「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワードはシンプル



 久藤清一が楽しそうにサッカーをしている。今週のトレーニングを見ていて、最も印象に残るシーンです。膝の故障の回復が思わしくなく、勝てないチームをただ見ているしかなかった日々。試合に出場するようになってからも、しばらくは思うようなパフォーマンスを発揮できずにもどかしい気持ちと戦わなければいけなかった日々。そうした時を乗り越えて、自分のイメージに近いプレーが出来るようになってきたことが、柔らかな表情が見えるようになった理由かもしれません。いま、サッカーが出来る喜びを感じているように感じます。

 さて、今の福岡にとって常に大事なのは目の前の試合。いつもと変わらぬ姿勢で、チームは週末の富山戦に向けてのトレーニングを重ねています。「これまでにずっとやってきたことを引き続き取り組むだけ」と話す篠田善之監督は、攻守の切り替えを速くすることに加え、攻撃面ではボールホルダーに対して素早くサポートすることと、的確に背後を突くこと、守備面ではファーストDFが素早くプレスをかけ、そのプレーに連動して組織的に守ること等に重点を置いています。

0908142.jpg
0908143.jpg
 対戦相手の富山は、全員攻撃・全員守備をモットーに組織的なサッカーをするチーム。Jリーグ昇格に際して大幅な補強は行わず、チームの継続性と組織力を武器に堂々とした戦いを見せ、現在は10位につけています。

 高い位置からボールを終える半面、リトリートしてゲームをコントロールできるバランスのとれたチームでもあります。そして、福岡は前から来るチームが大の苦手。そういう意味では、今後の戦いを占う意味で非常に重要な試合でもあると思います。

 その戦いに向けてのポイントは、高い位置から追って来る相手に対してシンプルに戦うことだと思います。
「前から来たらシンプルに前へボールを送って、中盤もDFラインも押し上げてセカンドボールを拾う。そういうシンプルな戦い方が出来ればいい」とは田中誠。そして丹羽大輝も、「シンプルでいいと思う。前から仕掛けてきたら単純に前へ送ればいいし、来なかったらボランチを使ってビルドアップすればいい」と話しています。

 そして、チーム全体の意思を統一することです。これまでの戦いを振り返ると、最終ラインがプレッシャーを嫌って前へ蹴るのに対し、中盤はボールを繋ぎたいために下がって来るために前線との間にスペースができ、セカンドボールを相手にことごとく拾われるというのが福岡の悪いパターン。自分たちにとって嫌な流れになったときに、いかにして意思を統一してシンプルに戦うことが出来るのか。それが問われる1戦になると思います。

0908144.jpg 0908145.jpg 0908146.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。