「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格化するチーム作り

高橋泰とのコンビネーションも上々。大久保哲哉は今年も大黒柱としての勝ち役が期待される。

 練習試合3試合目となった福岡大学戦は45分×3本で実施。ゲーム感覚や、ゲーム体力を取り戻すことが目的だった練習試合も、実際の試合をシミュレーションしながら課題を見つけ、実戦の中で課題を修正する段階に入ってきました。永井謙佑をはじめとする主力4選手が欠いた福大とはいえ、そこそこ緊張感のある試合になるかと思っていましたが、結果は8-1で福岡の圧勝でした。

 さて、この試合のテーマは「リーグ戦と同様に、手堅いサッカーをして失点をしないサッカーをしながら得点を奪うこと」(篠田善之監督)。その手段として、先日のミーティングで確認した攻守に渡ってのチームコンセプトに沿って、1人、1人がチームの一員としての役割を実行することにありました。
 その中で私が注目していたのはチームとしての守備。どうやってボールを奪うのか、そして奪ったボールをどう前線へとつなげるのか。それが今シーズンの福岡の最大のテーマだからです。

永里源気の存在感は相変わらず。その動きは前線に活力を与えている。
岡本英也も攻撃面で積極的なアピールを続ける。
 結論から言えばまだまだ。まずは頭の中で理解したことを試合の中で試してみるという段階で、プレッシャーをかけに行ったときに全体のタイミングが合わずに裏を取られるシーンもありました。また単純なミスでピンチを招くシーンが散見されたのも大きな課題のひとつだと思います。

 それでも、上手くボールを奪ったシーンでは、FWが高い位置から相手を追い込んで、それを合図に前からプレッシャーをかけて一気にボールを奪うという意図が感じられました。「去年は前だけ行って中盤が間延びして、そこを使われるということがあったが、FWが行った時に相手をはめられのならば、そこで逃さないようにボールを取りきるというイメージ」と阿部嵩は話します。

 前からの守備が上手く機能しなかった1本目は、いい形の攻撃が見られませんでしたが、ボランチの位置を高くして、あるいは大久保哲哉が少し下がることで中盤のスペースを消し、高い位置でのプレッシャーが効くようになってからは、これまでと同じく前の4人のコンビネーションで相手を崩すシーンが続出。攻撃の能力が高いことを示すと同時に、やはり、それを活かすためにはチームとしての守備が機能することが前提になることを、改めて示した内容になったと思います。

 これからは、課題を与えてゲームをし、ゲームの中で課題を見つけて修正するという作業が続いていきます。まずはチームとしての攻守のコンセプトを徹底することが最優先。その上で、Jリーグのハイプレッシャーの中でも実践できるようにレベルアップすることがテーマになります。千葉の公式HPによれば、11日の千葉との試合は非公開のためチームの状況を確認することが出来ませんが、14日に行われる山形との「がまだすリーグ」で、どの程度まで守備を整備出来るのかがひとつの目安になりそうです。

怪我から復帰した中町公祐は練習試合に初出場。 課題はあるが、まずは無失点で終えた福大戦。少しずつ、少しずつ、前へ進んでいる。 「サッカーは気持ち」。孫正倫のプレーにはサッカーの原点がある。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。