「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜敗の中に見えた上位との差



「最後までどっちに転ぶかわからないゲーム」と反町康治監督(湘南)は試合を振り返りましたが、試合の流れは完全に福岡のものだったと思います。マンマーク気味の湘南のプレスを巧みにはがし、その後ろに出来るスペースを利用するのは試合前の狙い通り。特に大久保哲哉がマンツーマンで付いていた田村雄三を引きつけて動くことでバイタルエリアにスペースを作り、そこへ久藤清一が斜めに走りこんで起点を作るパターンに、湘南は非常に苦労していたように思います。

 また、C大阪に次ぐ得点を挙げている湘南ですが、ビルドアップするというよりも、相手が出てくるところを引っかけてショートカウンターを仕掛けるか、長いボールを前線に収めて、2列目から斜めに飛び出していくのが攻撃のパターン。しかし、福岡がプレスを上手くはがしていたことや、田中誠、丹羽大輝の2人がリンコンに仕事をさせなかったことで、湘南は攻め手も失っていました。ロングボールが多かったのは、ピッチ状態が悪かっただけではないと思います。

 攻守に渡って、今の福岡が出来ることは全て出せた試合。そう言ってもいい試合だったと思います。ただ、組織としての成熟度という観点で言えば、やはり湘南が上でした。特に違いが感じられたのが攻撃面。ほとんどチャンスがなかったとはいえ、前にボールが収まった時や、中盤でボールを引っかけた時に全員が連動してボールを運ぶ姿からは、チームとして何がしたいのかということが明確に伝わってきました。

 翻って福岡は、いい形でゴール前まで運んでも、そこから先は個人のアイデア頼み。攻撃を仕掛けるのは前の4人だけで、ボランチやSBの攻撃参加が見られないため、厚みのある攻撃を繰り出すことができませんでした。動き出すスペースはいくらでもあったので、1枚でもいいので前へ飛び出していけば、また違った展開もあったのではなかったかと思います。最終的には、この部分が勝負の行方を左右した要因だったように思います。

 そして、湘南は、最後の最後で、2列目から飛び出す自分たちのパターンでゴールを奪い、福岡は、最後の最後で、最終ラインからドリブルで上がってきた相手にプレスをかけられずに失点してしまいました。肝心なところで自分たちの特長を活かした湘南と、肝心なところで自分たちの課題が露わにしてしまった福岡。90分の中で起こった、たった1回のことですが、その差が互いのチームの力を象徴していました。運や偶然ではなく、必然的に起こったゴール。私はそう捉えています。

 それでも、福岡が現在の力の全てを出しきった試合であったことも事実。敗戦は受け入れ難いものですが、いまは上位チームとの間にある差を認めるところから始めるしかありません。見えた変化と強い気持ちを岡山戦でも発揮して、また一歩、前へ進んでほしいと思っています。

コメント

まったく同感です。

ふと気がつくと前線は横一線に並んでしまい縦への動きが停滞してしまっていました。

マコの負傷はアクシデントとはいえ「攻撃せよ」という強いメッセージを発信してほしかったし、そのカードを早急に作るべきだと思いますがいかがでしょうか。

審判には、触れないのですか。相変わらず、優等生ですね。アビスパのほうが、勝つに値するチームでした。あなたは、こんなレベルでも、生きていけるなんて・・・・・・

ひさしぶりにレベスタで観戦できました。
負けたけど面白かった。

中倉さんの言うとおり、SBとボランチの攻撃参加が少なすぎる。
特に釘崎。個人的に期待しているのに、フルパワーの切れ込んでのシュートをなぜ打たない。
元FWなんだから意地でもシュートシーンをもっと増やしてほしい。

しかし一時期のだめだめサッカーから脱したのも事実。今後に期待したい。

今から今週末の鳥栖とのダービーが楽しみでならない、好調サガンvs復調アビ。
絶対行きます。妻と息子を連れて!

中倉です。皆さんコメントありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
>ハイプリッドさんへ
前半のリズムはアビスパが握っていましたから、その中で選手を変えるという選択は、監督にとって難しかったのかもしれません。また、後半に入ると同時に、それまでの流れとは関係なく必ず相手にリズムを奪われるのはいつものことなので、後半の立ち上がりは我慢するということだったのかもしれません。監督にとっては難しい判断だったように思います。

ただ、私見を言えば、やはり後半の頭から仕掛けてほしかったなと思っています。現在の互いの力関係を比べれば、我慢比べの結果がどちらに転ぶかと考えれば、地力に勝る湘南に転ぶ確率の方が高く、勝ちを狙うのならば先に仕掛ける必要があったと考えるからです。前の4人はいい働きをしていましたから、阿部嵩を中盤の底に残したまま、その相棒に城後寿をいれて、その城後に攻撃参加をさせるという方法もあったのではないでしょうか。

リスクを追う分、湘南から攻め込まれる危険性も考えなければなりませんが、だからと言って守りを固めるだけでは相手の思う壺。こちらが前へ出て主導権を奪うことで、相手の攻撃の手を鈍らせるという考えもあったと思います。
守備が計算できないために、選手交代で「攻めろ」という意思表示ができないというのが、ここまでのシーズン通しての傾向ですが、ギャンブルと言わないまでも、リスクを冒して攻めに行かなければゴールを奪うことはできず、結局のところ、惜しい試合ができても勝ちきることはできません。守備を優先しつつも、ここぞという時には前へ仕掛ける勇気を選手は持たなければいけませんし、監督は「今がその時だ」という強い意思を伝える采配が必要だと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
>no name さんへ
ご指摘、ありがとうございました。貴重なご意見として受け取らせていただきました。
--------------------------------------------------------------------------------
>sueパパ さんへ
私も釘崎の攻撃参加を、もっと見たいと考える1人です。まずは守備を優先して戦っているというチーム事情も影響しているのでしょうが、それでも、ここというところではリスクを背負って前に出ていく勇気が必要だと思います。
また、チームとしても、彼にバランスのとれたプレーを求めるよりも、彼の最大の特長である攻撃を活かす方法を考えた方が有益であるとも考えています。かつて、アレックスがSBながら好き勝手に攻撃参加していたように、チームの決まり事にして、周りの選手がポジショニングをずらすことで左サイドのスペースをカバーするということは可能なように思います。

さて、久藤清一の攻守にわたる大車輪の活躍と、大久保哲哉の献身的な守備のおかげで、以前と比べれば、だいぶ落ち着いた試合運びができるようになってきました。次なるステップは、現状を維持しつつ、久藤と大久保の守備面での負担を減らすことだと思います。そのために求められるのは、やはり、ボランチとSBがどれだけ前に押し上げられるかということ。今日の岡山戦を経て、今シーズン最後の九州ダービーで、チームの変化を感じさせてほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。