「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は九州ダービー

ロングボールを競り合う大久保哲哉と長野聡

 鳥栖との九州ダービーに向けての準備に費やした1週間。福岡は前節から取り組んだ4-3-2-1のシステムの精度を上げることに重点を置いてトレーニングを積んできました。戦術上の問題を事細かに書くことは避けたいと思いますが、修正できた部分もあれば、見えてきた課題もあり、まだ十分にこなれているとは言えない状況にあります。しかし、新しいシステムが機能するためには、一定の時間が必要なのは覚悟の上。課題と付き合いながら、結果を求めるしかありません。

 鳥栖との対戦ということで考えれば、ハーフナー・マイクをターゲットにシンプルに蹴ってくるロングボールにどう対応するかが最大のポイント。絶対的な高さを持つマイクに競り合いで互角に渡り合うことは難しく、ボールの出し手のプレーを制限し、思うようなボールを上げさせないことが必要だと思います。ボールの取りどころと、プレッシャーをかけに行く場所とタイミングをどこまで明確にできるか。そこが勝負を分ける大きな鍵のひとつだと思います。

九州ダービーに向けてのトレーニングは、豪雨の中のインターバル走で始まった
激しい競り合いは、何としてでも苦しい状況を脱しようとする思いの表れ
 セカンドボールに対する対応もポイントのひとつ。ロングボールへの対応を怖がってラインを下げてしまえば、豊富な運動量を武器にする鳥栖に支配されるのは明らかで、かつ、2列目から飛び込んでくる相手を捕まえることも難しくなってしまいます。

 守備の安定のためにファーストディフェンダーを明確にすることに力を入れている福岡ですが、同時に、相手の中盤に対するマーキングを、誰が、どのように対応するのかを明確にしておく必要もあります。

 攻撃面で鍵を握るのは、2列目に並ぶ城後寿、高橋泰、田中佑昌の3人の動きにあります。自由にポジションチェンジをしながら、相手の背後に飛び出していくことが狙いのひとつですが、前節は互いの連携に課題を残したことに加え、鈴木惇が攻め上がったときにプレースペースがないという課題も見えました。昨日のトレーニングでは、3人の流動的な動きが感じられるようになってきましたが、本番でどこまで機能するかに注目したいと思っています。

 そして、最大のポイントは、全体の運動量、走る質、局面での攻防で相手を上回ることにあると考えています。いまだにチームとしての約束事が明確にできない部分を多く持つ福岡にとって、それをカバーするために、サッカーの原点ともいうべき部分を徹底して追求することが必要です。そして、特別な試合であるダービーは、結局のところ、その部分で勝った方が勝利を手にします。上手くいかないことに気を奪われるのではなく、泥臭く勝利を目指す気持ちを、体中から表現するような試合をして欲しいと思っています。

苦しい時こそ頼りになるのはベテランプレーヤー。久藤も一味も、ふた味も違うプレーが光る。 アレックスも好調をアピール。九州ダービーへの出場を狙う。 城後寿の攻撃的な特長を生かすのも、4-3-2-1の狙いの一つ。

【更新情報】  07.02 J's GOAL J2日記:福岡への恩返し

コメント

「J2日記;福岡への恩返し」 を読ませてもらいました。
熱いサッカーへの思いが伝わってきました。
Jアンクラスには是非とも念願のL1昇格をはたして欲しいデス!

「2009市民の集い」での想いを再び胸に刻ませて頂きました!!

明日のベアスタでは、どんな応援のしかたになるのかは、わかりませんが、私は私なりの応援をしようと考えてます。
いつかはアビスパが大きな舞台へ羽ばたくことを夢みて!!!

今日の紅白戦ではレギュラー組は失点を
繰り返したようです。。。
まだまだ時間がかかわるようですね・・・
(コーチのblogより)

明日は強い気持ちで戦ってほしいと思います。
絶対に走り負けるな!!

