドタバタとし、ロスタイムにはゴールを決められてもおかしくないシーンを2度も作られてしまいました。勝利の陰にはいくつかの危ないシーンが隠れているのも事実です。

 しかし、そういう危ないシーンを切り抜け、ここしかないという時間帯に先制点を奪い、相手が盛り返して流れを奪われそうになったときに追加点を奪うのは、甲府、札幌戦と同じ展開。攻守に渡って勝負所をことごとく抑えることで、ゲーム全体を見渡せば、相手につけ入る隙を与えない試合に仕上げています。それが今の福岡の好調の要因。これも、90分間でゲームをどのようにコントロールするかを、しつこい位に意識してきた開幕前の準備が実を結んでいるということだと思います。

 選手たちが自分たちの力を過信していないことも、いい状況を作り出している要因のひとつです。敗れた柏戦を含め、いずれも手応えを感じられる試合をしながらも、それぞれの口から出てくる言葉は、「手応えという感じはない」「決してスコアほどいい内容ではない」「もっと、もっと良くなっていけるはず」というものばかり。自分たちには足りないものがあり、常に自分たちが目指すサッカーを追求することに意識を集中させ、真摯にサッカーと向き合っている姿を見るにつけ、いいチームになったなと思います。

 けれど、「福岡の力は本物か?」という質問に対してYESと答えるには、まだまだ早いと感じています。サッカーの神様は決して優しくはありません。これから、手を変え、品を変えて福岡を試すはずです。そして、サッカーの神様が仕掛けた壁に行く手を阻まれるときが必ずやってきます。その壁を乗り越えてコンスタントに勝点を積み上げられた時、初めて福岡は強くなったと言えるのだと思います。終わってしまえば、素晴らしい勝利も単なる過去の出来事でしかありません。変わらぬ気持ちで日々の準備を続けること。今の力を本物にするには、その姿勢が欠かせないと思います。

コメント

今年は信じて良いのでしょうか?

いろんなことあって、博多の森から遠ざかっていたんですが、
今日、久しぶりに観戦しました。
ちょっと古いレプリカ・ユニが恥ずかしかったですが。。。
(前はジョージア、後は三洋信販です)
今日の5得点にも感動しましたが、
それよりも試合終了後に、社長やフロントの方々が
選手と一緒に観覧席に挨拶に来ていただいたのが、感動でした。
こんなことこれまで、たぶんなかったんじゃ、ないでしょうか。
北九州の社長が「みなさん、申し訳ありません。今日は残念ながら勝てませんでしたが、
次回も頑張ります。是非、次回も観に来て下さい」と、
来場者に頭を下げてあったのを見て、うらやましいな。と思いました。
だけど、アビスパも監督・選手・フロント・サポーターが1つになれる時が
やっと来たんだと思います。
今年、変わらなければ、いつ変われるんですか。

去年、レベスタへ試合を見に行くのが怖いと思い折れそうな心を必死に携えていたのが嘘のように面白いゲームを見せてくれていますね。
浮かれまくっているサポーターとは違い、しっかり地に足をつけた様子の選手たちは頼もしいです。

中倉です。みなさん、コメントありがとうございました。

>kuma3 さんへ
 何があるか分からないのがサッカー。そしてどんなことでも起こるのがサッカー。この先、どのような結果になるのかは我々には分かりませんが、福岡が今までとは違った姿を見せ続けてくれるのではないかと感じています。土壇場で追いついた東京V戦も、そのひとつだったように感じています。

とにかく、選手たちの一体感とモチベーションは、私が見てきた中でも一番高いと言っても差し支えないレベルだと思います。苦しい時期は必ずやってきますが、アグレッシブなサッカーを1年間通して見せてくれるのではないかと期待しています。

--------------------------------------------------------------------------------

>Yocchin09 さんへ

おっしゃる通りだと思います。

今シーズンの全ては開幕戦にかかっているとシーズン前から思っていました。最初の試合で変わった姿を見せられるのか、それとも、過去と同じような試合をしてしまうのか。それによって今シーズンの、もっと言えば、将来に渡っての福岡の立ち位置が決まってしまうと思っていました。そこで見せた選手たちのパフォーマンス。そこに、「今年変われなかったら、いつ変わるんだ」という選手たちの意思を感じたように思いました。

全てが順調に行くわけではありません。本当に変わったと言えるまでには、まだまだ永井年月も必要だと思います。しかし、確実に変化に向かって歩んでいることを選手たちはしっかりと伝えてくれています。彼らの頑張りに報いるためにも、福岡にかかわる全ての人たちがっからを合わせて、一歩ずつ前進出来ればと思っています。

--------------------------------------------------------------------------------

>蹴人 さんへ

私が一番感じているのは、選手たちが全く浮かれていないということ、これから厳しい時期が来るということを感じて、それに対しての備えを怠らないこと、そして、自信を得ながらも、それで良しとせずに前を向いて歩み続けようという姿勢です。そこに今までとは違う姿を感じています。

勝利も、素晴らしい試合内容も、終わってしまえば単なる過去の出来事でしかありません。そして、どんなに素晴らしい結果も明日を保障してくれるものではありません。これからも変わらぬ姿勢で、おごることなく一歩ずつ前進していってほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。