「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の限りに



 さて、週末は天皇杯3回戦。福岡はJ1で優勝争いを繰り広げている鹿島と対戦します。
「Jリーグの優勝争いをしている鹿島と試合が出来るということは、チームとしても大きな経験になるし、個々の選手も、その中で感じる部分もあるはず。間違いなく自分たちにとって大切なゲーム」(吉田宗弘)。それは、勝ちにこだわってこそ得ることが出来る経験。実力差を認めざるを得ない相手ですが、チャレンジするだけではなく、勝つための戦いを見せてこそ、鹿島と戦う意味があります。

 ボールを支配される時間も、守勢に立たされる時間も長くなるのは必至。攻撃を仕掛けたくても前に出られないことも多いと思います。それでも、受け身になって守るのなら時間の問題。引きこもっているだけでは鹿島との実力差を嫌と言うほど思い知らされるだけです。「鹿島だからといって受け身になったら、いいようにやられてしまう。守備の人数を増やしたり、布陣を変えたりはしない。自分たちがやってきたことがどこまで出来るか。勝ちにこだわって戦う」と篠田善之監督は話します。

091030_2.jpg
091030_3.jpg
 勝利への条件は先制点を奪うことにあります。現実的なサッカーを志向する鹿島は、1点を取れば、おそらく守りを固めて試合を終わらせる選択をするはず。今の力関係では、守られたらゴールを奪うことはかなり難しいと言わざるを得ません。

 我慢をし、辛抱をしながら、奪ったボールをシンプルに、そして素早く攻撃を仕掛けられるかが最大のポイント。「自分の力がどのくらいのものなのか試したい」と話す田中佑昌のスピードを最大限に活かしたいところです。

 そして、高橋泰は話します。
「トーナメントだし、サッカーは何があるのか分からない。鹿島はいいチームなので、うちが守備的になる可能性は高いが、どんな内容であれ、0に抑えて、1点を取れば上に行けるのがサッカー。少しでも集中力を欠けば相手は見逃さないだろうが、どんなにボールを回されても焦れなければ勝機はある。サッカーに採点はなく、最終的にどちらのスコアが多いかということだけ。勝てば結果として残る。内容云々じゃなく、結果にこだわってやればいい」

 難しい試合であることは間違いありません。思うように行かない試合であることも間違いありません。メンタル面でも、フィジカル面でもストレスを抱えることになる試合だとも思います。その中で求められているのは、今の自分たちに正面から向き合って、何が出来て、何が出来ないのかを明確にして、その上で、何をすればいいのかを全員が理解することです。いわば、鹿島との戦いは自分たちと向き合う戦い。自分たちの全てをぶつける試合を見せてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。