「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間の2週間

昨年の悔しさを晴らすためにはゴールを量産するしかない。高橋泰のプレーに力が入る。

 さて、チームが始動してから2週間が過ぎました。まだ開幕まで7週間あると思っていたら、もう5週間。今更ながら時間の過ぎる速さを感じます。しかし、焦ってみたところでどうにもなるものではありません。どのチームにも与えられている時間は同じ。それをいかに有効に使うか、そしていかに効率的に使うかが、チームに求められていること。シーズン終了後に笑うためには、創意工夫を凝らしながら、ひとつ、ひとつを丁寧に積み上げていくしかありません。

 ここまでの福岡のとトレーニングを見ていると、素走りがほとんどないことや、トレーニングの時間が100分程度で終わっていることなど、単純な見方をすれば、その量が少ないと感じる部分もあります。しかし、負荷×内容×時間の総合量で見れば十分と言えるレベルだと思います。「サッカーの動きの中で心肺機能を上げられるのなら、その方がいい」と話す永里源気をはじめ、選手たちも「見ているだけなら軽く見えても、けっこう効いている」と話しながら手応えを口にしています。

調整段階とはいえ、当たりに対する強さは、さすがは大久保哲哉。
存在感を示し続ける末吉隼也。開幕先発の座は取れるか?
 トレーニングの大前提は「考えながらプレーする」こと。その上で、攻守の切り替えを速くすること、ボールを失わないこと、背後をとること、相手のボールを奪いきることなどが強調されています。まずは個人戦術に特化して強化してきた2週間と言えると思います。

 そうした個人戦術面を、どうやってチーム戦術に落とし込んでいくか。それが来週以降のトレーニングのテーマになります。個人、個人の考える力が、チームの力として機能するのも、チーム戦術が徹底してこそ。いよいよシーズンを勝ち抜くための肝となる時期が始まります。

 篠田監督が今年のチームに求めるのはスピードアップ。攻撃では前に出ていく推進力を高め、一気にゴールを奪う力を付けること、そして守備ではコンパクトに保ったゾーンから、奪いどころを逃さずに取りきって素早く攻撃に転ずること。具体的に、どんなチームになるのかはこれからのトレーニング次第ですが、若い選手が多くなっただけに、アグレッシブで高い位置からボールを奪いに行くチームがみたいなと、個人的には思っています。

 そういう状況の中で行われる福教大とのトレーニングマッチ(31日11:00 雁の巣球技場)は、先週の文理大学戦同様、まずは試合勘や、現時点でのゲーム体力を取り戻すこと、そして、今の段階でどれだけ動けるかを確認することが最優先。その上で、攻守の切り替えや、相手の背後を狙う動きなど、個人戦術の部分を、どれだけ正確に、どれだけ忠実にやれるかをチェックする試合になります。さてさて、どんな試合になるでしょうか。

永里源気は田中佑昌と右サイドのポジションを争う。 期待の新人・吉原正人。力は十分にある。後はプロの当たりの強さになれること。 順調な回復を見せる鈴木惇。まずはコンディション調整に力を入れる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。