「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大のポイントは試合の入り方



 小倉からフェリーを利用して松山にやってきました。松山観光港に到着したのは朝の5:00。日帰り入浴で温泉をゆっくりと楽しんだ後、現在、一番の中心地である大街道商店街のマックにいます。先日、ヨドバシカメラのワイヤレスゲート(月額380円で無線ランが使い放題)に加入したこともあって、私にとってのマックは電源が使え、ネットもつながり、さらにはJALのクーポン券が使えるという三拍子そろったお店になりました。

 さて、本日はJ2第22節。相手は4戦勝ちなしと調子を落としている愛媛ですが、第1クールでは勝利したものの、後半は一方的に押し込まれた相手。また、福岡にはアウェイのデーゲームの試合の入り方が悪いという課題もあり、決して簡単な試合ではありません。とは言え、仙台戦の勝利を意味あるものにするためには連勝が絶対条件。ホームで待つサポーターのために、愛媛、甲府と続くアウェイ2連戦で勝点を落とすわけにはいきません。今日も勝点3以外はいらない試合です。

 愛媛は、早めに前線にボールを送り、そのこぼれ球を拾って、両サイドのMFが中へ絞って攻撃を仕掛けてくるのが特長。福岡にとっては、ラインの背後に蹴ってくるボールへの対応と、中盤で横谷と大山を自由にさせないことが大きなポイントになります。基本的には守備ブロックを形成して守ることになると思いますが、まずは、ファーストDFがボールホルダーに対してプレッシャーをかけなければいけません。福岡の守備では一番曖昧な部分ですが、この部分がどの程度まで改善されているかが、勝敗のカギを握っているように思います。

 攻撃面で譲れないのは先制点。現状では、先制された相手を逆転するのは非常に難しいと言わざるを得ず、落ち着いて試合を進めるためには、どうしても先にリードする必要があります。そして欲しいのが2点目。どの試合でも福岡がリズムを握って攻める時間帯がありますが、その時間帯を有効にな活かせないことが、終盤に相手の猛攻にさらされる原因にもなっています。手数をかけるのではなく、シンプルに、そして早くゴール前に行くことを意識したプレーを見せてほしいと思っています。

 そして、最も注目されるのがゲームの入り方です。観客がそれほど多くなく、味方も、相手も含めてサポーターの声援が大きく響かないスタジアムでは、試合の入り方が悪いのが福岡。これこそ意識の問題であって、まさに福岡の課題の根源とも呼べる部分だと感じています。ただし、自分に言い聞かせるだけでは何も変わりません。意識を変えると同時に、それを具体的にプレーに落とし込むことが必要です。チームも選手も大きな課題として認識している部分だけに、今日は変わったところを見せいほしいと思っています。

コメント

ご指摘のとおり、試合の入り方に問題がありましたが、監督のゲーム中での試合プランが見えないのは、なぜだと思われますか?中盤の選手の力不足なのでしょうか?

中倉さんが懸念している点が全て的中してしまいましたね。

さて、やはりこの試合でも今までと何も違わず、進歩のないまま敗れてしまいました。
試合前のインタビューで田中選手は「ファーストDFがはっきりしない」
と言っていたようですが、もう何がなんだか分かりません。

雁ノ巣での日々のトレーニング、練習の結果をぶつけるレベスタでの公式戦、これらは何のためにあるのかと悲しくなってしまいます。

叶わぬ事とは重々承知ですが今からでも監督の入れ替えがあればなあともう願わずにはいられません。

いつの間にか、こんな弱いチームに成り下がったなーと思いながらメインスダンドのアウェー側で観戦してました。

動かない、動けない、プレス行かない、プレス行けない、後半風上になってもミドルシュートも1本しか打たない、シュート意識の無さ、相手DFが完全にもどりきるまでのチンタラした攻め、

これぞまさしくダメチームの見本。
単身赴任の地で勝利がほしかった。

中倉です。コメントありがとうございました。

 フェリーによる0泊3日の旅は、ただただ疲れました。歳を考えて2等寝台をとり、温泉やサウナで体を休めながらの遠征でしたので肉体的には問題はなかったのですが、精神的には相当な疲労をため込んだ遠征になりました。松山まで足を運んでくれたサポーターにとっても「きつい試合」だったと思います。

>どんどこどん さんへ

試合プランが「相手の特長を考えた上でどう戦うのか」という意味だとすれば、残念ながら、今はそれ以前の問題だと言わざるを得ません。ここまでの試合を振り返ると、とにかく走らない、凡ミスを繰り返す、リードされると明らかに精神的に落ちるというのが福岡で、これでは相手と戦える段階ではありません。試合プランがあっても、それを表現する以前のところでやられています。愛媛との試合は、その典型的な例でした。相手がどうのこうのという前に、サッカーの試合になっていませんでした。

