「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連勝ならず。柏戦で見えた課題。



 勝点1はもちろん、勝点3も手に入れるチャンスのあった試合でしたが、たったひとつのプレーが勝敗を分けてしまいました。怪我の治療で相手が1人少ない状況で、しかも相手の楔のボールをカットして高い位置でボールを奪ったにも拘わらず、気持ちが後ろに行ってしまった時点で勝負ありだったと思います。ミスをした田中佑昌云々ということではなく、篠田善之監督の記者会見の言葉通り(J's GOAL 参照)、チームとしてそういう空気があったということだと思います。

 相手の思うようにさせないという意味では、守備は頑張っていたと思います。相手のトップに入る楔のボールを激しく潰し、危ない場面では数的優位を作って突破を防ぎ、ゴール前では体を張る。絶対に失点しないという気迫と集中力は十分に評価できるものでした。柏のチャンスらしいチャンスは、あの1本のみ。試合中に相手がいら立っている様子はスタンドにも伝わってきました。アウェイで勝点1という戦いはできていたと思います。

 では、自分たちのサッカーをするという観点ではどうだったのかと問われれば、それはできなかったと言わざるを得ません。福岡の守備は高い位置からプレスをかけて、相手のプレーを制限してボールを奪い、そこから一気に攻撃へ転ずるというもの。それは、「攻撃をするために主導権を握った守備」とも言えるもので、過去2戦で勝利を挙げたのも、ゴールを奪うための守備が機能していたからにほかありません。反して、柏戦での守備は「ゴールを許さないための受け身の守備」。最後にミスが出たのは、受け続けていた精神疲労から来たものも知れません。

 この日の試合でも、いい形でボールが前線に入れば、破壊力を感じさせる攻撃ができることは見て取れました。やはり課題は、ボールをポゼッションしてくる相手に対して高い位置からのプレスを機能させられるかということ。その部分においては、まだ力が足りないと認めるしかない試合でした。どんなチームに対しても自分たちのスタイルを発揮できるようにするためには、まだまだチーム戦術を熟成させる必要があり、それが福岡が上位に進出し、J1昇格を果たすための条件だと改めて感じました。

 ただ、悲観的になる要素は少なかったと思います。受け身の守備であっても個の力を持つ相手に対して崩されることはありませんでしたし、時折見せた鋭いショートカウンターや、最後まで相手を上回った運動量は、明らかに昨年までのチームとは違う側面。方向性をぶらすことなく、この日の試合を教訓にして、自分たちの目指すサッカーを突き詰めていくだけだと思います。簡単にいかないのはシーズンが始まる前から分かっていたこと。変わらぬ姿勢で取り組んでいくだけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。