中倉です。
だ~るまさんがこ~ろんだ さん、SOCIOさん、コメントありがとうございました。

鳥栖は、J1昇格を具体的な目標として今シーズンをスタートさせました。そして、その力は十分に持っていると私は感じていました。唯一の問題はFWの軸がいなかったということ。それが序盤戦の低迷につながったわけですが、ハーフナー・マイクの補強に成功した今、鳥栖は順位以上の力を持っていますし、それが、彼らの本来の力だと私は思っています。

そんな鳥栖に対して、福岡はいくつもの課題を抱えたままで戦わなければいけません。しかも勝利が必要です。かなり難しい試合になることは明らかで、その中で結果を手に入れるためには、いま出来ることを最大限に発揮すること、そして、みんなの持っている力を結集することしかありません。

サッカーの原点である走ること、1対1の局面で負けないこと、福岡に関わるすべての人の思いを、それぞれの形で表現して全員で鳥栖に立ち向かうこと。それが今日の試合に勝利するための必要条件だと私は思います。とにかく、絶対に勝利するという気持ちが伝わってくる試合をしてほしいと思っています。

昨日の、ベアスタのゴール裏で、試合後、悔しさと情けなさで、しばらく動けませんでした。
岸野監督の、サガンがアビスパを超える日がついに来た。
クラブの歴史が変わったとあそこまでいわれてしまいましたが、現状はそのとうりの試合でしたね。
確かに、15分くらいは良かったし今日はやれるんじゃないかと思いましたが、そこまででした。
私には、気持ちや運動量、戦術すべてにおいて
負けているように感じられました。
0-2で、負けていてなぜハーフタイムに交代のカードを切らないのでしょうか?
なぜ高橋選手があそこで交代なのでしょうか?
守備を任されたボランチが、なぜだらだらと歩いて守備に帰り、その状態を放置するのでしょうか?
しろうとの私には理解できません。
専門家の立場から見たらどうなのか教えていただきたい気持ちです。
俺たちのアブスパを返せと誰かが叫んでました。
サガンはいまだに専用の練習場がなく、北部グランドのクラブハウス(の様なもの?)は工事現場のプレハブみたいな建物です。
2007年の人件費は3億8000万円に対し
アビスパは6億7000万円です。
200万人の周辺人口を持ち、専用の球技場と練習場とクラブハウスを持つチームがJ2で下位に
低迷し、誰も責任を取らないし、試合後の監督や選手のコメントからは、悔しさや、危機感を感じられまい今、私たちサポーターに出来ることは何があるのですか?
私たちの悔しさや情けなさをどうしたら伝えられ
るのですか?
アビスパの無責任体質はどうしたら変わるのですか?
どうか教えてください
(長文失礼しました。)

ただただ、何も進歩していない、何も修正できていないと感じさせる試合でした。
(こう思い続けてもう何十試合経ったわけですが)

中倉さんのコメントにもあるように監督は色々狙いを持って練習させていることは間違いないのでしょう。
ただ試合中の少しの状況の変化でそれが簡単に無に帰してしまうのは、
試合を想定していない練習である証拠なのも間違いないでしょう。

確かに昨日はいつもよりは少しは気持ちを見せてくれました。
ただそれも、まず確固たるチーム戦術、基礎があっての話なのは言うまでもありません。
鳥栖がとても優れていたとも思えません。
ただ普通のことさえ出来ない、チームとして大きな欠陥があるアビスパがJ2の中でもかなり劣っていることは確かです。

あと何十試合こういう思いをしなくてはならないのでしょうか。
クラブのTOPに一番大きな責任があるのは当然でしょうが、
チームを任せられたからにはチームのTOPも責任を取るべきでしょう。
こんなにも何も出来ないのならば。

どんな時でもスタには通うと誓った一人の知人は1人2人と減ってます。
自分自身の心も折れそうで辛いです。
せめて来シーズンのためにも、クラブは一刻も早く決断を下すべきです。

