「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム変更も・・・



 東京V戦で取り入れた4-2-3-1のシステムは、機能したところもあれば、上手く回らなかったところもあり、結局、勝利を呼び込むことはできませんでした。選手たちは個々の役割がはっきりしたこと、シンプルに攻めるという約束事が出来たことで、やりやすさと手応えを試合前に口にしており、本番でどこまでやれるかに注目していましたが、苦しい状況が変わらなかったばかりか、閉塞感を覚える試合でした。

 暑さと連戦の疲労で東京Vが本調子ではなかったとはいえ、守備面では改善点も見られたように思います。この日の狙いは、2列目の両サイドにファーストディフェンダーとしての役割を与えることで、これまで不明確だった守備における最初のアプローチを明確にし、その動きにボランチとSBが連動してサイドへ追いこんでボールを取るというもの。立ち上がりの時間帯は、プレスを避けて大きく蹴ってきたボールを最終ラインで奪ったり、狙い通りにサイドで囲い込むシーンも見られました。

 ただし、攻撃には大きな問題が残りました。攻撃における狙いは、中盤で手間をかけずにシンプルにボールを前線に預け、大久保哲哉を起点にして2列目の3人がポジションチェンジをしながら、相手の最終ラインの裏へ飛び出していくというもの。しかし、2列目の3人は積極的にポジションチェンジする姿勢も、裏へ飛び出していこうとする動きもなく、後方から大久保にボールを集めようという意識も徹底されていなかったように思います。

 また、試合後に鈴木惇が「迷っていた」と口にしたように、ボランチの役割が徹底されていなかったことも大きな問題でした。狙いとしては丹羽大輝が中盤でのつぶし役、鈴木がボールを配給する役を担うはずでしたが、奪ったボールが集まってきたのは、むしろ丹羽の方でした。

 上手く出来なかったことよりも、やるべきことをやろうとしなかった姿勢に大きな失望を感じています。中2日のトレーニングでは準備不足があったとはいえ、選手たちにとってはやりやすさを感じていたはず。やろうとして失敗したのならともかく、失敗を恐れているかのように動き出さない。ゴールへシンプルに向かわない。これでは、いくらトレーニングを積んでも同じことです。やることを明確にしたにもかかわらず、それを徹底して実行できない。この姿勢こそが福岡の最大の問題のように思います。

 次節の鳥栖戦に向けて、新しいシステムの問題点を整理することはもちろんですが、それを試合の中でやり切るメンタルがなければ結果は同じこと。現在の状況は自らが引き起こしていることであることを強く認識して、1週間を過ごしてほしいと思っています。

コメント

誰が言ったかはともかくとして「やりやすい」結果がアレだとしたら皮肉でしよね。
もともと戦術理解に乏しい選手が多い上に、指導者も策がないんじゃ‥。
篠田にしても選手にしても、発せられる言葉が軽くて内容も薄いと前から思ってる。プレーもまた同じですね。

選手達が動けないのは、やるべきことをやろうとしなかったとありますが、
個人的には『この時点で何をしていいのか分からない』
ほど戦術、というよりもっと根本的な約束事が曖昧なせいなのではと感じます。

スタジアムで見てると、そこに走りこむべきなのに、こう動けばいいのにと当たり前なことがどうも徹底されてないように思えます。

以前オシム氏の練習風景を少しTVで見た事ありますが、『こんなに細かいところまで』と思えるほどの指導をしていたのを覚えています。
やはり指導者として一年生の篠田監督は仕方のないことなのかもしれませんが力が足りないということなのでしょう。

GMはサッカーにおいて監督の責任と役割は重大なものがあるのは分かっているはずでしょうけど・・・。
「昇格を目指し、且つ監督のこれからの伸びしろを期待する」
J2リーグを舐め、サポーターのみならずもはやサッカー自体を馬鹿にしているようにしか感じません。

