「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ!アンクラス 川村真理選手(MF 背番号23)



「お兄ちゃんがやっていて自分も始めました。小さい頃からずっと遊びでやっていたんですけれど、チームに所属したのは小学校3年生の時からです。中学校は和白中と、途中で転校した席田中で。部活動で男子の中でやっていました。自分の時は女の子はひとりでしたね。アンクラスは高校に入ってからです」

 女子サッカー選手の多くがそうであるように、川村真理(かわむら・まり)選手もお兄さんの影響を受けてサッカーを始めました。元々のポジションは左サイドの攻撃的なミッドフィルダー(MF)。第5節からは、4-3-3のフォーメーションの最前線の中央でプレーしています。今シーズンは、ここまで6試合全てに先発フル出場して3得点。高校3年生ながら、押しも押されぬアンクラスの攻撃の主力としてボールを追いかけています。

 高校の授業が終わったら、まずは女学院のグラウンドで自主練習。そして夕方になると女学院を離れ、18:50から始まるアンクラスの練習に参加します。勉強とサッカーの両立、そして遠距離を移動する遠征と、なでしこリーグでプレーする日々はハードな毎日と言えますが、「別にそれほどでもないです」とケロリと言えるのは、やはりサッカーが好きだからなのでしょう。

 初めて参戦する「MOCなでしこリーグ」には、次のような感想を持っています。
「自分の通用する部分と、しない部分が分かりました。通用しているのはドリブルかな。ゴールラインのところのドリブルとかは行けるし。課題は色々あるんですけれど、いつも言われているボールを持っていないときの動きが一番の課題です。なでしこリーグは当たりが強いし、寄せが早いから、モタモタしていたらボールを取られてしまうというのがあります。ここまでのプレーは物足りないです、自分的には。やはりシュートをして、もっと点を決めたいです」

 ゴール前では積極的に仕掛けるのが川村選手のプレースタイルです。
「得意なプレーはドリブル。ゴールラインのところをサイドから中へ入っていくドリブルです。それと左足のシュート。利き足は右足なんですけれど、大事なところでのキックは左足なんです。大事な試合とかで点を決められる選手になりたいですね」
 その高いテクニックは、「足元の技術は最高」と監督の折り紙付き。同時に、周りの選手との連携がいまひとつとの苦言も。本人も言うように、ボールを持っていないときに、どれだけ周りと絡めるかが、さらなる飛躍のポイントと言えるかもしれません。

 ピッチの上では厳しい表情と、鋭い視線でプレーするのが印象的ですが、ピッチを離れれば柔和な表情に。趣味はジグソーパズル。一言、一言、確かめるようにインタビューに応える姿。むしろ、おとなしいくらいに静かな雰囲気を持つ選手です。インタビュー中も、そのギャップに驚かされました。でも、取材中に何度も口に出てきたのは「ゴールを決めたい」という言葉。ゴールに対する熱い思いは誰よりも強いようです。

「辛いと思うことは色々あります、その時々によって。でも点を決めたときは最高。第5節の清水戦では久々のゴール(第1節以来)だったので、あの時は嬉しかったです。これからの目標は・・・、何度も言いますけれど、とにかくゴールを決めたいです」
そのゴールに向かう強い姿勢がゴールという結果に結びつくよう、是非、彼女に声援を送ってください。


 さて、話は変わって・・・
 福岡J・アンクラスが所属するMOCなでしこリーグ・ディビジョン2は7チームが参加。3回戦総当りのリーグ戦を行い、1位のチームはディビジョン1の最下位チームと自動入れ替え、2位のチームはディビジョン1・7位チームと入れ替え戦を行います。1巡目を終えての福岡J・アンクラスの順位は5位。しかし、上位との勝ち点差は、1位の大原学園と5、2位の新潟とは4、3位の千葉・市原、狭山とは1と、十分にディビジョン1昇格を狙える位置につけています。

 アンクラスの次節の日程は以下の通り。是非、足を運んで彼女たちに力を与えてください。

 7月16日(日) vs.バニーズ京都 12:00キックオフ 博多の森陸上競技場

コメント

先日、九十九里まで観戦に行きました。
川村選手は、光ってましたよ!

ドリブルうまいし、シュート前までのイメージもいいよかったですね。
要注目選手ですね

小学三年のころは?どこのチームに?     和白少年サッカークラブですか?

>こうた さんへ

コメントありがとうございました。
申し訳ありません。そこまでフォローしていませんでした。

さて、川村選手はU-20代表として、11月20日から始まるU-20女子W杯に参加します。L2で3年連続で断トツの得点王をとっただけではなく、毎年のようにスケールを大きくしていく川村選手の世界での活躍を楽しみにしたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。