「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実的な守りで手に入れた勝利



 組織力では岐阜が上。サッカーの勝負は福岡の勝ち。そんなゲームだったと思います。
 中盤の構成力では間違いなく岐阜が上。特に前半は、流れるようにボールを繋ぐ岐阜の中盤を全く捕まえられず、翻弄されている印象さえ持ちました。しかし、福岡の最終ラインが崩されていたのかと言えば、そういうシーンはほとんど見受けられませんでした。前半35分に嶋田が放ったポスト直撃のシュートにはヒヤリとさせられましたが、あれも遠目から打たれたもので、決まっていれば嶋田のシュートを褒めるべきものだったように思います。

 やられているのは間違いないのに、ピンチに陥る気配がない。中盤で翻弄されているにも拘わらず、最終ラインは全く崩れていない。そういう意味では、岐阜はラストサードの崩しという部分に問題を抱えていたように思います。ボールホルダーに対して、サポートする選手、パスを受ける選手、スペースへ飛び出していく選手が適度な距離を保ち、流れるようにボールを繋ぐパスワークは見事。しかし、ペナルティエリア付近からゴールへ向かうパワーという点では物足りなさを感じました。

 翻って福岡。中盤で翻弄されたのは、岐阜の裏のスペースへの飛び出しを警戒したために最終ラインが下がってしまい、中盤で相手にプレスをかけられなかったことが原因。その一方で、しっかりとブロックを形成し、ボールについていくのか、スペースを消すのかを明確にして、ペナルティエリアへ侵入させる機会は決して与えていませんでした。上手い守り方ではありませんでしたが、ゴールを許さないという意味においては現実的な守り方が出来ていたと思います。

 ただ、そうした現実的な戦い方を勝利に結びつけたのは、後半からピッチに登場した永井謙佑のプレーにあったように思います。永井の前へ仕掛ける姿勢がチームメイトに「攻めろ」というメッセージを伝え、そして相手のラインを下げさせることで、仲間が攻撃に使えるスペースを作りだしました。永井が自らのプレーでチームの攻撃のスイッチを入れたことが、最終的にはロスタイムの岡本英也の劇的な決勝ゴールにつながったのではないかと思っています。

 最近の数試合の戦い方、そして、この日の戦い方を見ると、福岡は現実的な守り方は出来るようになってきたように思います。しかし、そこから先はまだまだ。攻撃につながる守備を、どう構築するか。それが次のテーマ。結果にこだわりながら、チームに変化を与える姿勢に変わりはありません。残り5試合ですが、福岡の戦いはまだまだ続きます。

コメント

最終ラインが持ちこたえただけであって、
まともな守備になっているというと全くそういう状態ではなく・・。
仰るとおり、岐阜のフィニッシュの精度、FWの選手の質が足りないからアビスパは持ちこたえることが出来たんだと思います。

岐阜は上位ですから現実的に見れば相手の方が良いサッカーをするのは当たり前でしょうが、
アビスパだって今年はJ1昇格を狙っていたはず。
それがどうして現実的な目標が昇格ではない岐阜のほうがチームとして完成度が高いのか・・。

昨日の勝利も選手達の笑顔には嬉しさ、喜びを覚えましたが、一方でこの試合内容の勝利は虚しいものを感じます。

このチームにはオートマチズムがなさ過ぎます。選手選考も首を傾げる事が多かった。
今に至るまで何も植え付けてこれなかった監督にはただただ失望です。

>hazaki さんへ

コメントありがとうございます。

守備に関しては、hazaki さんのおっしゃる通りだと思います。
ただ、ここまでを振り返れば、それすらできなかったのが現状で、そういう意味で「現実的な守り方」という表現をしました。けれど、このままでいいというわけではなく、先ほど(10/26)更新したブログにも書きましたが、「守るための守備」から「攻めにつながる守備」へ進化させなければいけないと感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。