「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依然として残る課題

3本目に出場して30分プレーした久藤清一。ゲーム感が戻るまでには、もう少しかかりそうだ。

 45分×2+30分×1で行われた九州学生選抜との試合は、0-0、1-0、0-0のスコア。シュート数で学生選抜を大きく上回り、決定機の数も多く作った福岡でしたが、その内容は決して満足のいくものではなかったと感じています。この試合はチームの課題である「組織としての守備」がどれだけ機能するかに注目して見ていましたが、残念ながら、修正の跡は見られず。篠田善之監督も「互いの距離感が長くなったり、近すぎたり、守備は良くなかったと思う」と話しました。

 ハーフウェイライン近くで、高い位置から相手をはめ込んでボールを奪いに行くという点に関しては、少しずつ、少しずつ、形が出来てきたように思います。しかし、問題は、そこでボールを奪えなかった時の守備。相手に自陣内に持ち込まれると、相手のミスか、こぼれ球を拾う以外に、意図した形でボールを奪えることが出来ないのは、これまでと変わらず。数的優位を作れずに、常に1対1の守備を強いられるのも、過去の練習試合と同様でした。

怪我で出遅れた中町公祐は急ピッチでコンディションを上げている。変化を付けられる選手としての期待は大きい。
田中佑昌は、まだ本来のキレ味を取り戻していないが、開幕までには十分に間に合いそう。
 1人、1人のプレスに行こうという意思は感じられるのですが、組織としてボールホルダーを囲い込んだり、サイドへ追い込んだりすることがほとんどなく、そのため、ファーストディフェンダーが簡単にはがされて、後追いの守備になることが多かったように思います。

 そういう状況ではラインを上げることも、高い位置からプレスに行くことも出来ず、最後の最後で人数をかけて跳ね返すしかできなくなっていました。サイドへ展開されると、必ずと言っていいほどクロスを上げられていたのも問題でした。

 相手にプレッシャーをかけられると、ロングボールを蹴るしかなくなったり、奪ったボールをすぐにラインの裏へ蹴り込んだりと、緩急の変化が付けられない攻撃にも課題は残りました。しかし、それよりも、何よりも、守備の安定なくしては長いリーグ戦を戦うことはできません。ボールがいい形で前に入ればチャンスを作ることが出来るのは、この日の試合でも明確になりましたが、いい守備が出来なければ、前線にいい形でボールが入ることはありません。

 1対1で勝てれば問題はありません。しかし、互いの技量に差がないのがプロの世界。そして、ひとつのミスが失点に直結するのがサッカーです。守備の面では互角の勝負は極力避けなければなりません。ファーストディフェンダーが強くプレッシャーをかける前提として、相手の動きを制限し、パスコースや、抜け出してくるコースを限定しておかなければ効果はありません。開幕までに残された期間はわずかですが、課題は明確なだけに、しっかりと修正してほしいと思っています。

別メニューでの調整が続いていた高橋泰も練習試合に復帰。まずまずの動きを見せた。 大久保哲哉の目標は全試合フル出場と得点王。今年も攻守に渡ってチームを引っ張る。 積極的なオーバーラップを見せた山形辰徳。

コメント

昨年からの課題そのままですか。
日々のトレーニングとキャンプで一体何を
やってるんでしょう。
篠田が守備を指導していますが伝わっていないんではないでしょうか?昨年同様に・・・

この状態じゃ力のある相手なら昨シーズン同様、簡単に失点を重ねてしまいかねないことに・・・。
昨年から散々問題になった中盤の守備の改善こそ最大のテーマだと分かっていたハズなのに
危機的な感じさえします。
それともこの課題はプロでさえも何年もかかってクリアせねばならないほどのものなのでしょうか。
開幕戦が心配です。

攻撃することが最高の守備。
そこに目を向けながら守備を意識させたほうが
おもしろいんじゃない。
得点になりそうなシーンを数多く観たい。
わくわくするような得点シーンをね。
「守備、守備」と言っていると集団意識は余計にマイナスに働きますよ。
少々点を取られても、攻撃の意識をチームとして忘れてほしくない気がする。
あんまり、守備、守備と聞くと見に行きたくなくなるのは私だけでしょうか。
サッカーはゴールを奪うスポーツ、ゴールを奪わなければ勝てないスポーツであることを忘れたくありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。