「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はグローバルアリーナへ

IMG_8385.jpg
ルネサンス熊本戦終了後、サポーターに挨拶するアンクラス・イレブン

 先週の日曜日、大阪の盛り場に惹かれる思いを振り切って(笑)、伊丹空港発7:50の飛行機で帰福。そのまま高速バスに乗り込んで熊本へ行ってきました。もちろん目的はサッカー。ルネサンス熊本FCと福岡J・アンクラスの九州ダービーを観戦するためでした。スタンドに腰掛けると、前日の万博記念競技場で顔を合わせたアビスパサポーターとばったり。なんでも夜行バスで福岡に帰ってきた足で、そのまま熊本までやってきたとのこと。いやいや、お互い好きですね。

 さて、試合結果は0-11でアンクラスが一方的な勝利を収めました。ルネサンスは主力選手数人を怪我で欠き、さらに同日に行われたジュニアの大会にレギュラーメンバーを抜かれるという状況で、複数の選手がいつもとは違うポジションでプレー。これではいかんともしがたかったかもしれません。しかし、30度を超す猛暑の中の試合が最後まで緊張感あふれる中で行われたのは、気を緩めずに攻め続けたアンクラスと、大差にも下を向かずに力の限りボールを追いかけたルネサンスの頑張りがあったからこそでした。

 ルネサンスがL・リーグに参戦したのは2000年シーズンから。バブル崩壊の影響から、女子サッカーを支援していた企業のほとんどが撤退。女子サッカー暗黒の時代の初年度に敢えて参戦を決定しました。夢は「地域ゆえのハンディーを選手スタッフの創意工夫によって乗り越え、世界で戦える選手を育成する」こと。現実は厳しく、昨年までのリーグ戦の戦績は5勝7分72敗と、とにかく勝てません。しかし、彼女たちはいつでも前向きな姿勢を崩したことがありません。衰えることのないサッカーを愛する気持ちと、どんな状況にあっても夢を追い続ける気持ち。それが彼女たちの活動を支えています。

 そして今年からなでしこリーグに参戦したアンクラスも、サッカーへの情熱と、夢の実現を願って活動し続けてきたクラブです。ある生徒の「サッカーをやりたい」という一言がきっかけになり、サッカーとはまったく縁のない先生が顧問を引き受け、いわば全く何もないところからクラブの歴史が始まりました。しかし、強くなりたいという選手と監督の情熱が九州で負け知らずのチームを作り上げました。そして初参戦のなでしこリーグでも堂々とした戦いぶりを見せています。

 成績を見れば全く対照的な両チーム。しかし、ゆるぎないサッカーを愛する気持ちと、迷うことなく夢の実現へ向かって進もうとする姿は共通のものです。「女子サッカーは一度見たらはまりますよ」(河島選手兼任監督・福岡J・アンクラス)。それは、彼女たちのプレーにサッカーに対する思いが溢れているからにほかありません。

 さて、明日は福岡J・アンクラスの試合がグローバルアリーナで行われます。キックオフは11:00。対戦相手は、現在、ディビジョン2の首位を行く大原学園です。1年でのディビジョン1昇格を目指すアンクラスにとっては勝たなければいけない試合。いつも応援していらっしゃるみなさんも、まだ女子サッカーを見たことがないという方も、是非、スタジアムに足を運んで彼女たちに声援を送ってあげてください。

グローバルアリーナへのアクセス方法はこちらから

コメント

こんばんわ。

正確には夜行バスではなくオフィシャルバスツアーなんですけどね。
ルネサンスKUMAMOTOのチーム事情があったにせよ、アンクラスの一方的な試合内容だったのはある意味凄い瞬間に立ち会えたのでよかったと思います。

後はアビスパが勝つだけですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。