小川久範の記事、良いですね。
彼みたいに若くして夢断たれた者のためにも、今プレーできている選手は奮起してもらわないと。

今週末のダービー・・・怖い気持ちがつのってます。こんな気持ちになったのは初めてです。

例年なら、わくわくしながらスタジアムに向かうのに、選手の気持ちは整理がついているのか、システムは修正できているのか不安でたまらないです。  

向かう目標は皆、同じなのに そこへ辿り着く為のやり方がバラバラで結果に繋がらない感じ。
どんな形でもいいから勝ってもらいたいです。

中倉です。

皆さん、コメントありがとうございました。毎度、毎度のことでレスが遅く申し訳ありませんが、せめて、試合が始まる前に(汗)と思い、書き込みしています。

確かに、試合前に「やりやすい」と言っていた結果としてはさびしいものでした。狙い通りに守れたのは最初の15分まで。相手に慣れられてしまってからは、大久保哲哉の両サイドに出来るスペースを起点にされて、自由にボールを回されていました。攻撃面で前へ出るパワーが出ないのは相変わらず。緩急やリズムの変化をつけられないことが、依然として課題だと思います。

hazakiさんがご指摘の通り、「根本的な約束事が曖昧」というのが、チームが勝てない最大の原因だと私も思います。厄介なのは、問題がそれだけにとどまっていないということですね。
詳しくは書くことはできませんが、この日の試合に備えて、具体的な決めごとをいくつか設定し、それをトレーニングの中で確認していました。複雑なものではなく、意識さえすれば出来る簡単なことで、それをするからこそ、この日の試合はシンプルになるだろうし、選手たちのやるべきことが整理されてと私は見ていました。
ただ、本番の試合では、それをやろうとしている姿が見えたのは立ち上がりの15分ほど。相手にペースを握られてからは、そんな約束事は全くなかったかのようになってしまいました。

チームとしての根本的な約束事が設定されていないことに加え、ほんの少しでも余裕がなくなると、決めたことも実行できない。かなり、ややこしい問題だと感じています。

私が見る限り、チームとしてやりたいことは篠田監督の中で整理されていると思います。それを伝えようとする努力もしていると思っています。ただ、それが伝わっているかと言えば、やはり伝わっていないと言わざるを得ず、選手たちは共通のイメージを描けていないのではないかと感じています。

「経験不足」という言葉で片づけてしまうと、誤解を招く危険性もあるのですが、一言でいえばそういうことだと思います。サッカーの監督ということではなく、組織を束ねる管理者としての経験が足りないがゆえにぶつかる壁。管理する側に立つようになった者が必ずぶつかる壁で、超えなければいけない壁です。
一般的に言って、それを自分1人だけの力で超えるのはかなりの困難と時間が伴います。ですから、管理者としての経験をほとんどと言っていいほど持っていない篠田監督にチームを任せるのであれば、誰かが「気づき」に対するヒントや、具体的な手法についてアドバイスする必要があります。しかし、それが出来ていない。そこに大きな問題があると私は考えています。厄介な問題です。

さて、そんな中で迎える鳥栖との九州ダービー。J's GOALのプレビューにも書きましたが、相当厳しく、難しい試合になると思います。昨年も難しい状態で鳥栖とのダービーの初戦を迎えた時、私は「かなりの確率で敗戦もありうる」と覚悟して試合に臨みました。ダービーで、そんな覚悟をして臨んだのは初めての試合でした。
そして今日、その時よりも状況は厳しいと感じています。その上、今日の試合結果は、これからの戦いに向けて非常に大きな意味を持つとも感じています。
ですから、内容度外視で、とにかく勝利が欲しいと思っています。ただ、ただ、記者席から念を送るだけです。

>豹牙 さんへ

小川久範の記事の件について、ありがとうございます。
ゆっくりと話をしたのは初めてでしたが、彼の言葉のひとつ、ひとつから、彼の情熱が伝わってきて、とても楽しく、自分自身も気づかされることが多い取材になりました。
彼には、指導者として必ず成功して、いつかはアビスパの力になってくれることを願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。