「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正念場の試合を制することが出来るか

怪我を押してチームをけん引する久藤清一。古巣・C大阪との戦いでも大きな期待がかかる。

 過去2シーズンを振り返ると、連勝、あるいは連続して勝点を挙げて流れが変わりそうなところで、上位チームに敗れて連敗が始まるのが福岡のパターン。それは、悪い流れになったときに踏みとどまるだけの力がないことを意味していますが、そこを乗り越えない限り、チームの成長はあり得ません。そういう意味では、今日のC大阪戦は今後の福岡を見据えた上で正念場と言える試合。流れを変えられるか、同じことを繰り返すのか、非常に重要な意味を持つ試合だと考えています。

 J's GOAL のプレビューにも書きましたが、勝負の鍵はC大阪の攻撃をどう防ぐかにあります。それほど守備が強くないC大阪に対しては、第1クールの対戦のときのようにボールを持てる時間帯もあると思いますが、だからと言ってむやみに仕掛けては、攻撃力で相手をねじ伏せてきたC大阪の思うつぼです。「前半を0で抑えることが一番。内容悪くても、リズムが悪くても、前半0-0だったら後半勝負でやれる」(大久保哲哉)。まずは前半を無失点、あるいは最少失点で折り返すことが、勝利への最低条件だと思います。

C大阪戦への準備は、まずはフィジカル面の回復から。
一瞬の隙をビッグチャンスに変える高橋泰の動きにも注目したい。
 具体的には、乾貴士、香川真司、マルチネスの3人を、どうやって止めるかということに尽きると思います。得点数でJ1の1位を行くC大阪ですが、その中身は、組織で崩すというよりも、圧倒的な存在感を示す3人の個の力でねじ伏せるというもの。第1クールの対戦で乾1人に4失点を喫するという屈辱を味わいましたが、4ゴールとも香川、マルチネスとの3人の絡みから奪われた失点でした。逆を言えば、この3人を封じてロースコアの戦いに持ち込めば勝機は十分にあります。

 もちろん、この3人を抑え込むことは簡単なことではありません。しかし、そこがこの試合の肝。勝利を手にするためには何としても抑え込まなければなりません。相手にスペースを与えてしまえば、抜群のコンビネーションと、瞬間のスピードで突破されるのは第1クールの戦いで経験済み。最終ラインの4人とボランチでスペースを消すこと、マルチネスへのファーストディフェンダーを明確にすること、2列目から飛び出してくる乾、香川にしっかりと付いていくこと、それを90分間続けなければいけません。

 一方、攻撃面では、香川と乾が守備を免除されている分、福岡がボールを奪えば攻め上がるスペースはあります。ボールを奪ったときに、守から攻への切り替えを速くしてスペースへボールを送り込めるかが後半のポイントだと思います。ただし、いつものように狭いほうに仕掛けてボールを引っかけると、香川と乾が前に残っているために大ピンチになることは間違いなく、広いスペースを使うダイナミックな展開が必要なことは言うまでもありません。

 簡単な試合ではありません。しかし、勝機がある試合でもあります。やるべきことを貫けるだけの、メンタル面、フィジカル面、技術面での強さがあるのか。それが問われる1戦です。

トレーニング中の気合は十分。それを本番でも発揮しろ! 阿部嵩は試合出場3試合目ながら守備の要としての重責を担う。 相変わらず高いパフォーマンスを発揮し続けている黒部光昭を使わない手はない。

コメント

やはり采配

セレッソ戦、選手はよくがんばったと思います。

それだけにワンパターンで何がどうなってもブレない選手交代、つくづく残念です。終盤吉田がついにジャンボへ放り込むのをやめたのがせめてもの救いでした。現状に即した選手交代、この監督ではこの先ずっと望めないのでしょうか…。

ハイブリッドさんの仰るとおり、大久保選手の頭を目掛けてロングボールを送るのはもうやめて欲しい。
あのハイボールから次の攻撃の展開に繋がった確率を計算してる人がいたら教えて欲しいくらいです。
今日の試合では断然黒部選手のポストが素晴らしく得点も彼のプレーから生まれたものでした。
精彩を欠き続けた大久保選手を90分間引っ張り、黒部選手が下げられるのはどうにも納得がいきませんでした。

チームとしても前半30分まではプレスも相変わらずでしたが、
それ以降は相手のショートパスを主体とした内容に皮肉にもピッチ状態がこちらに利する展開となったまでは良かったものの、つくづく残念なのは追加点を奪ってからの戦い方です。
J2で最強の相手攻撃陣から残り25分あまりをあそこまでラインを深くしてボールキープを放棄することはないでしょう。
あれだけの時間相手ボールで回されると体力の消費もかなり増え、失点も時間の問題と感じました。
やはりそこも采配一つなんでしょうけれど残念です。

中倉です。

レスをしないうちに1試合を消化してしまいました。申し訳ありませんでした。

さて、富山戦もいいリズムで試合を運び、先制点を奪いながらの引き分け。C大阪戦と同じような展開でした。改めて振り返ってみると、シーズン序盤も、前半と後半が別のチームになることが多く、結局、最悪と思われた時期はやり過ごしたものの、チームが抱える問題は何も変わっていないということだと思います。

後半に押し込まれてしまうのは、選手が集中力を欠いてしまうからではなく、前から仕掛けてくる相手に対応できないという技術・戦術上の問題だと私は考えています。やらなければいけないことは、前から来る相手に対して、どのように対処するかを日常のトレーニングの中で徹底して繰り返すこと、そして、ゲームプランに即した選手起用と、ゲームの流れに応じた臨機応変な采配をふるうことだと思います。

今シーズンも、残り17試合になってしまいましたが、せめて、現段階での問題点を解決すべく努力を積み重ねてくれることを、ただ、ただ、願うばかりです。どんな結果になったとしても、3年連続で同じ状況、同じような順位で終わることだけは避けなければならないと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。