「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中盤の守備に課題 宮崎キャンプ(第7日目)

吉原正人は落ち着いたプレーを見せて、Jリーグでも十分にプレー出来ることを示した。

 45分×3本で行われた岐阜との練習ゲームは、福岡の0-0、1-1、5-0という結果。しかし、互いに現段階での主力と思われるメンバーで戦った1、2本目の内容は、福岡にとっては厳しいと言わざるを得ないものでした。攻守ともに機能しない福岡は、2本目のロスタイムに永里源気が1点を返して同点にしましたが、それも、2本目の30分過ぎに、岐阜がメンバー全員を入れ替えて控選手と練習生で構成したチームにしたためで、福岡の攻撃が活性化した結果ではなかったと感じています。

 この試合でも浮き彫りになったのは、やはり中盤の守備が機能しないということでした。この日は高い位置でのプレスをかけられず、ほとんどの時間帯を自陣内で耐えることになりましたが、1人、1人にはプレスに行こうという意識は感じられるものの、組織として相手を追い込むことも、パスコースを切ることもできず、後手に回るシーンばかり。マイボールになるのはこぼれ球を拾った時だけで、意図した形で奪うシーンはほとんどありませんでした。

 高い位置からプレスをかけてボールを取りきるのが今シーズンの福岡の戦い方ですが、そこで相手をはめられない時に、どうやって相手の攻撃を遅らせてボールを奪い返すかという部分が、現時点では上手く機能していません。それは昨年来の課題と言えるもので、福岡が安定した実力を発揮するには、その修正が不可欠です。前からの守備はひとつのやり方であって、戦いのベースとも言える中盤での守備の構築なしには、高い位置からの守備も十分には機能しません。

「いい守備は、いい攻撃につながる」という言葉があるように、勝負の基本は守備。個々の意識の問題もあるでしょうが、それも、トレーニングの中に落とし込んで練習を続けることで解決しなければ、昨シーズンと同じことが繰り返されかねません。岐阜に決定機を作らせず、シュートも多く打たれなかったのは結果論。これと言った攻め手がない相手にボールを支配されたことこそが問題だと感じています。

 中盤の守備をどうやって構築するのか。それが福岡にとって当面の、そして最大の課題だと私は思っています。ビルドアップが上手くいかないことや、1対1の局面で負けることが多かったこと、仙台戦同様に、後半(2本目)の立ち上がりの入り方の悪さから失点することを繰り返しこと等、他の場面でも昨年来の悪い癖が顔を出しましたが、何よりも優先されるべきは中盤の守備の安定。それが、開幕までに残された期間で福岡がやらなければいけないことだと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。