「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を掴め アビスパU-18鈴木惇選手

福岡の期待の星、鈴木 惇選手

 木曜日の練習取材をお休みして、2日ぶりに雁の巣球技場に顔を出してみると、トップチームの中に見慣れない顔を発見。双眼鏡で覗き込んでみると、アビスパU-18の主力中の主力、U-17日本代表のキャプテンも務める鈴木惇選手でした。練習参加は木曜日から。学校の補習を免除してもらって、夏休はトップチームの練習に参加するそうです。サテライトで汗を流すプロ選手がいる中でのトップチーム合流は、クラブの期待の大きさを表すものでした。

 今日は控え組の左SBの位置でプレー。攻撃の戦術練習では、バロンとの1対1での競り合いをはじめ、プロ選手相手に堂々としたプレーで対応していました。シュート練習では監督から指名されて左サイドからクロスボールを上げる係に。柔らかくコントロールされたボールを左足からゴール前へ送り、走りこんでくるFWにピンポイントで合わせていました。そのボールは反対サイドでクロスボールを送っている選手よりもはるかに正確。さすがに非凡なものを見せていました。

 ピッチを引き上げるところを捕まえて話を聞いてみると、「周りの人たちが上手いので素直に面白い。それに中の人が上手いから自分もいいボールを上げようと思うし、それで決めてくれるんでとても面白いです」と一言。参加の目的を尋ねると、間髪を入れず、そして強い口調でしっかりと答えてくれました。「それはもちろん、川勝監督に認められてトップチームにデビューすることです」。とても高校2年生とは思えない堂々とした態度は頼もしい限りでした。

 そして、自分のことも冷静に見つめながらの練習参加になっているようです。
「ここで課題を見つけるというのが一番の目標だったのですが、まだ2日間しかしてませんけれど少しずつ見えてきたし。通用する部分と課題と両方ですね。課題は守備全般です。みんな僕よりも背が高いので、フィジカルが上の相手にどう守るかというのが大事になってくると思います」
 いい夏休みになりそうですねと声をかけると、嬉しそうに笑顔を浮かべていました。

 何はともあれ、福岡の、そして日本代表の期待の選手。大きく育って欲しいものです。

コメント

川勝采配について、いつものさわやかなコメントをお願いします

コメントありがとうございます。

さわやかかどうか私には全く不明ですが・・・。
基本的には、サッカーには様々なやり方と形があり、そのどれを選ぶかは監督に与えられた最大の特権だと考えています。

期待されるコメントをかけるかどうかは分かりませんが、G大阪戦が終わったら、チームの現状についてまとめてみたいなと考えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。