「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いのこもったゲーム



 内容、結果ともに福岡の力を出し切っての勝利だったと思います。そして、普段トレーニングを見ている私にとっては、雁の巣球技場で頑張り続けてきた選手たちの思いが伝わってくる勝利でした。膝の痛みと付き合いながら、プレーと言葉でチームメイトを引っ張り続ける久藤清一。出場機会が与えられなかった時期にも、しっかりと自分を見つめて努力を惜しまなかった丹羽大輝と黒部光昭。そして、その2人の頑張りを見ながら、いつかは自分もと我慢を続けてきた長野聡。そうした選手たちのサッカーの思いが手繰り寄せた勝利だったと感じています。

 勝負を分けたのは後半立ち上がりの攻防でした。予想通り、前に人数をかけて攻撃を仕掛けてきた仙台。そして、いつものように守備バランスを崩していく福岡。しかし、いつものように一気に崩れなかったのは、この時間帯を体を張って凌げたからだと思います。冨田晋伍のシュートがゴールポストに嫌われるという幸運も大きく影響しましたが、苦しい時間帯にも、田中佑昌のスピードを使って前へ押し上げることが出来たことで、集中を保つことが出来たと感じています。

 そして、何といっても久藤のプレー。膝に問題を抱えているとは思えない運動量で攻守に渡ってチームを牽引。特に、後半の苦しい時間帯を凌いだ直後に攻撃の起点になって決定機を作り出したプレーと、そのプレーで得たCKの流れから、あわやと思わせるループシュートに込めた「攻める」という意思は、仲間たちに強烈なメッセージとして伝わったはず。この2つのプレーで流れを引き戻した福岡は、ここからゲームをコントロール。どちらが首位なのか分からない戦いぶりでした。

 球際の強さ、攻守のメリハリという部分でも仙台を上回れたのも勝因ひとつ。競り合いで腰が引け、90分間に渡って前に出るパワーを見せられなかった仙台との違いは明らかでした。苦しい時間帯にも仙台に連続攻撃を許さず、前へ出るという姿勢を見せ続けられたのは、このせめぎ合いの部分で精神的に上回ったことが要因になっているように思います。

 ただし、仙台の出来があまりにも悪すぎたということも忘れてはいけません。また、守りに入った時の中盤のバランスの悪さや、攻撃の時にSBやボランチの攻撃参加が少ないという課題も解決はしてはいません。チームに変化をつけながら勝利を挙げるということに関しては、これからも変わるものではなく、それを続けることが、「福岡は、このくらいの力は持っているということを、残りの12試合で見せたい」(黒部)という言葉を実行することになるのだと思います。まずは次の札幌戦。苦手とする前からプレッシャーに来る相手に、どんな戦い方が出来るのかに注目したいと思います。

コメント

気持ちよかったー

やってくれました。久藤、黒部.、ゆうすけ、みんなありがこう。勝利、それも無失点。久しぶりに強いアビスパ福岡をみました。

前回同様、後半勝負に賭けていた仙台の出来が悪かったことを差し引いてもようやくチームの形が見えてきたような気がしました。
まだまだ攻撃には厚みが足りないし、久藤一人に頼り切っているのは不安材料ですがこのあまりにも高くついた授業料のツケは誰が払ってくれるのでしょうか…。

仙台の調子の悪さ、レベスタとの相性の悪さに助けられた感はありました。
しかし『最低限ホームで何としても確実に勝利を重ねる』ことの大事さを、来シーズン昇格を目指すためにも今からそれを頭に叩き込んで残りの試合を戦って欲しいですね。

内容は相変わらず指摘されているとおりSB、ボランチの攻撃参加の少なさが気になります。
そもそもこの4名はもっとビルドアップの段階から積極的に参加しないとある程度計算された攻撃が成り立ちませんし、事実今現在成り立っていない状態です。
結局、久藤選手の質の高さ一つで攻撃が組み立てられている脆弱な基盤のままでシーズンがここまで来てしまったわけです。

守備においても「常に体を投げ出して守る」ことが必要になっている今のままでは来季もまともに戦えないと思います。
これらの問題は今いる選手の質に鑑みてトレーニングの問題でもあると思いますが・・。

個々の選手について、長野選手と六反選手の活躍は嬉しかったです。
両選手ともこれから軸となって頑張ってくれると期待しています。

よかったー。J2日記。

J2日記「それぞれの思い」ジーンとくるものが、そして、目にこみ上げるものが。「これからもアビスパの選手たちをしっかりと応援するぞ」との強い思いがわいてきました。

中倉です。みなさん、コメントありがとうございました。

>ガンレくマン へ

J2日記について、お褒めの言葉をいただきありがとうございました。
選手たちは、それぞれが、それぞれの気持ちを胸に抱いて戦っています。札幌戦でも、仙台戦のような気持ちが感じられる試合で勝利を飾ってほしいものですね。
記者席で一緒に戦ってこようと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>ハイブリッド さんへ

今の状態が、第1クール序盤から中盤にかけてのチーム状況でなければいけなかったと思います。ハイブリッドさんがおっしゃる通り、あまりにも高い授業料でした。チームは変わらぬ姿勢で前へ進むしかありませんが、これから、いろんなことが整理されるのだと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>hazaki さんへ

おっしゃる通りだと思います。
ハイブリッドさんへのレスにも書きましたが、今の状況は、第1クールの序盤から中盤にかけての状態でならなければいけないわけで、そこから積み上げていって、第2クールに入ったあたりでは、少なくともチームの大まかな形が見えるところまで引き上げなければ、昇格を目指す戦いは出来ないと私は思っています。

残された12試合は、とにかく、必死に戦わなければなりませんが、それに平行して、今シーズンの失敗がどこにあったのかをきちんと整理しなければ、また同じことを繰り返してしまいます。実際、3年間、同じことを繰り返してしまったわけですが、それぞれの立場の人間が、現実から目をそらさずに、真摯に問題点に向き合ってほしいと願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。