「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙い通りに手にした勝利



 狙い通りのサッカーを展開し、その結果として得た勝利。いい試合だったと思います。J's GOAL のレポートにも書きましたが、最大の勝因は甲府のロングボールを抑えたことにありました。ボールの出し手に素早くアプローチをかけてロングボールを蹴らせず、あるいは、追いこんで無理に蹴らせておいて最終ラインで奪い返す。この使い分けが上手く出来ていたように思います。甲府が思い通りのロングボールを蹴れたのは、開始直後の2分に山形辰徳がイエローカードをもらったシーンだけ。完全に甲府の攻め手を消してしまいました。

 そして、ボールサイドに人数をかけてくる甲府に対し、奪ったボールをシンプルに動かして、ボールの反対サイド、あるいは林健太郎の両脇に出来るスペースを使って前へ運んだのも試合前の狙い通り。ボランチでプレーする久藤清一を中心に、前の4人が流動的にポジションチェンジを繰り返しながらボールを運ぶスタイルは、今までに見られないものでした。久藤清一の精力的なサポートとカバーが際立っていたことが、流れを生んでいたように思います。

 また、試合の流れを上手く乗りこなし、いくつかの勝負所を抑えた試合でもありました。最初の勝負どころは立ち上がりの時間帯。予想通りに前から仕掛けてくる甲府に対し、福岡もラインを上げて真っ向勝負。6分には、中盤で奪ったボールを、素早く繋いで中央からカウンターを仕掛けて決定機を作るなど、前に出ることでリズムを掴みました。そして、一瞬の隙を突かれて失点をした後の時間帯を冷静に過ごせたことも大きかったと思います。守りに入らず、攻め急がず。それが同点ゴールを生んだ要因だったと思います。

 最大の勝負所は後半の立ち上がりでした。前から仕掛けるのではなく、ラインを下げて待ち受けるような体制でスタートしたときには「まずい」と思いましたが、何とか体を張って凌いでいるうちに、甲府の足が止まったのはラッキーでした。ここから先は、集中力を欠き、運動量が極端に落ちた甲府を、いつ、どうやって仕留めるかだけがポイント。FKをクイックスタートさせた久藤の勝負勘と、難しいシュートを決めた大久保の技術の高さは見事でした。

 ただし、クロスの精度が低かったことや、ペナの前までは運べてもラストサードの崩しに工夫が足りないこと、シュートの意識が低いことなど、課題も残りました。そして、全体的にバランスのとれた試合だったと言っても、「これが普通、当たり前にならないと」(久藤)。この日の内容を最低限のレベルにおいて、ここからどれだけ積み上げられるかということだと思います。残り試合は3。一歩ずつ前進しながら、勝利を3つ積み重ねてほしいものです。

【更新情報】
 09.11.08 2002world.com:福岡J・アンクラスの挑戦 その1
 09.11.07 2002world.com:天皇杯3回戦レポート 鹿島vs.福岡
 09.11.06 2002world.com:プレイバック「トキめき新潟国体」サッカー競技女子の部 その5

コメント

失礼を承知で告知させてください。

11月15日(日曜)小郡市陸上競技場 午後2時キックオフ
 
 なでしこリーグ1部2部入替戦 第2戦

 福岡J・アンクラス 対 スペランツァF.C.高槻

 福岡J・アンクラスは、アウェイの第1戦を3対0で勝利しており、この試合、2点差で負けても、1部昇格が決まります。応援よろしくお願い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。