「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容と結果が欲しい試合



「昇格の可能性がなくなったからと言ってモチベーションを下げるのではなく、今は、チームのために、サポーターのためにという気持ちで戦っている選手が多い。『俺が、俺が』というよりも、攻守両面において、チームが機能するために自分がどう動いたらいいのかという動きが増えている。それが出来てきているので結果が出ていると思う。今は安定したパフォーマンスを発揮できているので、それを続けていくこと、そして、1試合、1試合を大切な戦っていくことが大事」(丹羽大輝)
 そして今日、福岡は岐阜をレベルファイブスタジアムに迎えます。

 岐阜との今シーズンの対戦成績は1勝1敗。内容を振り返れば、どちらの試合も岐阜の方に流れがあった試合。岐阜との決着をつけるという意味では、結果はもちろん、内容でも上回らなければいけない試合です。そんな岐阜との試合で最も大切にしなければいけないことは、丹羽が話すように今の戦い方を続けること。まずは守備から入って、安定した守備をベースにしてリズムを掴み、その流れに乗ってゴールを上げる戦い方が求められています。

 岐阜の攻撃のパターンは、まずは長いボールを前線に当てて全体を押し上げ、セカンドボールを拾うことで起点を作り、一気に後方から押し上げてゴールを目指すというもの。そして守備は、ボールサイドに人を集めて素早く囲い込むのがスタイルです。いずれも、J2中位以下のチームに共通する戦い方ですが、過去5試合、同じようなタイプの相手に対して2勝3分の成績を残している福岡にとっては、それほど戸惑いなく戦える相手だと思います。

 だからと言って、計算が出来る相手かと言えば、そうではありません。
「岐阜はセカンドボールが拾えるし、2トップを追い越す動きもいい。こぼれ球を拾えるかどうかで試合の流れが決まる。そして、2列目からの飛び出しに対して、スペースを消すのか、マークに付くのかをはっきりさせることを熊本戦以上にやらないといけない。それが出来ないと危険なシーンを作られる」(篠田善之監督)。
 前から来る相手に対してラインを下げずにコンパクトなゾーンを保ってスペースを与えないこと。そして、シンプルにボールを動かして、プレスに来る相手の反対側を突くことが必要です。

 今シーズンのチーム状況、そして平日開催のナイトゲームということを考えると、スタジアムに足を運んでくれる観客は、いつもよりも少ないかもしれません。それでも、時間を作って、仕事の段取りをつけて、スタジアムに駆けつけてくれるファン・サポーターがいます。彼(彼女)らの思いはチームとともに戦い、目の前の試合に勝利すること。どんな状況であれ、いつもと変わらぬ声援を送ってくれるはずです。そんなファン・サポーターのために、チームのために、そして自分のために、必ず勝利を手にしてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。