「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦決戦は浦和とベレーザ

この日の主役は何と言っても安藤梢(赤・10)。スピードと破壊力で浦和の守備陣を切り裂いた。

 元旦の国立を目指す戦いは浦和とベレーザが制し、なでしこリーグ1位、2位チームが決勝戦の舞台で雌雄を決することになりました。互いに自分たちの特長を存分に発揮してのゲームは、両チームの強さを改めて知らしめるものでした。

 第1試合に行われた浦和vs.INACの試合は立ち上がりの攻防が全てでした。チームコンディションが整わないINACの狙いは、前半を守って後半に前の速さを活かして勝負しようというもの。しかし、そのINACに浦和はフルパワーで襲いかかりました。受け身に立って、浦和のパワーをもろに受けてしまったINACは防戦一方。浦和のスピードに振り切られ、クリアもただ前に跳ね返すので精一杯。12分、20分と立て続けに失点したことで、試合の行方は決してしまいました。

 後半は、前半とは変わって高い位置からプレッシャーをかけるINACが浦和陣内に攻め込むシーンが増えましたが、それも、勝利にこだわってリスクを避ける浦和が、守備を固めてカウンターに徹したため。結局、終始ゲームをコントロールしていたのは浦和で、終了間際にINACが上げた追撃弾も、浦和を慌てさせることができませんでした。浦和の縦に速いスピードとパワーが印象に残った試合でした。

そして浦和の守備バランスを整えたのがルーキー熊谷(赤・15)。新人とは思えぬ落ち着きぶりを見せた。
終盤に1点差まで迫ったINACだったが、浦和にゲームをコントロールした中では本来の攻撃サッカーは見せられなかった。
 第2試合はマリーゼとベレーザの対戦。レギュラーシーズンではベレーザに負けていない(2勝1分)マリーゼの戦いぶりが注目された1戦でした。

 前半はマリーゼのペース。11分に先制すると、鉄壁の守備を見せてベレーザからリズムを奪い去ります。高い位置からプレッシャーをかけ、FWがプレスバックしてベレーザの中盤を奪い、ベレーザが抜け出そうとするスペースには、必ず他の選手が待ち受けて突破を許しません。これほどボールを回しにくそうにしているベレーザを見たことはありませんでした。

 しかし、後半になるとベレーザが本領を発揮。バイタルエリアでボールを受ける原菜摘子がチームにリズムを取り戻させ、前線では大野忍が、その突破力を活かしてマリーゼの守備網を何度もこじ開けていきます。そして、いつしか試合の主導権はベレーザへ。53分に同点に追いつくと、その流れのままに逆転ゴールを決めてマリーゼを突き放しました。マリーゼに惜しまれるのは、後半に入って運動量が落ち、前へ出ようとする積極性が消えたことでした。

 さて、シーズンの締めくくりは2強による優勝争い。縦に速いシンプルな攻撃が武器の浦和。細かいパスで中盤を作って相手を崩すベレーザ。対象的なチーム同士の決勝戦は、サッカーが持つ奥深さを教えてくれる好ゲームになるはずです。

宮本ともみと澤穂希の10番対決は見所満載。 試合の流れを引き寄せたの原菜摘子。攻守に渡る活躍が光った。 後半から登場した荒川恵理子。層の厚さもベレーザの強さを支えている。
<
全日本女子サッカー選手権のレポートは 2002world.com に掲載中です。
全日本女子サッカー選手権特集ページ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。