「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3クールで何を見せられるか



 なかなか筆が進まず、栃木戦に勝利したというのに更新が遅れてしまいました。
 さて、栃木戦の印象については既に J's GOAL に掲載した通りですが、結果を見れば完勝でした。試合が膠着状態に陥った中での先制点。栃木が盛り返してきた時間帯に奪った追加点。1点を返され、C大阪戦、富山戦と同じ空気がピッチの上に漂い始めた中でのダメ押し点。得点経過だけを見れば理想的な流れだったと思います。

 そして、チームとしての収穫は、栃木が前から仕掛けてきた立ち上がりの時間帯を、守備バランスを崩さずに落ち着いて過ごしたことと、田中佑昌の2得点。特に、ここのところ一段とキレが増してきた田中佑昌のプレーは、間違いなく「福岡の飛び道具」と言えるものです。極めてシンプルな得点シーンでしたが、あのスピードを止めるのは容易なことではなく、今後も福岡の武器として十分に計算できるものになったと思います。

0908271.jpg
0908272.jpg
 しかし、チーム状況が苦しい中での価値ある勝利も、内容について言えば、福岡が抱えている課題は改善されていません。

 後半は、再び前から仕掛けてくる栃木に対して、いつものように攻守のバランスを崩し、2-0とリードを広げた後はチームとして何をすべきかが曖昧になった末に1点を返され、C大阪戦、富山戦とまったく同じパターンを繰り返しました。その中で3点目を奪って栃木を突き放したのは評価すべきではありますが、栃木が攻守に渡って最後の詰めに欠いたために得た勝利という側面は否定しきれません。

 どんな状況にあっても、勝利を最優先に戦うのが勝負の世界にいる者がやるべきこと。そのためには、「今できる中でどうやって戦うか」ということを考えるのは当然のことです。しかし、同時にチームを成長・熟成させなければ明日にはつながらず、それなくしての勝利は単なる結果にしか過ぎません。チームの継続性ということを考えれば、一部の選手の献身的な働きに支えられての勝利ではなく、組織としての成長や変化の跡を見せた上で勝利を得る必要があります。

「プロとして何を見せられるのか」。それが第3クールの福岡に求められていることです。それは、チームの成長につながる変化と、チームのベースとしての積み上げを感じさせながら勝点を積み重ねる姿を見せること。そして、それが福岡に関わる全ての人たちが望んでいることです。ここへ来て劇的な変化を望むのは難しいことですが、たとえわずかであろうとも、前に向かって進んでいることが実感できる試合をしてほしいと願っています。

0908273.jpg 0908274.jpg 0908275.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。