「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある予感



 先日、ふと元松田浩監督と話したあることを思い出しました。それは「福岡なら、練習後にシャワーを浴びながら『昼飯はどこに行こうか』と話す。それは全く普通のことだけど、鹿島や磐田なら、『なんであそこで、足元ではなくて50センチ右へパスをよこさないんだ』と延々と議論しているはず」という言葉。そして、今年の宮崎キャンプで丹羽大輝は次のように話しました。「風呂場や食事会場でサッカーの話をしている時間が明らかに増えている。それが自然とで出来ていることがいいなと思うし、大事なこと」

 3試合を過ごして、福岡は変わりつつある姿を見せてくれています。それは選手や戦術面の変化によるものでもありますが、最大の要因は意識の変化ではないかと感じています。それは、まだまだ小さいものでしかないかもしれません。けれど、1人、1人の選手の言動は確実に変化を見せているように私には感じられます。勝利した2戦はもちろん、敗戦を喫した柏との戦いの後でも、見ている側が「よし、次だ」と感じられるのは、そうしたところから来るものではないかと思っています。

 そうした変化のひとつに、選手たちが「チーム」という言葉を良く使うようになったことがあります。先週の紅白戦の後、久藤清一は「浅野コーチが相手を十分に分析してくれて、控チームがそれをいい状態で実践しているので、本番でチームが戸惑うことがない。チームとしていい練習ができている」と話し、柏戦後、田中誠、末吉隼也の欠場の影響を問われた永里源気は、「今は誰が出でも変わらないというか、チームとしていい準備ができているので問題はない」と話しました。

 そして丹羽大輝は次のように話します。
「みんながチームのために動いている。1人、1人が、チームがどうやったら上手くいくかを考え、それが、チームのために走ろう、チームのためにスライディングしてカバーしようというプレーにつながって、全体的にいいプレーになっている。今は本当にみんながチームのために献身的にプレーしてくれている」

 チームスポーツであるサッカーでは、1人、1人の変化は、当然のようにチームとしてどうあるべきかという部分へ集約されて行きます。そしていま、福岡は変革に向けての道を歩み始めたように感じます。それは簡単な道ではなく、成功と失敗をいくつも重ねながら歩いていく道。途中で挫折するのか、歩き切れるのかは、これからにかかっています。けれど、選手たちは必ずゴールにたどり着いてくれるはず。いま、そんな予感に心を膨らませています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。