「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCB ESCOLA FUKUOKA 開校

FCバルセロナの村松尚登スクールコーチとミニゲームに興じる子供たち。

 既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、9月1日から、スペインのサッカーの名門・FCバルセロナのサッカースクールが福岡県春日市(福岡県営春日公園球技場)に開校します。その名もFCB ESCOLA FUKUOKA(FCBエスコーラ福岡)。ESCOLA とは、サッカーを通じて少年少女に総合的な教育を提供するFCバルセロナ独自の哲学に基づいたサッカースクールのことで、スペイン以外の国に開校されるのは日本が6カ国目。日本国内では初めての開校になります。

 スクールを運営するのは、福岡生まれの人材育成・人材ビジネスの会社であるガーディアンシップ。バルセロナが地域に根差したクラブであること、その運営をソシオが支えていること、今年の欧州チャンピオンズリーグで優勝したメンバーのうち7人が下部組織出身であることなど、他の強豪クラブとは一線を画するバルセロナのあり方に感銘を受け、その中でも下部組織の教育を日本に持ってこれないだろうかと考えたことがきっかけになったそうです。そして、何回もバルサと打ち合わせを重た末、このたびの開校になりました。

U-8まカテゴリーの子供たち。スペイン語で話しかける村松コーチに、みんな嬉しそうな表情を見せていた。
U-10のセレクションを兼ねたミニゲームでボールを追う子供たち。最近の子供は本当に技術が高い。
 日本で行うスクールは、バルサそのものを日本のサッカー少年たちに体験してもらうことが最大の目的。したがって、スクールの開催日、開催時間はもとより、トレーニングメニューに至るまで、スペインで行われているエスコーラとまったく同じ内容で行われ、指導は、実際にバルサのエスコーラで指導をしているコーチ陣が日本に常駐して行うことになります。

 当初は2名のコーチに日本人スタッフがアシスタントとして付く予定でしたが、応募者多数のため、急きょコーチを3名に増員し、可能な限り多くの子供たちを受け入れる予定になっています。

 日本で開校するに当たっては、いくつかの候補地があったそうですが、ガーディアンシップが福岡生まれの企業であること、バルセロナは地域の力で成り立っていますが、福岡にも地域の力があること、地域の方が受け入れてくれたことの3つの理由で、福岡県で開校することになったそうです。また、今回のスクール開校に併せて、8月17日から2泊3日の日程で福岡で小学生を対象にしたキャンプが行われる予定で、優秀選手1名が本体のバルサエスコーラ選抜チームのメンバーとしてスペインの大会に招待されることが決まっています。

 そして、日本で指導に当たるコーチの1人である村松尚登コーチ(1996年からバルサ・エスコラ部門コーチ)は、「サッカーのレベルアップは、あくまでも目標のひとつ。バルサのサッカーを伝えることを通して、国際的な視野を広げたり、多くのことを学んでもらえる場所にしたい」と話します。スクールが開校するのは9月1日から。バルサが実際にどんな指導をしているのかは、スクールが始まってから、改めてみなさんにお伝えしたいと思います。

 なお、すっかり休眠状態に近くなってしまった2002world.comですが(汗)、FCBエスコーラ福岡の詳細については、近いうちにまた、そちらでレポートしたいと思っています。

U-12のセレクション風景。みんな真剣そのものだ。 こちらはU-12のセレクション。相手の体を抑える動きは見事。 こちらもU-12のセレクション風景。

コメント

わが家には運良く?小1の息子(しかもレフティー)がおりますので、時間、金銭面等の問題で今は無理ですが、3年生になったら通わせたいと思っています。

経営面なんかも心配だったんですが、しっかいした会社が運営されるみたいで安心して良いみたいですしね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。