「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失った2点。奪った2点。



 相変わらずの課題と、変わりつつある部分の両方が出た試合でした。そして、「勝たなければいけなかったゲーム」と篠田善之監督が振り返った通り、結果は勝点2を落としてしまいました。全く動けない前半の戦い方も大きな問題でしたが、ゲームが動き出した後半に、崩されたわけでもないのに簡単にゴールを許し、そのままバタバタして直後に追加点を奪われるのは、これまでと同じパターン。引き分けに持ち込んだものの、ゲームへの入り方と、守備面での問題が改めてクローズアップされた試合でした。

 監督采配でも後手を踏んでしまいました。前半は、福岡、岡山ともに全くゲームにならない展開。何かを変えなければゴールが生まれる気配は全くありませんでした。そこで動いたのが手塚聡監督。静観したのが篠田監督。そして岡山は、途中出場の武田英明と、ポジションをFWに移した青木孝太がチームにリズムを与え、あっという間に2得点を奪いました。どうやって点を取るのかを示すことができないままに奪われた2点。前半の流れを見れば、先に動くべきシーンだったと思います。

 勢いに乗る岡山を前に敗戦も覚悟しなければいけない展開。しかし、その流れを断ち切ったのが、後半途中からピッチに登場した黒部光明と城後寿でした。特に黒部の動きは出色。黒部が前線でボールを収め、あるいは巧みなポジション取りで裏のスペースへボールを引き出すことで主導権を奪還。2つのゴールシーンは、いずれも黒部のプレーからチャンスを作り出したものでした。第2クールまでは出場機会に恵まれなかった黒部ですが、その存在がチームにとって欠かせないものであることを自ら示したと言えるプレーぶりでした。

 城後寿に関しては、その潜在能力からすれば、まだまだ物足りない部分もありますが、2列目から攻撃に参加することで、黒部とともにチームに勢いを与えました。1点目のゴールも、ペナルティエリアまで駆け上がっていたから生まれたもの。自分の特長を活かす場所を見つけつつあるように思います。そして、Jリーグ初出場を果たした六反勇治も十分にやれることを示してくれました。2失点はチーム全体の守備の問題。それよりも、90分間にわたっての落ち着きと、0-1の場面で相手との1対1からシュートブロックしたプレーが印象に残りました。

「失点の場面は同じことの繰り返しで、まだまだ課題が修正できていないと感じた」という篠田監督の言葉通り、守備の問題は根深いものがあります。攻撃に関しては、久藤清一の活躍や、黒部のプレーなどで改善の跡が見られるようになってきており、安定した戦いをするためには、とにかく守備の改善が急務。DFラインだけではなく、監督采配、中盤の攻守のバランスなどを含めて取り組まなければならないことが、改めて感じられた1戦でした。

コメント

鳥栖戦

チームとしてほんの少しずつ前に向かってる感じはあるものの、ここまで監督の力量不足に泣き続けることになるとは・・・。
田中誠選手もシーズン当初は低パフォーマンスに終始していましたが、丹羽選手が相棒となるにつれて最近は確実に結果を残しつつありました。
そこにあの大怪我です。本人にとってもチームにとっても大きな痛手なのは間違いありません。

しかしもっと問題なのは、使うには力不足と分かった柳楽選手をなぜまた使い続けるのか。
今日のような完全自滅の退場劇はもちろん、危険な位置で無駄なファールをいくつも献上するのももう大方のサポーターにとって見慣れた光景でしょう。
山口選手、長野選手はあのパフォーマンスに劣るような選手なんでしょうか?

また交代の采配もチグハグで言葉になりません。
いい加減、守備で振り回されへとへとになった大久保選手を引っ張り続けるのはやめにしてくれないものでしょうか。
ボールキープさえままならないのに置き続けてもスペースを潰すだけでしょう。
最低でもこの敗戦を機にGMは動き出しておくべきでしょう。本当に来季昇格を目指すのならば。

中倉です。
hazakiさん、コメントありがとうございました。また、タイミングの外れたレスで申し訳ありません。

一般論として、サッカーにはいろんな考えがあり、しかも、どれが正解と決めつけることができません。けれど、結果を求められる世界にいる以上、ある一定期間を経過しても結果が出ないのであれば、何を言われても受け入れるしかありませんし、同じ失敗が繰り返されるのであれば、選択した方法に誤りがあると考えなければいけないと私は思っています。

明日の対戦相手である仙台は、非常に手堅いサッカーをするチーム。仙台の立場を考えれば、不要なリスクを冒さずに進めたいゲームのはずです。そんな仙台との試合は、相手の隙を窺いつつ、しっかりとボールを動かしながら睨みあうような展開になると考えています。そんなゲームで大事なのは、いつ、どこで、何を仕掛けるかということ。明日の試合では、その判断が試合の行方を大きく左右すると思っています。

ここまで、効果的な選手交代や、戦術変更が出来た試合は少ないように思いますが、明日は、唸るような采配を取ってほしいと願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。