「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安さと美味さでホッとする店

この日のチョイスは「ごぼ天うどん」。とろろ昆布と天かすが入れ放題なのがうれしい。

 先週、取材でギラヴァンツ北九州へ行ってきました。あいにくの雨でしたが選手たちの表情は明るいもの。開幕戦は悔しい敗戦でしたがリーグ戦は始まったばかり。週末に控えたホーム開幕戦に向けて高いモチベーションでトレーニングに励んでいました。長野聡もすっかりチームの一員として馴染み、ウェリントン選手も、チームメイトとのコミュニケーションがうまくいっているのか、福岡在籍中とは別人のように明るい表情を見せていました。

 さて、週末に北九州に足を運ばれる方のために、本城陸上競技場周辺の食事情報を。写真の一品は、競技場の前の国道をJR本城駅方面に向かって10分ほどのところにある「資(すけ)さんうどん」の「ごぼ天うどん」。昨年の北九州市長杯の帰りに寄ったのですが、その美味しさと安さで、私のお気に入りの店の仲間入りを果たした店です。

あったかなおでんも人気メニュー。屋台で売っている物の倍はある大きさで値段は80円。
資さんうどんは、本城陸上競技場から本城駅へ向かって10分ほどのところにある。
 運ばれてきたうどんには、「資」と書かれた2枚のかまぼこが愛嬌良く浮かんでいます。資さんうどんは、天かすだけではなく、とろろ昆布も取り放題なのが嬉しいところ。さっそく、この2品をトッピングすると、うどんがバージョンアップしたように見えるから不思議です。

 次に出汁を一口。魚介系の出汁の深みのある味が胃の中に染みわたり、そして体の中から暖かくなっていくのが分かります。そして麺。さぬきうどんの系統という麺は、程よい腰あって喉の中にツルツルと入っていきます。う~ん、やはりうどんは喉越しです。

 この日はお腹が空いていたこともあって、店の入り口近くにあるおでんもいただきました。ここでは、おでん鍋から自分でお好みの具を皿に取り、お店の人に申告して伝票をもらうのがルール。そのルールにのっとって、大好物の厚揚げと、出汁が十分に染みた大根と、大振りの糸こんにゃくの3品を選びました。嬉しいのはその大きさと安さ。いずれも屋台のそれの倍以上の大きさがあって値段は80円。しかも美味しいと来たら何も言うことはありません。

 ところで、小倉の屋台ではお酒が飲めない代わりに、「ぼた餅(おはぎ)」が置いてあると聞いたことがありますが、ここにもありました「ぼた餅」。うどんと、おでんを食べた後、果たして、どういう気持ちで「ぼた餅」を食べていいのやら分からなかったため、この日は触手が動きませんでしたが、次回の訪問時には挑戦してみようかと思っています。ちょっと想像がつきませんが、小倉では親しまれた味。おそらく、いやきっと美味しいのだと思います。

競技場から一番近いのが、競技場入り口を出て、すぐ右側にあるHotto Motto。 回転寿司のシージャックは本城陸上競技場の向かい。 Hotto Motto のすぐ先にあるのが「はかたや」。ラーメン一杯290円と檄安。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。