「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合は十分 宮崎キャンプ(第1日目)

さあ、キャンプの始まり。昨年の悔しい思いを晴らすために、とことんサッカーとぶつかり合う。

 14日の島原市営陸上競技場は身も凍るような寒さ。そんな中で行われた、がまだすリーグ・山形戦は、現段階でのトップチームと思われるメンバーで戦った1本目が0-0のドロー、控組と思われるメンバーとユース・福岡大学生を交えて行った2本目は1-2の敗戦という結果で終えました。当然のことですが、課題もあれば収穫もあった試合。今シーズンの福岡の目指す姿が見えつ、隠れつする試合だったように思います。

 率直な印象としてはJ1とJ2の差を感じたゲームでした。特に守備という点では大きな差があったように思います。守備にストロングポイントがある山形は、相手を狭いゾーンへ追い込む守備はさすが。福岡がボールを展開しようにもパスコースを切られ、網を手繰るように囲まれて、ゾーンから抜け出せずに窮屈な展開を強いられるシーンが随所に見られました。福岡の展開が狭いと言うよりも、山形の守備が1枚上手だったということだと思います。

キャンプ初日から激しくぶつかり合う選手たち。
2年目に欠ける高橋泰も気迫あるプレーで存在感を示す。
 そんな中での福岡の印象は、これまでと同様に、前にボールが収まれば迫力ある攻撃が展開できるというもの。ボールポゼッション率では山形に分がありましたが、後半の25分を過ぎて相手のプレッシャーが緩んでからは主導権を奪取。ゴールは奪えなかったものの、前の選手のコンビネーションから何度も決定機を作り出しました。

 中でも目立っていたのは永里源気の動き。スピードと豊富な運動量、そしてスペースへ飛び込んでいく姿は、スタンドのサポーターから大きな声援を浴びていました。

 そして課題の守備。福岡がやろうとしている取りきる守備の形は、少しずつ明確になりつつあるように思います。「取りどころとして、いくつかのポイントを選手に指示しているが、そこは忠実にやってくれているし、今日のゲームでも前回出来なかったこともできた。狙いを持ってやってくれている」と篠田監督も話します。
 ただし、連動性と言う点ではもっと、もっと高める必要があり、全体で見れば、昨シーズンからの課題である中盤の守備は、修正できたと言える段階にはありません。

 見え隠れする形がどう変化していくのか。そして、求める守備は、連動性を高めて追い込んでから奪いに行くスタイルになるのか、それとも、ポイントに入った瞬間にファーストDFが一気にプレスをかけ、それを合図に次から次へと奪いに行く形になるのか、非常に興味深いところです。いずれにせよ、攻守に渡ってアグレッシブさを押し出したチームに変わろうとしているのは確かで、15日から始まるキャンプで、どのような最終形に仕上げるのか、非常に興味深いところです。

新キャプテン・丹羽大輝はプレーでもチームを引っ張る。 日に日に感覚を取り戻していく田中誠。 激励の言葉を送ってくれた生目台幼稚園の園児たち。アビスパにとっては最高の力だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。