「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年につながるゲームを



 キックオフ時点でゴール裏に陣取っていた福岡サポーターは48人。今シーズンのJ1昇格の可能性が消え、チームの状態も変わり映えしない中、決して近くはない松山まで車やフェリーを利用して応援に駆け付けた彼(彼女)らの姿を見ていると、本当にありがたいことだなと感じました。どんな状態になってもチームと一緒に戦ってくれるサポーターのために、少しでも進歩した姿を見せて、来年へつながる試合してほしいと切に願うだけです。

 さて、その愛媛戦。大久保哲哉のゴールで福岡が1-0で勝利しましたが、試合内容としては見るべきものは少なかったように思います。守備意識を高めて相手を無失点に抑え、後半にやってくるチャンスをモノにするというのは福岡のゲームプラン通りではありましたが、しっかり守ったというよりも、愛媛の拙攻に救われた試合。相手の3トップ気味の前線と、それをフォローする永井俊太と赤井秀一の動きに付いていけず、チームとしての守備が機能していたとは言い難い状況でした。

 後半に入ると、交代出場でピッチに立った永井謙佑が高い位置からボールを追って相手の攻撃の起点になっていたロングボールを封じ、裏を狙うプレーで相手のDFラインを下げたこと、そして、愛媛が運動量の低下とともに集中力を欠いたこともあって、福岡の時間も出来るようになりましたが、それでも、内容としては前半と大きな変わりはないまま。勝利という結果を手に入れましたが、チームの変化・進歩という意味では、明るい材料は見つけられないままでした。

 勝ちにこだわること。シーズン最後の試合が終わるまで戦う姿勢を見せること。それは当然のことですが、J1昇格の可能性がなくなったいま、それだけでは、ただ試合を重ねるだけでしかありません。思うように行かなかったシーズンを、残された2ヶ月間で納得のいくものにすることなど到底できませんが、どこかに1年間の変化と進歩を見つけなければなりません。来年につながる試合とは、そういう試合のこと。試合ごとに何か変化を感じさせる戦いをしなければなりません。

 そういう意味では、ここのところ変わった姿を見せているのが大久保哲哉。トップ下で守備に貢献するだけではなく、少しポジショニングを高めに修正することで、徳島戦では前半だけで3本、この日はチーム最多の5本のシュートを打って1ゴールを挙げました。徳島戦で鬼気迫る活躍を見せた城後も然り。個人としても、チームとしてもテーマを設定し、1人、1人が変わった姿を見せることが必要です。天皇杯を除けば今シーズンも9試合になりましたが、結果、内容ともに収穫のあるゲームをしてほしいと願っています。

コメント

プレッシャーのない状況だし、アピールに走りがちな時期ではあります。そこで目立つ選手をどう捉えるか。
プロフェッショナルとして当然だし、気の抜けたプレーは言語道断。‥‥それでも今さらねえ、という選手が沢山いるんですよ。
なんにせよ今シーズンは終わったんだなとつくづく思える内容ですよね。
このままならすでに来季も終わってるような気分ですが。

>あき さんへ
中倉です。コメントありがとうございました。

さて、これからの福岡にとっては、いつもと変わらぬ戦いを続けることは当然のことですが、やはり、昇格争いの中で戦う試合とは緊張感・集中力の度合いに差が出てしまうのは、やむを得ないことのように思います。決して、選手が手を抜いていると言うのではなく、そういう場所にいるからこそ引き出される高い緊張感と集中力というものがあると思うからです。

ただ、福岡にとって今シーズンのJ1昇格への戦いは終わりましたが、それは来シーズンのJ1昇格争いが始まったことを意味します。今からテーマを持って、高い集中力で臨めないような選手であるのなら、来シーズンも結果は見えていると思います。結果も大事ですが、内容も同じように大事。見ている人たちに何かを伝えられる試合をしてほしいし、その必要があると思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。