「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南戦で求められているもの

本格的な夏の訪れを感じさせる雁の巣球技場で必死のトレーニングを積む選手たち。

 さて、明日は首位湘南とのアウェイでの対戦。栃木戦でひと息ついたものの、再び厳しい戦いがやってきます。C大阪に次ぐ55得点と、ベガルタ仙台に次ぐ27失点は、ともにリーグ2番目の成績。攻守ともに安定した、いまJ2で最も強い相手との対戦です。個々の選手の力量、チーム戦術の成熟度、監督の経験値、絶対的な外国人選手の存在、昇格にかけるモチベーションに高さ等々、今の福岡との力の差は大きいと言わざるを得ず、気持ちだけで勝てる相手ではありません。

 福岡に求められているのは、目の前の試合で勝点を積み重ねて帰ってくることですが、それ以上に、試合の中で何か変化を見せることが必要だと考えています。たとえ勝点を取ったとしても、変化を見せずに帰ってきたのでは、後半戦の戦いに何もつなげることはできません。栃木戦のように、ただ勝点を積み重ねるためだけの戦いをするのなら、それは直面している問題の解決を先延ばしすることでしかありません。

課題の修正に向けて積極的に支持を出す篠田監督。
課題は中盤の守備。どこまで修正できたかが湘南戦で問われている。
 では、福岡はどこに変化を見せなければならないのか。それは中盤の守備に他なりません。ファーストディフェンダーが素早くアプローチすると同時に、相手に厳しく寄せてプレーを制限すること。その動きに連動して相手のパスコースを消すこと。バイタルエリアにふたをすること。そして、攻守の切り替えを早くすること。今まで何度も指摘されてきた福岡の元凶とも言える課題を、個人の力ではなく組織の力として改善している跡を見せることが、湘南との戦いでは求められています。

 互いの状況からすれば、湘南が主導権を握る時間帯が長くなると思います。しかし、その時間帯を自陣に引きこもって守りを固めようとすれば墓穴を掘るだけです。苦しい時間帯も高い位置からアグレッシブにアプローチを仕掛け、それに連動して細かくポジションを移動させながら湘南の2列目からの飛び出しを防ぎ、そしてアジエルのプレーエリアを消すこと。うまくいかない時間帯もあるでしょうが、それを90分間に渡ってやり続けることが、この試合での一番の課題だと思っています。

 勝点を取らなければ福岡は前へは進めません。しかし、チームの戦い方をいまだに見せられていない中、目先の勝点に固執しすぎては事態は何も変わりません。18日に柏から阿部嵩の獲得(期限付き移籍)がリリースされましたが、チームとしてどう守り、どう攻めるかという形を作れない限り、補強の効果も十分には期待できません。急がば回れ。この1週間で準備してきたであろうことを試合で表現することこそが、福岡犀星への一番の近道です。何をどう変えて、どう選手に徹底してきたのか。篠田監督の手腕が問われる1戦でもあると思っています。

公式戦さながらの競り合いを見せる。湘南との戦いで求められているのも、この激しい守備だ。 出場機会に恵まれないが、FW人の中では、1、2を争うパフォーマンスを見せ続けている黒部光昭。公式戦で彼の活躍が見たい。 高橋はベンチスタートが続いているが、「これぞ高橋と」言うプレーで得点シーンに絡んでいる。彼に攻撃を託するべきだとも思うが・・・。

コメント

よしゃ。やったぞ。アビスパ福岡。

やったー。やったー。勝った。勝った。勝ったぞ。2点のビハインドを逆転したぞ。それも残り10分間で逆転だ。みんなよくやってくれた。ありがとう。

すごく気分がいいです。
やはり勝つことが大事です。
もう3位との勝ち点差を
計算してましたw
次もがんばれ!

はじめまして。全部逆にすればうまくいくということを証明したような試合結果でしたね。この監督につける薬はあるのでしょうか…。これだけの結果を突き詰めてもピンと来ないとなると考えものですね。

中倉です。
みなさん、コメントありがとうございました。徳島戦も終わってしまってタイミングが悪くて申し訳ありません。

湘南戦は、内容はともかく劇的な試合でした。そして徳島戦でも劇的な同点ゴール。少し流れが変わってきたようにも思います。ただし、攻守に渡って課題は少しも変わっておらず、チームの置かれている状況が厳しいことに変わりはありません。この3試合での勝点5という結果は、頑張ったことによるサッカーの神様のご褒美。それを単なるご褒美に終わらせず、変わるためのきっかけにするためには次の熊本戦で勝つことが最低条件だと思っています。

負けていないと言うことで勘違いするのではなく、自分たちの足元を見つめてトレーニングを重ねてほしいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。