「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子サッカー選手権2回戦



 忙しさを言い訳にしているうちに、気がつけば、もう2週間以上もブログを更新しないままでした(汗)。遅ればせながら、この間のことを振り返ってみようと思います。

 まずは13日に行われた全日本女子サッカー選手権2回戦。レベルファイブスタジアムでは、福岡J・アンクラスが福井工業大学附属福井高校の挑戦を受けました。福井高校は、常盤木学園、神村学園の2強がリードする高校女子サッカー界にあって2番手グループに属するチーム。近年、着実に力をつけており、トップグループに追いつく勢いのあるチームで、アンクラスにとっては決して簡単な相手ではないと思っていました。

 案の定、局地戦に持ち込んで勝負しようとする福井高校のペースにまんまとはまったアンクラスは、バタバタと慌ただしい展開で自分たちの優位性を発揮できず。前半は、先制点を奪われてもおかしくないシーンを作られてしまいました。最終的には1-0で勝利したものの、河島美絵監督はお冠り気味。相手をいなしてサイドアタックを仕掛ければ問題はなかったのですが、ムキになって中へ、中へと仕掛けたことが苦戦の原因でした。

091213_2.jpg
091213_3.jpg
 それでも、私にとっては、彼女たちが逞しくなったという印象の方が強い試合でした。ピンチの場面では体を張って防ぎ、ハーフタイムを挟んで戦い方を変えて流れを引き戻した姿は、連係ミスであっさりと失点し、あるいは、悪い流れのままにズルズルと敗れていた昨年とは全く違う姿。内容は悪くても結果として勝利を得られたのは、厳しいリーグ戦を勝ちぬいたことで、そのレベルがひと回り大きくなったからにほかなりません。

 だからと言って、Div.1でも通用するのかと言えば、それはまた別の次元の話。監督からの指示を待つのではなく、自分たちで試合の流れを感じ、思うようにならない原因を見極め、そして、流れを引き戻す力を身につけなければなりません。そういう意味では、アンクラスは、まだまだ発展途上のチーム。変化を実感しながら、変化したからこそ見えてくる課題にチャレンジすることを繰り返していかなければなりません。それが、Div.1に定着する道だと思います。

 さて、アンクラスに先だって行われた神村学園とJFAアカデミー福島の対戦も非常に興味深いものでした。神村学園は高校女子サッカー界を代表するチーム。そしてJFAアカデミー福島は、日本サッカー協会が6年間かけて英才教育を施すことを目的として作られたチーム。それは、かつての高校チーム対クラブチームの図式にも似た戦いでした。結果は5-1でアカデミーが勝利しましたが、その差はスコア程のものではなかったように思います。違ったルート、違った方法で強化するチーム同士が切磋琢磨することで、女子サッカー界にも新しい風が吹くのではないかと期待しています。

091213_4.jpg 091213_5.jpg 091213_6.jpg
<
全日本女子サッカー選手権のレポートは 2002world.com に掲載中です。
全日本女子サッカー選手権特集ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。