「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌ラーメン、それは懐かしい味

札幌グルメと言えば、何といっても札幌ラーメン。濃くが決め手の味噌ラーメンは必ず食べたい味

 私が生まれたのは福岡・香椎。育ったのは札幌。第二の故郷への里帰りと家族旅行を兼ねた札幌遠征では懐かしい味を楽しんできました。いまや札幌グルメと言えばスープカレーですが、どうも私にはピンと来ません。なぜなら、私が札幌に住んでいた頃はスープカレーなど存在していなかったからです。何かの拍子でブームになり、いまや札幌を代表する食べ物になっているようですが、私の中では「何、それ?」と言うのが正直な感想。と言うことで、やっぱり懐かしい味の代表と言えば札幌ラーメン。今回の遠征でも真っ先に口にしました。

 足を運んだのは「ラーメンの大公」。創業40年の老舗です。しかし、決して堅苦しい店ではなく、特別にきれいなわけでもなく、観光客が押し寄せるような店でもなく、いわゆる。昔から続く、ごくごく普通のラーメン屋です。ラーメンという食べ物が庶民の味で、「こだわり」などと言う言葉とは縁遠く、ラーメンライスが貧乏学生のお腹を満たす最高の食べ物だった頃の雰囲気を、そのまま残す店。だからこそ、本当の札幌ラーメンが味わえます。

狸小路に隣接する大公。札幌駅前通りから狸小路を西に進み、最初の信号のところで右前へ目をやると黄色い看板が見える
大公のメニュー。「スープを残さずお飲みください」という看板が店主の自信を窺わせる
 オーダーは当然味噌ラーメン。まずは何も加えずにスープを口へ運びと、濃くのあるスープが広がっていきます。しかし、重たくありません。懐かしい、確かな味に札幌に帰って来た実感がわいてきます。そして、七味を多めに振りかけて、もう一口。まろやかな味に加え、唇にピリッとした刺激が伝わってきます。中学生の時、札幌に引っ越して初めて食べたラーメンの記憶がよみがえります。

 麺は、やや太めの縮れ麺。麺が黄色っぽいのは「かん水」を多く使っているためで、札幌ラーメンの特色のひとつでもあります。勢いよくラーメンをすすると、その縮れ麺に濃くのあるスープが絡んで、程よく腰のある麺の食感とスープの味わいが口の中に一杯に広がっていきます。これぞラーメンの醍醐味です(笑)。
 後は一気に食べるのみ。「大公のラーメンはスープの味が決め手。残さず全部お飲みください」と書かれた看板の通り、一滴も残さず完食しました。ただし、飲み残しても文句など言われません。そもそも、普通のラーメン屋さん。気軽に、自分のスタイルで食べる。それがラーメンの食べ方です。

 さて、札幌に住む弟から聞いた話ですが、いまや札幌ラーメンは昔とは違ってしまったようです。観光地であるがゆえに、観光客目当ての店が増えたり、味にこだわるあまりに本来の札幌ラーメンとは違う食べ物になっていたり・・・。札幌に住んでいたものとしてはさびしくもあります。また、観光ガイドに載っているお店で、私が知っているお店はほんの1、2件。観光客の間で有名になってチェーン店化し、味が落ち、いずれ消えていく。それを繰り返しているのも札幌ラーメンです。

 昔ながらの札幌ラーメンを楽しみたい方は、観光ガイドではなく、地元の人たちが通う店、あるいは、昔ながらのラーメン屋さんの暖簾をくぐることをお勧めします。きっと、古くて懐かしい、そして本来の札幌ラーメンが味わえるはずです。

狸小路をのんびり歩くのも悪くない。ちょっとした発見があるかも 東京奈良人力車。札幌なら馬車。でも馬が苦しそうで、ちょっとかわいそう 道庁旧本庁舎。管内の展示物を見ながら北海道開拓の歴史を知るのも楽しい

コメント

もう20年ちかく昔の話ですが、新婚旅行で北海道に行き、食べた味噌ラーメンには夫婦共々衝撃を覚えました。

なんと、ラーメンの中に豆腐とか諸々が入っていたのです……。
「こんなんラーメンやないよね。味噌汁やん」

福岡に戻り、真っ先に向かったのはお気に入りの豚骨ラーメン店でした(笑)


そういえば、開店当初は大人気だったみたいな和白交差点付近の札幌ラーメンチェーン店もいつのまにやら閉店してましたね。
本来の札幌ラーメン、いつの日か食べてみたいものです。


中倉です。

豆腐の入った味噌ラーメン・・・
札幌では中学校のときから16年間を過ごしましたが、私は見たことがありません。確かに、それでは味噌汁ですね。札幌育ちの人間として、なんとも申し訳ないような気持ちでいっぱいです。

20年ほど前というと、札幌が一大観光ブームを巻き起こした少し後くらいの時期ではないでしょうか。ブームは全日空が仕掛けたもので、沖縄と北海道の観光キャンペーンを打ち、みるみるうちに札幌のイメージが変わっていったのを思い出します。
私が学生の頃は、まだカニ族で賑わっていた頃で、北海道は学生の貧乏旅行の代表みたいなところでした。大きなリュックにありとあらゆるものを詰め込んで、大自然の中を何日もかけて歩いて回る。そんな場所でした。当然のように若い女性客は少なく、ほとんどが男性だったように記憶しています。その後はブームに乗って若い女性が大挙して訪れるようになり、そんなこんなで、いろんな店が出来ていたのかもしれません。

ちなみに、カニ族とは、本州からやってきた旅行者のことで、大きな登山用のリュックを背負った姿がカニを連想させたことと、電車の中を移動する際にリュックが邪魔になって横になって動いていたことから、その名が付きました。

札幌は観光の町のため、一見さん目当ての店があることは否定しきれません。しかし、とても優しい町ですから、いいお店もたくさんあります。また、札幌へ行く機会がありましたら、是非、札幌のいいところを楽しんでくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。