「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇的な同点ゴールも・・・

好調をキープする岡本英也。スーパーサブに終わるつもりはないと話す。

 後半の20分過ぎから、田中佑昌のスピード、城後寿の前へ出るパワー、そして大久保哲哉の高さを生かして強引にゴールを奪いに行った徳島戦。最後は大久保の劇的なロスタイムの同点弾が生まれ引き分けに追いつきましたが、試合全体を見れば、やはり、課題は山積みの試合だったように思います。変化が見られた部分と言えば、失点をしても下を向かなくなったことですが、それ以外の課題は変わっていない。それが試合を終えての率直な印象です。

 今の福岡の状態を考えれば、守備的に試合を進めること自体はやむを得ないことだと思っています。ただ、そのやり方には大きな疑問を感じています。当たり前のことですが、試合に勝つためにはゴールが必要で、守備的に試合を進める前提として、奪ったボールをどうやってゴール前へ運ぶのかという手段を併せ持っていなければ、それは単なる引き分け狙いでしかありません。そして福岡の戦い方は引き分け狙いと言われても仕方のない戦い方。奪ったボールをチームとしてどうやって前へ運ぶかという手段がありません。

途中出場が続く高橋泰だが、今シーズンのアビスパのゴールの多くに絡んでいる。彼の力を有効に活かしたい。
せっかく獲得した新戦力の阿部も戦力として使いたい。
 もちろん、ミスが多くて自分たちでチャンスの芽をつぶしているという側面もあるのですが、奪った後にカウンターを仕掛けるのか、それともパスを繋ぎながらじっくりと相手の隙を窺うのか、チームとしての意図が見えません。

 これでは少ないチャンスを決めるどころか、そのチャンスさえも作れず、実際、栃木戦、徳島戦ともに、チャンスらしいチャンスは得点シーンだけ。結果として勝点を手に入れていますが、攻撃が機能しているとは言い難い状況にあります。

 また、徳島戦では、福岡に攻撃の意識があれば、前半でゴールが奪えるのではないかと思いながら試合を見ていました。徳島は3トップと両WBが高い位置へと出てきましたが、中盤にはボランチの2人しか残っておらず、奪ったボールを中盤で1度キープすれば、簡単に数的優位が作れたからです。しかし、攻撃に意識がいっていない福岡は、セーフティに前へ大きく蹴るプレーを選択。これでは相手の弱点はつけません。我慢比べの中で先制点を許してしまったことより、我慢比べの展開に自ら持ち込んだことに、私自身は問題を感じています。

 福岡が復調を遂げるためには、攻守に渡って内容の変化を見せながら、その上で勝点を奪うことが必要です。今のような、ただ勝点を取るためだけの、しかも自分たちでチャンスを作ると言うよりも、チャンスがやってくるのを待っているような戦い方では、結果が出たところで自信にはつながらず、どこかで敗戦を喫すれば、たちまち逆戻りしてしまいます。抱えている課題は簡単に解決するわけではありませんが、少しでもいいので変化を感じさせ、その上で勝点を重ねる試合をしてほしいと思っています。

チーム復調のためには全員の力が必要。柔軟な選手起用にも期待したい。 篠田監督は選手を集めい「もっとやれる」と話す。チームの戦い方を徹底することで力は倍増するはずだが・・・ 力が出し切れていない印象が強い大山恭平。がむしゃらにプレー出来るのは若さの特権。こじんまりとしたプレーは見たくない。

コメント

仰るとおり、今のようにただ勝ち点が転がってくるのを"待つ"だけのサッカーならば
意味が全くないと思います。
それならば一サポーターとして『内容に良い変化、兆しが見られた敗戦』の方を喜んで受け入れたいと思います。

ただそのためには監督交代は絶対にやむなしだと思いますが。

シーズン前から雁ノ巣で感じることと中倉さんのレポートとのギャップに大きな違和感を感じていましたが、すべてを伝えられないお立場というものをチーム状態がここまで落ちることによって皮肉にも理解できるようになりました。

