「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝って福岡に帰る



 いま東室蘭のホテルにいます。試合まで1週間あるとのんびりしていたら、あっという間に試合前日になってしまいました(汗)。

 前節で仙台を破ったことで、ある程度ボールを持たせてくれる相手に対しては互角以上に戦えることを改めて示した福岡ですが、最大の課題は前から来る相手に対してどう戦うかということ。そして、明日の対戦相手である札幌は前から仕掛けることをスタイルとするチーム。福岡が過去と同じことを繰り返すのか、それとも、一歩前へ踏み出して変化と進歩を手に入れるのか、迎える札幌戦は、今後の福岡の戦いの分岐点になると言ってもい試合です。何があっても勝って福岡に帰らなければいけません。

 最大のポイントは札幌の前からのプレッシャーを、どうかわすかということ。不用意にボールを保持しようとすれば、中盤でボールを引っ掛けてショートカウンターを繰り出し、スペースに飛び出すキリノのスピードを最大限に活かす札幌の思う壺。素早くボールを動かして反対サイドを狙うのが定石ですが、場合によって割り切ってプレッシャーを飛ばすことも必要だと思います。いずれにしても、チームとしてやることをはっきりさせること。中途半端が一番の命取りです。

0909192.jpg
0909193.jpg
 また、どんなチームもそうであるように、強みのそばには必ず弱みが潜んでいます。前に激しいということは、その裏にはスペースができているということ。守備と攻撃は一体の関係にあります。ただし、互いの攻め合う殴り合いのような展開は福岡の臨むところではありません。まずは守備意識を高めて連動したブロックを形成し、落ち着いた守りから一気に裏へ飛び出してカウンターを仕掛けるメリハリのあるサッカーをしたいところです。そのためには、まずはいつもの通り、守備から入ることだと思います。

 そして、丹羽大輝は次のように話しています。
「仙台戦のいいところを続けていけなければ意味がない。前半の戦い方を継続しつつ、後半は前回と同じようにやれるようにすれば結果はついてくる。札幌戦との前回の対戦では、まんまとプレッシャーを受けてしまい、中盤はつなぎたいけれど、後ろの選手は前に行きたいというようなことがあったので、そこをすり合わせて戦いたい。仙台戦とは全く違う戦いになるが、前から来る相手に対して自分たちがどう戦うかということを明確にすることが大事」

 今シーズンのここまでの戦いを振り返れば不本意という言葉しか出てきません。だからと言って歩みを止めてしまうようではプロとしてやっていく資格はありません。昇格がかなわなくても、常に目の前の試合に自分たちの力の全てをぶつけ、一歩ずつ歩みを重ねることが出来る者だけに勝負の世界で生き残る権利が与えられます。そして、その姿を見せてくれることを福岡に関わる全ての人たちが望んでいます。アウェイでの戦いになりますが、仙台戦で見せた気持ちのあるプレーを見せてくれることを願っています。

0909194.jpg 0909195.jpg 0909196.jpg

【更新情報】
 09.09.16 J's GOAL J2日記:仙台戦の勝利とそれぞれの思い
 ※J2日記はこちらでご覧になれます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。