「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、開幕戦



 開幕を翌日に控えた5日、福岡は円陣を組んで大塚唯史代表取締役社長の話を聞いた後、いつもの試合前日トレーニングと同様に、ウォーミングアップとセットプレーの確認を行って全ての準備を終えました。特別な気負はなく、しかし、程よい緊張感が漂う選手の表情からは、開幕に備えて、まずまずのトレーニングを積んできたという自負が感じられました。開幕先発が濃厚とみられる末吉隼也は、「やっと来たという感じ。期待に応えられるように頑張りたい」と話しました。

 また、「昨シーズンから取り組んでいることを継続する中に、新しい選手が加入するという状況での準備だったので、比較的順調に進んだんじゃないかと思っている。選手のコンディションも昨年よりもいいという手応えがあるので、後は結果で示したい。ホーム開幕戦で引き分けに終わった昨年と同じ過ちは繰り返さないようにしたい」と話すのは篠田善之監督。開幕戦に心身ともに100%の状態で臨むと話していましたが、まずまずの感触を掴んでいるようです。

0305_02.jpg
0305_03.jpg
 さて対戦相手の甲府は、昨シーズンは仙台、C大阪、湘南とともに1年間を通して4強を形成していたチーム。ハーフナー・マイク、パウリーニョらを補強して、特長である攻撃力は更にアップした印象があり、攻撃における個の能力はJ2屈指と言えるチームです。

「甲府は去年昇格争いしたチームで、しかも大幅な補強もしている。我々は去年の成績を真摯に受け止めて、チャレンジするつもりでやりたい」と篠田監督は話します。

 そして、チームの精神的な支柱としてキャプテンの重責を担う丹羽大輝は、甲府戦のポイントについて、次のように話します。

「普段やってきたことをやれるか、やれないかで勝敗が決まる。普段通りにアグレッシブに、キャンプから積み上げてきたことを普段通りにやることが大事。意気込むことは大切だが、開幕戦だからと言って特別なことをするのではなく、いつもと同じ気持ちで臨むことが必要」。そして「内容も大事だけれど、まずは勝ってみんなで喜びたい」と結んでくれました。

 これまでの練習試合で、組織的な守備が機能しないことや、ビルドアップの面で課題を残すなど、チームは100%とは言い切れない状態にあります。しかし、リーグ戦は1年間の長丁場。それも想定の範囲内です。いいところも、悪いところも、全てを受け入れて、今できる全てを余すことなく発揮できるか。それが勝負の鍵を握ります。新しくなったチームが、独特の緊張感がある開幕戦でベストパフォーマンスを発揮できるよう、スタジアム全体で後押しする試合にしたいものです。

コメント

アビスパ幸先いい一勝ですね。
今年から、すぐ地元にギラヴァンツができてしまって心が乱れますが、10年以上続いたアビスパ愛が勝りそうです。
でも、地元クラブをサポートするのがサッカーの醍醐味というのをアビスパで知ってしまっているので・・・。
ダービー、どっちの席に座ろうかなw

>デリピエロ10 さんへ

中倉です。すっかりレスが遅れてしまったことをお詫びします。
あれや、これやとバタバタしているうちに、レスが出来ない状態が続いていますが、ペース配分を見直して、極力速いレスが出来るようにしたいと思います。また、気が向いたら書き込みしてください。

さて、今更ながらですが・・・
福岡は非常にい状態でリーグ戦を戦っています。まだまだ先は長く、何処かで必ず苦しむ時がやってくるのは間違いありませんが、どこまで変われるかを楽しみにしながら試合を追いかけています。

北九州も定期的に取材に行っていますが、Jリーグで戦うことの楽しさや責任を、選手たちがしっかりと自覚していることが感じられます。思うように勝てていませんが、いい雰囲気を持ったチームだなと思っています。

初の福岡ダービーは5月22日。いい試合にしたいものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。