「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが噂の富山ブラック

これが噂の富山ブラック。なるほど真っ黒。そして見た目通りに、かなりしょっぱい

 富山のB級グルメの決定版と言えば「富山ブラック」と呼ばれる真っ黒いスープの中華そば。終戦後の、まだ日本の食糧事情が良くなかった頃、ドカ弁や、おにぎりを持った労働者のために、濃い味付けで、チャーシューが入った、良く噛んで食べるおかずとしての中華そばが出来ないだろうかと考えた「西口大喜 本店」の店主によって、昭和22年に考案されたものです。はたしてどんな味なのか。住所と携帯NAVIを頼りに「西口大喜 本店」へ行ってきました。

 メニューは中華そば(小=並、大、特大)と生玉子だけ。小を注文すると、ほどなくラーメンが運ばれてきます。なるほど、確かにブラックです。そのスープの中に、ちゃんぽん麺程の太さの麺が泳ぎ、その上にメンマ、乱暴に切られた小口切りのネギ、手切りのゴロゴロとしたチャーシューが無造作に乗っかり、仕上げにブラックペッパーがかけられています。最近はやりの繊細に作られたラーメンとは一線を画す、野性味あふれる姿をしています。

歴史を感じさせるたたずまい。昭和22年以来、地元の人たちに愛され続けているのが分かる。
店内には、富山ブラック誕生秘話(?)と、食べ方が張ってある。
 さて、まずはスープからです。どんぶりを持ち上げて、直接、器からスープをすすります。うん、衝撃的な味が喉にガツンと来ます。見た目通り、そして聞いていた通り、かなりしょっぱい味です。

 そのスープを吸って、もともとの色が分からなくなっている麺も、メンマも、チャーシューもしょっぱい。さらに、そこへブラックペーパーの香りと乱切りにしたネギの絡みが重なります。確かに白いご飯が進みそうな味。「労働者のために作ったおかずとしてのラーメン」という触れこみにうなづけます。

 そして噛みごたえがある麺も特徴のひとつ。コシが強いとか、固いとか、そういったものとは違った次元の食感です。そのため、麺をすすっても喉につるっと入って行かずに口の中にとどまります。それをしっかりと噛んでから喉へと運びます。これもおかずを意識しているから。つるつるっとすすって喉に流し込むという麺類の概念とは異なる食べ物です。

 正直に言うと、旨いのか、まずいのか、ちょっと即答に困る味です。店内にいた観光客らしき人たちが一様に静かに食べていたのは同じ気持ちを抱いていたからでしょう。もし、「富山ブラック」の存在を知らないままに出されたら、席を立ってしまう人もいるかもしれません。けれど、私の隣で食べていた地元の方は、おじいちゃん、息子、孫の3人組。会話から察するに、3代にわたって通っているようです。まさに富山のソウルフード。癖になる味なのだと思います。ラーメン好きなら、一度は試してみる価値のあるラーメンだと思います。

市内の移動はチンチン電車で。どこまで行っても200円。 ショッピングモールで見つけた看板。果たして「富山ホワイト」とは? 富山駅の北側に広がる富山県富岩運河環水公園。市民の憩いの場所だ

シロエビのお造り。際立つ白さが存在を主張する。甘みがある最高の味わいだ

 そして、富山と言えば海鮮。お盆の最終日、しかも日曜、そしてナイトゲームの取材後という事情が重なって、あらかじめ何件かピックアップしたお店へは行くことが出来ませんでしたが、幸いにも、常宿である東横インの1階にある居酒屋がオープンしていたので暖簾をくぐりました。中へ入ると黒づくめのおしゃれな雰囲気。静かにジャスが流れています。ワイワイ騒ぐというのではなく、恋人同士がしっとりと愛を語らうにはもってこいですが、私にはちょっと違う雰囲気でした(汗)。

 それでも、そこは富山。出されたものはしっかりしたものでした。まずは富山へ来たら絶対に食べたい「シロエビ」のお造りです。運ばれてきたのは、甘エビよりも、ずっと、ずっと小さな、けれど、際立つ白さがその存在をしっかりと主張する一品。一気に食べるのはもったいないので(笑)、まずは小さな身をひとつつまんで口の中に運びます。甘い。思わず、その言葉が頭に浮かびます。そして、ねっとりとした身が口の中で溶けていきます。評判通りの美味しさでした。

お造りも美味。出来れば、お盆休みじゃないときに来たかった
スタジアムで手に入れた「厚みのますの寿司」。名物にうまいものあり
 次は、お造りのおまかせ。この日は、鯛、平目、鰤の3品でした。盆休み期間中ということもあって、朝獲れの「きときと(富山の方言で“活きがいいの意”)」というわけにはいきませんが、やはり味が濃い。特に鰤は歯ごたえもしっかりしていて、美味しくいただきました。そして合わせたお酒は地酒の満寿泉。冷酒でいただきましたが、甘みのある美味しいお酒でした。

 最後に紹介するのは、こちらも富山では外せない「ますのすし」。今は一般家庭では作られることがないようですが、もともとは、春祭りや婚礼などめでたいときには必ず作られ、「おふくろの味」として伝承されてきたものです。鱒は日本海近海で獲れるサクラマスです。写真はスタジアムで販売されていた「厚みのますの寿司」。油の乗った厚切りの鱒のとろける感触がたまらない一品。ほんのり香る酢の味も上品な味わいでした。

 ただし、今回の遠征は富山ブラックを除けば、全体の満足度では60点程度。試合翌日に食べた海鮮丼が「空いた口が塞がらない」一品だったので、その印象が強く残ってしまいました。まあそれも、ほとんど下調べもせずに行った自分が悪かったのですが・・・。ただ、やっつけで回ってこの程度なら、下調べをしてから行けば、かなり美味しいものが食べられるはず。今度訪れることがあったら、きちんと準備してから行きたいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。