「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題を残すも、勝点3を取ってホーム最終戦へ



 攻めることで自分たちのリズムを作る草津と、まずは守備を安定させてゲームをコントロールする福岡。そのスタイルの違いが反映した試合でした。「あれは僕のミスです。そう書いておいてください」と六反勇治が振り返った開始直後の2分に喫した失点は嫌な気がしましたが、その後、勢いに乗じて一気呵成に攻め上がってくる草津に対し、前からの守備で草津を押し返したことで試合の大勢は決まったように思います。

「ブロックに入ろうと思っていたらボールが抜けてきたので頭で合わせた」(丹羽大輝)という同点ゴールが決まってからは福岡の一方的なペース。戦前の狙い通り、前がかりになる両サイドの裏へボールを集めて面白いように草津を崩していました。前半のうちにゴールは奪えませんでしたが、守備の負担を背負い込んだ熊林親吾が早々と退場処分を受けた草津は、自分たちのサッカーの前提である攻撃が組み立てられず、福岡にとっては、それほど難しい試合ではありませんでした。

 ただ問題は後半の戦い方でした。草津がラインを下げて両サイドの守備に注意を注ぐようになってからは、ボールを支配しながらも全くと言っていいほど攻撃の形が作れない展開に。サイドへ出しては前を塞がれて最終ラインへ戻し、そして裏へ狙ってロングボールを入れるというワンパターンに終始してしまいました。逆転のシーンはゴール前中央を起点にしてパスを繋いで崩した形でしたが、それ以外では、ゴールの臭いがするシーンはなく、勝点3は積み重ねたものの、物足りなさが残る試合でもありました。

 さて、今シーズンもいよいよホームとアウェイを1試合ずつ残すだけになりました。ここまでくれば、チームの成熟度が大きく上がるということはありませんが、そのベースとなる個人戦術の部分では、まだまだやれることはあります。残された少ない時間を有効に使ってそのレベルを上げることが、チームとして、個人として、来シーズンにつながることになります。どんな時でも積み重ねること。それしか上に向かって進む道はありません。

「昇格という目標は早い段階で消えてしまったけれど、来年につなげなくちゃいけないし、そのためには残る2試合とも良いプレーをしなければいけない。来年から頑張ればいいというのではなく、今からひとつずつ積み上げていかないと。そういう意味では、残りの試合も51分の1の試合と捉えて全力を尽くすだけ。まずはチームとして勝つことが最低限。その上で自分の役割を果たせるように準備したい」(鈴木惇)。
 次節はホーム最終戦。いろいろと考えさせられ、いまもまた考えることばかりの今シーズンですが、残り2試合では選手たちの気持ちを見せてもらいたいと思っています。

コメント

中倉さんにお願いします

アビスパの迷走ぶりには言葉を失いそうです。来期J1に上がるなら、それにふさわしい監督が必要でしょう。またプロスポーツは人気商売でしょうに、ファン・サポーターから信頼の薄いフロントと監督では、人気も落としかねないでしょう。温情の無い選手の首切りは、ますますサポーターの心を離すことになるでしょう。こういう単純な図式が何故見えていないのか不思議でなりません。中倉さんも大きな声を上げてください。よろしくお願いします。

>石田 さんへ

コメントありがとうございました。
何が、どうしてこうなるのか、私の理解の範囲を超えてきたように思います。以前なら、私が納得するかどうかは別にして、それなりに理由はあったはずなのですが、今は、その理由さえも見つけられなくなっています。
問題の本質は私にははっきりとは見えていませんが、かなり根深いところにあり、単なるフロントだけの問題や、構造上の問題だけでは済まされない原因があるのかもしれません。
そんな中で自分がどうすべきなのか、オフに考えてみようと思っています。取りあえず、落ち着いたら、今シーズンの整理をするつもりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。