「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難敵・岡山を叩け

3試合連続ゴールと好調を維持する大久保哲哉。岡山戦でもゴールへの期待がかかる。

 さて、今日は岡山戦。今までの4試合の結果を継続するための大事な1戦です。累積警告で高橋泰を、U-20水原国際ユーストーナメント出場のため鈴木惇を欠いての戦いになりますが、全員の力を結集して戦わなければなりません。目指すものはもちろん勝点3。前回の対戦ではアウェイで敗れて、岡山にJリーグ初勝利をプレゼントするという悔しい結果に終わっていることもあり、ホームで、その雪辱を果たさなければなりません。メンバー入りした黒部光昭、阿部嵩らが、いいパフォーマンスを発揮してくれることを期待しています。

 さて、岡山は順位で言えば福岡よりも下位のチームですが、福岡にとっては、これまでの戦いと違って難しい試合になるのではないかと考えています。福岡の過去4試合の戦い方は、前から仕掛けてこない相手に対して自陣に引いて守りを固め、試合を膠着状態に持ち込み、後半に少ないチャンスを生かして逃げ切るというパターンでした。どちらも攻め手に欠く前半は見ていて面白い展開ではありませんでしたが、その展開こそが福岡にとっては好都合でした。

阿部嵩にはレベスタデビューへの期待がかかる。クレバーなプレーで福岡の中盤に落ち着きをもたらせるか。
開幕以来、校長を維持する黒部光昭。そのプレーをレベスタで見たい。
 しかし、岡山は、過去4試合の相手とは違って前からボールを追いかけてくるチーム。全員が連動してハードワークするのが持ち味で、ボールサイドに人数をかけて奪いに来ます。これまでの対戦相手のように、引いて守る福岡に対して睨みあいのような展開になるとは考えにくい相手で、プレッシャーを受けて狭いほうへ追い込まれて、中盤でパスを引っかけられてカウンターを喰うという、福岡にとっては最も嫌なパターンに持ち込まれかねません。

 そうした、これまでと違ったタイプのチームと、どうやって戦い、勝点3を奪うのか。岡山との試合は、これからの戦いを見据えた上での試金石とも言えるもので、この結果で、これからの戦いが大きく変わるように感じています。「岡山はハードワークするし、1人、1人が頑張って球際も激しい。相手の方が順位は下だが、舐めていたら足元をすくわれる。チャレンジャーのつもりで、向かっていくつもりでやりたい」とは丹羽大輝。守りに重点を置くにしても、受けて立ったら非常に難しい相手だと思います。

 福岡の戦い方は、過去4試合と同じく、まずは守備から入る戦い方になると思います。しかし、岡山の戦い方は、逆に言えばプレッシャーをはがしてしまえば、福岡が攻撃に使えるスペースがあるということ。そこを上手く突けば、これまでとは違った戦い方も見えてくるのではないかと思います。今の状況では守備的な戦いを選択するのはやむを得ないことですが、受けて立つのてはなく、前へ出る意識を持って戦うことが欠かせない戦いになると思っています。

大山恭平は、虎視眈々とポジション入りを狙う。そのために必要なのはゴールだ。 本来の力を取り戻すには勝ち続けるしかない。課題の修正に余念のない篠田監督。 ベテランの域に入った宮原裕司だが、流れを変えるパスの輝きは衰えていない。は

コメント

やはりというか当然とも言うべきなのか、何も変わっていませんでした。
前線から積極的にプレスをかけてくることはわかっている(はずですよね)のに悉く苦し紛れのロングボールばかりです。
理想的な攻撃は前半中盤に右サイドをワンツーで抜け出して突破した形くらいのものでしょうか。
その他は蹴ったくって運良く繋がればいいというもののみでした。

課題の守備も言わずもがな、阿部選手の体を張った守備だけが目を引き、
その他はいつもの如く良いように前を向かれて右、左と蹂躙されるばかりです。

以上のことは今シーズンほぼ毎試合のことですが、もうしょうがないでしょう。
今シーズン中は監督を代える資金もないでしょうし、何の積み重ねもない残りのシーズンが早く終わればと願うばかりです。
あと、大山選手は試合に出るレベルに達していないと思います。
もっとじっくり体を作ってからの方が彼のためでしょうね。

中倉です。コメントありがとうございました。

福岡の立場をどこに置くかで、捉え方は大きく変わると思っています。
昨日のブログにも書きましたが、いまの状態を前提で考えれば、変化の見えた試合として捉えることができると思います。ただ、J1昇格という目標や、上位陣と互角に戦えるかという観点で見れば、その変化は小さなもので、体制に影響を与えるほどの変化ではないと言えると思います。

残念なことではありますが、今の福岡には現状を前提として、そこからどれだけ変化させられるかという観点でものを考えるしかないと私は思っています。今の戦い方が、チームにとって何かを積み重ねることになるのかと言われれば、勝星が増えるということくらいかなとも思います。プロは結果が全てですから、それは、それで大切なことではありますが・・・。一言でいえば、そういうレベルにチームがなってしまったということだと思います。

それでも、黒部のプレーぶりが示すように、チームには、もっと力があります。その戦力を有効に使ってほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。