ど素人の見方で申し訳ないのですがもし監督に確固たる戦術があるとすればプレゼンテーションの方法に問題があるのではないでしょうか。

週末の雁ノ巣はセットプレーの練習が多いのですが、プレーを止めてこうするべきだったというアドバイスはあってもこうしなさいという強い指示はあまりないように見受けられます。

そうするために選手を極限まで追い込むようなきびしい態度も感じることができません。ものわかりのいい兄貴はいるけれど生き方を教えてくれる強い親父はいない…下手な例えで申し訳ないです(笑)。

シーズン前の紅白戦でもいくらユタカが裏に抜けても判で押したようにジャンボへの放り込みばかり、しかもそこでプレーを止めないのを見てきっと彼がまだチームに馴染んでないからだと心に言い聞かせていました。

せめてそこだけでもきちんと整理してどう攻めるべきなのか決めてほしい。

選手の脳裏に具体的な像が浮かび上がるような言葉で理解できるまでしつこくリピートすること、原理原則がなければ選手同士の熱い議論など望むべくもないでしょう。

木曜日休みが取れたので、久しぶりに雁ノ巣に行きました。
中倉さんをお見かけしたので、日頃疑問に思っていることをお聞きしたかったのですが、声をかけられませんでした。
練習を見ながら、GMの言う監督の伸びしろにどれだけ期待できるか考えていましたが、よくわかりませんでした。
中学でサッカーを始めてから、ダイアモンドサッカーや日本リーグを見て育ち、日本サッカーの冬の時代を経験した私には、社長の言う2015年に期待するしかないのでしょうか(苦笑)

中倉です。みなさんコメントありがとうございました。

>hazaki さんへ。

熊本戦では、ようやく変化の兆しのようなものがかんじられました。監督、選手も口にしていましたが、「どんな内容であれ勝つことで生まれた状況」であることは間違いないと思います。ただし、対戦相手の順位や、それぞれのチームの状況を考えれば、喜んだり、満足したりできる内容ではないと思います。さきほど 更新したブログにも書きましたが、特に守備面の課題は変わっていません。
勝ちたいから手堅くやるのではなく、勝つために内容の変化を徹底して求める。それが、チームにとって一番大事なことであるという思いは変わりありません。
--------------------------------------------------------------------------------
>ハイブリッド さんへ

良く見ていらっしゃるなと思います。一言一句、その通りだと素直に思います。
間違いを指摘するだけではなく、チームとしての戦い方、言いかえればチームとしての原理原則を明確にすること。そして、そのためにどのようにボールを運び、どのように守るのかを徹底すること。それなくして、チームの復調はないと思います。
結果としてではありますが、4戦負けなしという状況は、多少は心にゆとりを与えるという作用は持っているはずで、いまはチームの原理原則を徹底するチャンスだと思います。この1週間で、とこまでそれを明確にできるか。それが今週のトレーニングのポイントだと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>dai さんへ

雁の巣へは、よほどの事情がない限りいますので、今度いらっしゃる機会がありましたら、是非、お声をかけてください。

さて、Jリーグはプロの世界ですし、勝負の世界ですから、伸びしろがあるのかどうかは、結果で示すしかありません。今の成績は批判されてもやむを得ないもので、伸びしろを示すためには、もっともっと改善しなければならないと言わざるを得ず、篠田善之監督自身がどれだけ変われるか、そして、フロント・GMが、それをどこまで後押し出来るかに全てがかかっていると思います。
苦しい状況にあるいま、チーム運営は簡単ではありませんが、少なくとも、トレーニングを見学したことたちが、次の試合に向かって期待が持てるような内容にしなければいけません。4戦負けなしで、多少は勢いが回復してきているはずですので、その勢いに乗って、いいトレーニングをしてもらいたいと思っています。

望んだ結果ではありませんが、今の福岡は底と言える状況かもしれません。でも、2015年と言わず、1日も早く期待が持てるゲームをしてほしいと思っています。組織の運営に長期計画は必要不可欠ですが、今日の戦いを勝てなければ明日がないのが勝負の世界だからです。思うようにいかないからと言ってリセットはできません。どんな状態でも目の前の試合に向かって必死で戦って結果を出すこと。それが成功を引き寄せるのだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。