「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備は合格点。攻撃は課題。



 首位・C大阪相手にアウェイで引き分けという結果は、決して悪くない結果でした。乾が個人突破にこだわっていたこと、2列目の攻撃参加が見られなかったこと、攻撃が中央へ集中していたこと等、迫力はあるけれども単調なC大阪の攻撃に助けられた面もありますが、相手の出方を見てポイントを抑えた守備は、福岡の狙い通りだったように思います。危ないシーンも多くありましたが、それは想定内。圧倒的な破壊力を誇るC大阪を無得点に抑えたことは評価できるものだと思います。

 その立役者となったのは、90分間に渡って好セーブを連発した六反勇治。ミックスゾーンで声をかけると、次のように謙虚に試合を振り返ってくれました。
「ディフェンスラインも集中していてフリーで打たれたシュートもあまりなかったし、最後みたいに、ゴールカバーに2人も入ってくれるという、気持ちの切れない守備が出来たことで0に抑えることが出来たと思う。自分としては、もう少し早め、早めにコーチング出来れば良かったというのがあった。0で抑えられたのは自分の力というよりも、DFラインの力の方が大きいと思う」

 そして、もう一人の立役者はチームの守備をオーガナイズした丹羽大輝。完全にゴールを捉えた香川真司のシュートをヘディングでクリアしたシーンは鳥肌ものでした。
「あれは体が勝手に反応しただけなんで(苦笑)。ここ3試合ずっと失点がなく、守備の部分についてはチームとしても良くなっている実感があって、そこはいい部分。前線から、中盤まで、全員が守備意識を高めてやってくれているので、そこはほかの選手に感謝したいし、後ろだけで守っているわけではなく、前の選手が追ってくれるから守れている」。

 2人が強調するのはチームとしての守備。この日は個人の力を活かして突破を仕掛ける相手にひるむことがなく、たとえ悪い状況になっても少しでも相手を遅らせようという意識も高く、そして最後は体を張るという守備が出来ていました。第24節の東京V戦から今のシステムに変え、守備重視の戦い方を続けてきた福岡ですが、ここへきて3連続無失点と、ようやくチームとしての守備意識に統一感が生まれてきたように思います。

 そして課題は攻撃。チームとしての守備的に戦っているため、やむを得ない部分もありますが、奪ったボールをもっと大切に扱わなければいけませんし、前へ出る意識を高める必要があります。「前に出てくるところを逆手にとってもっとカウンターを仕掛ければいいかなと思ったが、そういうところはウチはまだできていない。攻撃面でひと工夫必要」と丹羽大輝も話します。ようするにバランスの問題。富山戦ではビルドアップの部分と、チームとしてどうカウンターを仕掛けるのかという点に注目したいと思っています。

コメント

守備的に戦っているから点が獲れないのか、点が獲れないから守備的にならざる負えないのか‥
結果を問われない状況で初めて守備的になれるチームとは一体何の意味があるのでしょう。
なんにせよ、まともなビジョンに欠けているから結果に意図を見出せないままシーズンを終えることになりそうですね。篠田のうわずったコメントもみていられないです。
ヌルいシーズンでした。

丹羽の守備に関しては昨年からいいと
分かっていた。
しかし調子のいい丹羽を監督は外しました。
そこから今季の問題が始まってるんではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。