「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の差を痛感させられた試合



「あわよくば」の思いで臨んだ1戦でしたが、ただ、ただ、力の差を感じた試合でした。出来が悪かったわけではないけれど、良かったわけでもない。実力差通りの内容と結果に、自分を納得させるしかない試合でした。立ち上がりの鹿島の攻撃を凌ぎ、15分を過ぎたあたりから、どことなく天皇杯特有の、上位チームがやりにくそうにプレーする気配が漂ってきたように感じたのですが、そんな時間帯に失った1点。これで勝負が決まってしまったように感じます。

 鹿島に奪われた1失点目は自陣での相手スローインからつながれたもの。2失点目はゴールキックがこぼれたところからスルーパス1本で崩され、3失点目はCKからの失点。いずれも、特に流れが悪かったわけではありませんでしたが、実にあっさりとやられてしまいました。失点シーンに関し、篠田善之監督は「鹿島の一瞬の隙を逃さない質の高さ」「リスク管理や早めの準備をしておけば防げた失点」と、ふたつの側面を挙げていましたが、もう少し、やりようがあったように思います。

 選手たちは、鹿島の寄せの速さと強さ、守から攻への切り替えの速さを口々に話していましたが、見ている以上に、肉体的にも、精神的にも、強いプレッシャーを感じながらプレーしていたのでしょう。それは選手たちの集中力を高めさせることにもなりましたが、同時に、プレーが切れた時にスッと力が抜けてしまう状況を作り出してしまったのかもしれません。悔やむというよりも、今の福岡の状況と、J1で優勝争いを繰り広げているチームとの差が如実に感じられた失点シーンでした。

 後半は、結果として無失点で終わりましたが、内容的には前半の方が戦えていたと思います。つなぐ気になったら、どこまでもボールは渡さないと言わんばかりのパスワークと、効果的に繰り出されるサイドチェンジ。そして、穴が出来たと見るや、素早く縦に入れてチャンスに結びつける。そんな鹿島のパスワークに翻弄され気味で、もう少し鹿島の状態が良かったら失点していたであろうシーンが随所に見受けられました。失点しなかったのは、鹿島側の問題だったと思います。

 試合を終えてロッカールームを出てきた選手たちの表情からは、やりきった感は見えませんでした。負けてしまったわけですから、それも当然と言えば当然ですが、あからさまに感じさせられた差に、自分たちが置かれている状況を改めて強く意識しているように見えました。終わってしまった試合を取り戻すことはできませんが、それを自らの成長の糧にすることは出来るはず。それを実行することが、この試合を意味のあるものにする唯一の手段だと思います。

コメント

篠田監督コメントに関して

中倉さん、初めてコメント投稿させていただきます。
J'sゴールの篠田監督のコメントで
「いまJ1のチャンピオンとJ2の下位の差をしっかりと選手が感じ取って欲しいと思います」
というのがあったのですが。。。
中倉さんはどう思われますか?このコメントに対して。
選手の力量の差が、今日の結果につながったということを言いたいのでしょうか???
ニュアンスが違うのでしょうか。。。
とても他人事のように感じて、とても残念です。

>あびかな さん

中倉です。コメントありがとうございました。

さて、篠田監督の発言については、私は本人ではありませんから断定はできませんが、ニュアンスとしては、「互いの立場はJ1のチャンピオンと、J2下位という大きな違いがあるが、その差はどこにあるのかを直接戦った中で感じ取って、自分たちの成長に活かしてほしい」というものだったと私は受け取っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。