「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利だけを目指して

今年も攻撃に、守備に走り回る大久保哲哉。札幌戦ではゴールを狙う。

「始動してから、チームの雰囲気がいいとずっと言ってきたけれど、それを公式戦で示さなければいけなかったので、それを証明できたのは良かった。それを続けていくことが大事。開幕戦の戦いをベースにして、それにプラスαして、もっともっと良くしていきたい。そのためには2戦目が大事。2戦目でしっかり結果を残さないと1戦目の価値がなくなってしまうので、しっかりと戦ってきたい」(丹羽大輝)。その言葉に代表されるように、福岡はリラックスと、程よい緊張感が漂う空気の中で、充実した準備を進めています。

 けれど、誰1人として浮かれている選手はいません。まだ開幕戦が終わったばかり。自分たちが変わったかどうかは、これから続く戦いの中で証明しなければいけないことを知っているからでしょう。「選手たちは冷静に自分たちの状況を判断しているし、内容的にはまだまだだなというところもある。まだ1試合が終わっただけ。選手たちは次の事を考えてトレーニングに臨んでくれているし、自分も『勝ったことはもう済んだこと。次が大事』と伝えている」と篠田善之監督も話します。

開幕先発の座は六反勇治に譲ったが、神山竜一のパフォーマンスは日に日に上がっている。
激しく争う岡本英也と末吉隼也。激しい中盤のポジション争いは続く。
 そして福岡は13日、アウェイで札幌と戦います。昨年は3回戦って4失点無得点で2敗1分と1度も勝てなかった相手。その借りを返すためにも、勝点3を奪って帰ってくることが求められています。

「去年は数的不利になって得点を奪えなかったり、ミスから失点したり、ちょっとしたことが要因になってゲームを優位に進めることができなかった。そこを反省して借りを返したい」(篠田監督)。その気持ちは全員が思っていることでもあります。

 札幌のスタイルは、積極的にプレスをかけて、相手のボールを高い位置で引っかけて、そこからの切り替えの速さを活かしてゴールを狙うのがパターン。開幕戦となった鳥栖との戦いでも、奪ったボールを近藤祐介に楔のボールを当てて、そこを起点にして内村圭宏が裏へ飛び出す形で何度もチャンスを演出していました。相手の素早いプレスを、どうやってかいくぐるか。それが札幌戦の勝利への鍵になりそうです。

 そして、福岡にとっては、選手1人、1人のコンディションがいいのも好材料。「みんな本当に状態がいい。惇もいい状態を保っているし、阿部嵩もバランスが良くなってきた。久藤も良くなってきて、あとはどのタイミングで試合に出るかというところまで来ている。中盤の争いはますます激しくなっているが、最もいい状態の選手を選びたい」と篠田監督も嬉しい悲鳴を上げています。
「相手は変わるけれども自分たちの戦い方をぶらさずに戦いたい」(丹羽)。福岡は勝利だけを求めて札幌に乗り込みます。

開幕戦ではチームのリズムを作り出した中町公祐。札幌戦でも期待がかかる。 守備だけではないところをアピールする阿部嵩。「幅が広がってきた」と篠田善之監督も目を細める。 目標の開幕先発の座が取れなかったこと。途中出場でチームに貢献できなかったこと。そうした思いを胸に、鈴木惇は頭を丸めて札幌戦に備える。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。