「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まらないトレーニング

3年目を迎える大山恭平も気合十分。開幕戦のメンバー入りを狙う。

 オフを1日挟んでの8日のトレーニングは、体を起こすために追い込む内容になりました。ウォーミングアップをしているうちに、いつの間にやら負荷が上がって本格的にフィジカルトレーニングへと移行していくのはいつもの通り。器具を使ったサーキットトレーニング、そしてインターバル走へとメニューが進んで行きます。ひと通りのメニューが終了したのは約40分後。もちろん、その間、足を止める場面はただの一度もありません。常に動いているのは、今シーズンの特長のひとつでもあります。

 インターバル走が終わって次のメニューに移るときも、スタッフの口から出た最初の言葉は「止まらない、止まらない。動いたままで」というもの。そしてすぐにパス練習が始まります。疲れた中でのパス練習は、時折ミスも起こりますが、トレーニングの目的は疲れた状態でも、正確なプレーが出来る技術と集中力を身につけさせるというもの。「ぼーっとするな」「丁寧に、丁寧に」「受ける動きにアクセントを付けて緩急を付けろ」。スタッフが、そんな檄を飛ばしていきます。

丹羽大輝と吉原正人の競り合いは練習見学の楽しみのひとつ。決して自由にやらせない丹羽から愛情ある厳しさが伝わってくる。
大久保哲哉と体をぶつけ合う田中誠。少しずつ、少しずつ、感触を取り戻しているようだ。
 そして、ボール回しのトレーニング。互いの距離を適切に保ちながら、狭いスペースの中でシンプルにプレーすること、視野を広く持ってプレーエリアを広げてボールをつなげること、それらを少ないタッチで続けていくことが要求されます。

 疲れた体は、どうしてもプレーエリアが狭くなりがちですが、そのたびに「狭くなってきたぞ、広げて、広げて」と篠田監督の声がピッチに響きます。選手の表情には疲労の色がありあり。しかし、これを乗り越えたところにチームのレベルアップがあります。

 最後は5対5のシュートゲーム。基本的にはサイドからの攻めと、クロスボールに対する守備を構築していくことが目的ですが、今シーズンのテーマは考えながら臨機応変にプレーすること。中央が空けば、ルールに囚われずに真ん中から攻めることも要求されます。そして、最後は9対9+フリーマンのゲーム形式。全てのメニューが終了したのは練習開始から約2時間後。かなりきつい内容でしたが、充実したトレーニングが出来た1日だったと思います。

 他のクラブと比較すると、練習時間が短かく、根性系の(?)練習も少ない福岡ですが、トレーニング中は水を飲む以外には絶対に止まらないことを徹底するトレーニングは、選手たちに十分負荷をかけることになっているようです。どの選手も口にするのは、「集中しているのですぐに終わる感じだけれど、練習が終わるとどっと疲れがやってくる」というもの。そしてボールを使いながら体を鍛える方法は概ね好評。必要以上のストレスをためずに体は鍛えられているようです。

怪我から解放された中町公祐もフルメニューに参加。 プレーを止めて指示を送る篠田善之監督。チームをどこまで熟成できるかに注目が集まる。 いまや中盤には欠かすことが出来ない阿部嵩。その守備能力の高さで中盤を落ち着かせる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。