中倉です。コメントありがとうございました。

鳥栖戦を見て感じたことは、新たにブログにして書きました。悔しく、情けなく、残念で、いろんな思いが入り混じった感情は一言で表すのは難しいですが、結局のところ、そういうチームになってしまったということを受け止めるところからしか、再生の道はないと感じています。
その上で、まずはチームの戦い方を明確にする作業から始めなければいけないと思いますが、それはすぐに変化が見られる作業ではなく、一定の時間は覚悟しなければいけないと感じています。

それでは夢も希望もないではないかという意見はあると思いますが、現状を劇的に変化させることは難しく、また特効薬もありません。フロントにしても、何か手を打ちたくても、手が打てないのが現状なのではないかと私は思っています。「今からでも何か手を打つべきだ」という意見はもっともですし、私もそう思いますが、チーム編成に関しては手をつけられないというのが現状なのではないかと感じています。

そんなクラブが打つべき手は、まずはチームマネジメントの方法に関して、現場と忌憚のない意見交換をすることではないかと思います。誰も手を抜いているわけではありませんが、一向に改善の気配が見えてこないという事実は、現在のチームマネジメントが正しくないことを物語っています。それは、監督、コーチに十分な経験がないことからくるものではないかと私は思っていますが、その部分について、遠慮せずに意見をぶつけ合うことで、現在の問題点を浮き彫りにして、対応策を練ることは可能だろうと思います。サッカーの質云々よりも、チームマネジメントの部分を改善するだけで、かなりの効果はあると練習を見ていて感じます。

また、クラブの運営という観点からみれば、やはり、福岡が抱えている構造上の問題を改善する以外にないと私は考えています。
アビスパ福岡は民間企業ですから、本来は、経営者がいて、その人の理念や活動方針に理解を示す人たちが株を持ったり、スポンサーになって会社を支えると言うのが正しい姿だと私は思います。しかし、現実は、アビスパ福岡には経営者が存在しておらず、そのため株主が経営者を派遣しています。当然のように、派遣された役員は株主の意向に沿って経営するわけで、株主総会で役員の留任が決定されているという事実は、株主が今の状態を受け入れているということを意味しています。

以前のコメントでも書きましたが、あるべき姿を言えば、経営を民間の手にゆだね、株主、スポンサーの皆さんには、今まで通り支援を続けていただくということだと思いますが、口にするのは簡単でも、すぐに実現できるような問題ではありません。どうしたら、そういう方向へ行くのか、どうしたら、アビスパ福岡に関わる人たちの思いを伝えることが出来るのかと私なりに考えていますが、申し訳ありませんが、答えは簡単には出せません。

クラブの運営上の問題点も、チームが抱える問題も、簡単には解決はしないと思います。時間もかかりますし、それまでの間、我慢も必要です。そんな現状に、チームを応援する気持ちが薄れてしまう人たちがいることを私は否定できません。アビスパ福岡はプロサッカーチームですから、夢を伝えられないのであれば、観客が離れていくのは当然のことです。1人でも多くの人にアビスパを支え続けてほしいと願っていますが、いまのクラブ、チームの現実を見れば、離れていく人がいるのも理解は出来ます。

でも、それはフロント、クラブ職員、チームが引き起こしたこと。自分たちの行動が原因で引き起こした事態であるのなら、福岡はそれを受け止めるしかないと思います。その上で、どう這い上がるか、それがクラブに問われているのだと思います。

ただ、福岡にあるチームを、福岡の住む人が応援しなかったら、誰も応援しないということも、また事実です。
私事で恐縮ですが、私は福岡に住む人間として、福岡にあるチームを応援したく、1人でも多くの人たちに地元にプロサッカーチームがあることの素晴らしさを伝えたく、25年間勤めた金融機関を退職してライターを専業にしました。いまは辛い思いに押しつぶされそうになることもありますが、その思いだけは、どんなことがあっても変わりません。
ですから、私はこれからも、変わらぬ思いで練習場に通いますし、アウェイ取材も続けますし、ずっとアビスパを見続けます。それが私に出来ることだと考えるからです。いまの私に言えることはそれだけです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。