「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の決戦。福岡県女子ユース(U-18)サッカー選手権

福岡県女子ユース大会決勝

 日曜日は福岡女学院まで足を伸ばしました。お目当ては「第2回福岡県女子ユース(U-18)サッカー選手権。この日は決勝戦が行われました。決勝に駒を進めてきたのは、今年の全日本高等学校女子サッカー選手権大会でベスト8に進出した豊国学園高等学校と、福岡J・アンクラスの下部組織である福岡女学院PasoDorado。パワーとスピードが持ち味の豊国学園。高いテクニックとつなぐサッカーが信条の福岡女学院PasoDorado。予想に違わぬ好ゲームなりました。

 前半は早いプレッシャーと、随所に高い技術を見せる福岡女学院PasoDoradoのペース。先制点を挙げたあとは、ほぼ一方的にリズムを刻んで試合を進めます。そんな福岡女学院PasoDoradoの前に、豊国学園は次第に声が出なくなり、足が動かなくなり。ここ数年、機会があるごとに豊国学園の試合を見ていますが、相手を強引に叩き潰すような、圧倒的なパワーは感じられませんでした。そして、福岡女学院PasoDoradoのペースのまま前半を終了します。

 後半に入ると、ハーフタイムの間中、監督から激しい檄を受け続けた豊国学園が反撃に移ります。長いボールをDFラインの裏へ送り込んで全員で押し上げるパワープレー。福岡女学院PasoDoradoはよく対応していましたが、ジワジワと後ろに下げられ、時間の経過とともに運動量が落ちてしまいました。高校生と、中学生主体のチームのフィジカルの差。こればかりは致し方なかったかも知れません。そして終了1分前に豊国学園が起死回生の同点ゴール。そして、その勢いのままに延長前半2分に2点目を挙げた豊国学園が優勝を飾りました。

 対照的なチーム同士の対戦は非常に興味深いものでした。どちらのサッカーが良いかなどと論評するのはナンセンス。互いに自分たちのスタイルにこだわり、それを追求し続けているからこそ、長年にわたって強豪チームとしての地位を維持しているのだと思います。そして違うタイプのチームが覇権を争うことで、互いの特徴が伸び、欠点が改善され、サッカーの質が上がっていくのだと思います。醸し出す雰囲気も、サッカーの内容も全く違う両チームですが、今後とも良きライバルであって欲しいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。