「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子サッカー選手権準々決勝

ベレーザの中盤を支える原菜摘子。感の位ポジショニングと柔らかな球捌きが持ち味。

 コカコーラウエスト広島スタジアムで行われた準々決勝第1試合は、ASエルフェン狭山FCとINAC神戸レオネッサの対戦。アンクラス同様、来シーズンからDiv.1に昇格する狭山にとっては、Div.1との差を図る貴重な機会になりました。前半こそ、Div.1とのスピード、フィジカルの差に防戦一方に追い込まれた狭山でしたが、INACのコンディションが上がらないことも手伝って、後半は互角の戦いを展開。むしろ、終盤はINAC相手に攻め込むシーンも作り出しました。

 結果は2-0でINACの勝利。狭山がチャンスを決め切れていれば面白い展開もあったのではないかと思われる試合でしたが、決めるべきところで決められたかどうかが、Div.1との差と言えるかも知れません。狭山で印象的だったのは試合後のシーン。チームのセンターラインを務める田中桜、佐藤舞、岩澤和の3人が、どのように対応すべきだったか、課題を解消するためにどうすればいいのかを、いつまでも話し合っていた姿でした。この姿勢が、昇格に向けて後がなくなったところからDiv.2優勝を勝ち取った原動力だったんだなと納得しました。

意地の1ゴールを挙げたものの、この日の宮間あやは孤立気味。
岩渕真奈の独特の間合いからのドリブル突破は簡単には止められない
 そして、第2試合岡山湯郷Bellと日テレ・ベレーザの、なでしこリーグDiv.1同士の対戦。コカコーラウエスト広島スタジアムには、この試合に合わせて観客が集まってくるなど、注目の一戦でした。

 レギュラーシーズンの対戦成績はベレーザの2勝1分ながら、決着がついた試合はいずれも1点差。岡山が内容的にも良い試合をしていたこともあって、岡山にとっては、今度こそはの思いの強かった試合。岡山らしい、しぶとい試合が出来るかが鍵を握る試合でした。

 しかし、結果は5-1でベレーザの完勝。ハードワークをベースにした守備からカウンターサッカーを仕掛けるのが持ち味の岡山にとっては、自滅のような形から、しかも、ベレーザにとってのいい時間帯に失点を重ねたことが痛かったように思います。スコア程の力の差はないと感じましたが、2失点目を喫したことで前に出るしかなくなり、自分たちのリズムで試合を進められなかったことが、予想以上のスコアの差になって現れたと思います。

 さて、この試合で光っていたのは、ボランチを務める原菜摘子と、3トップの右サイドに位置する岩渕真奈の2人。この日はゴール裏からカメラを構えていたのですが、とにかくファインダーの中に入ってくるのが原。ピンチになりそうになると必ず現れて、チャンスの前には必ずとぃって言いほど彼女のボール捌きがありました。そして、岩渕。独特の間合いで、スルリと抜けてくるプレーは、さすがはAFC最優秀ユース選手(女子)。今大会での活躍が楽しみな選手です。

試合を決定づけた2点目を挙げた鈴木智子(赤・11) 田中明日菜(赤・18)も将来を嘱望される若手の1人だ。 薊理絵の縦への突破は狭山の武器のひとつ。
<
全日本女子サッカー選手権のレポートは 2002world.com に掲載中です。
全日本女子サッカー選手権特集ページ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。