また「チームとしての形」という意味であれば、目指す形がないのではなく、それを実行するための具体的な約束事が徹底されていないということにあると思います。

中央に楔を打ち込みながら、相手の両サイドに出来たスペースで数的有利を作ってサイドから攻め、相手の背後を突いてゴールを狙うというのがチームとしてやりたい戦い方。守備面では高い位置でボールを取りきって、素早く攻撃に転じることを目指しています。けれど、それを実行するためにどうすればいいのかという具体的な約束事が徹底されていないということだと思います。

そして、最大の問題点は、やはり中盤の力不足だと私は思います。その負担をFWとDFがかぶり、攻守ともに機能しないというのが現状だと私は考えています。とにかく守れなさすぎます。勝負事の基本は守ることですから、それが一定レベルに達していないのであれば、もはやどうすることもできません。加えて走る質が悪すぎるのも大きな問題のひとつ。あれだけ動き出しがなければ、チームが連動することなど到底無理だと思います。

ではどうするか。
ただ力不足だと嘆いていれば、残り試合で延々と同じことを繰り返すだけです。出来ないのであれば、違う戦い方を選択する必要もあるのではないでしょうか。横浜FCとの戦いは決して内容がいいとは言えませんでしたが、シンプルに、そして、それを徹底して繰り返したことで勝利を掴めました。あの試合での戦い方が、当面のヒントになるように私は思っています。

さて、そうは言いながら矛盾するようですが、チームはさらにそれ以前の問題で、いまは組織として成り立っていない状況にあると私には見えます。この状況で補強をしたとしても、その効果は疑問だと思います。
hazaki さんや、sueパパ さんがご指摘のことは、選手たちも非常によく理解しています。人に指摘されるまでもなく、反省として必ず口に出しますし、トレーニングでもそれを意識しています。けれど、まったくできない。それが現状です。

ファーストDFがはっきりしていないというのは、開幕前からの課題で誰もが口にすることですが、はっきりしていないのならば決めればいいだけのことですし、監督の指示が分からないのであれば、聞けばいいだけのことです。選手同士はよく話し合っているようですが、それが形にならないどころか、何かを変えようとしている気配さえ感じられないのが現状です。分かっているけれど上手くいかないというのはあり得ることですが、22試合を過ごしてなお、やろうとすらしていないというのは、どうにも私には理解が出来ません。

個人のやる気の問題とか、個人の意識の問題もあると思いますが、原因はチームマネジメントが出来ていないということに尽きると思います。いまは本当にダメなチームになってしまいました。ただ、ただ、残念でなりません。今は、どうしたらチームが機能するかということよりも、どうしたらチームが戦える状態になるのかに力を注ぐべきだと思います。プロの集団に対して、そんなことを考えなければならないのは情けないですが、チームマネジメントが出来ているとは言えない状況の中では、そこから始めるしかないと感じます。

長旅お疲れ様でした。

ヒントとして横浜FC戦をあげていらっしゃる様に、いい加減に「ポゼッション」という幻想と決別すべきだと思います。
仙台戦で掴んだ勝利も、結果としてポゼッション出来ず、カウンターにかけるしかなかったところが吉とでました。

チームマネージメントが出来ていない、戦うチームとしてとてもオーガナイズされているとは思えない状況は明らかに監督、コーチ陣に非があります。
スカパーの解説者にも毎節毎節同じ欠点を指摘され続けています。
クラブ事情として代える事が出来ないのならば、恥を忍んで、選手達に頭を下げて戦い方をはっきりと変えるべきでしょう。

SBの裏が狙われているわけですから、この点を対処しない限り、また同じ試合を見せられそうです。
連動性がない状況ですので、SBのオーバーラップを禁止し、チームをコンパクトに保つことを最優先として、ラインを統率することに心血を注いでほしいです。そうすればバイタルが空くことも少なくなると思います。

中盤の力不足を嘆いておられますが、それよりもサイド(特にSB)の力不足を先に嘆くべきでは?
どうせCBとして使わないのであれば、丹羽選手をSBとして使ってもいいんじゃないですかね。

kippeiさんに同意です。
まず根本的にSBの運動量が絶対的に足りないと感じます。
4-4-2におけるこのポジションはタフでないと到底務められません。

それなのにタイミングの非常に悪いオーバーラップ、
雑なパスや無理なシュートでボールを簡単に失い、
あがったらあがったままの守備意識の低さ…。

それ以前に攻撃にも守備にも全体の連動性を全く感じないという異常な問題があることは確かですが、
SBのオーバーラップを禁止にしろというのはベターな選択だと感じます。
そうすればカウンター攻撃に意識を集中できる利点もあると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。