「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのホームでの勝利に



 喜ぶというよりも、まずはホッとした。これが仙台戦を終えての率直な感想です。試合レポートについては既にJ's GOAL に掲載してありますが、時には大久保哲哉が最終ライン近くまで下がって守るという守備の意識の高さが生んだ勝利。そして、いろんな要素が福岡に有利に働いたゲームだったように思います。仙台の悔やまれるミスは、エリゼウの足元に縦パスを入れたことと、目の前に落としさえすれば決まった中原のヘディングシュートの2つ。サッカーは内容と結果が必ずしも一致しないスポーツですが、今回は福岡に有利に働いたということだと思います。

 もちろん、「棚からぼた餅」などという言葉は現実にはほとんどないわけで、試合を有利に運ばせたのは、福岡の選手が頑張りを見せたからに違いはありません。不格好でしたし、目指すサッカーとは大きくかけ離れたサッカーでしたが、いまの福岡の力を考えれば、当面は、こういう戦いを続けながら勝点を積み上げていくしかありません。それを考えれば、現時点の力は発揮できた試合だったと思います。

 ただ、これで福岡が抱えている問題が解決したわけではありません。2か月ぶりにホームでの勝利を挙げたことで精神的には楽になった側面はありますが、中盤が機能しないという根本的な問題に解決の糸口は見えず、相手が3-4-3の布陣に変更して前がかりになった途端に守備組織がまったく機能しなくなるなど、守備面での問題点も相変わらずでした。ホッとしたものの素直に喜べなかったのは、こうした事情があったからでした。

 それでも、勝点3はチームにとって最良の薬。問題の解決に向けて、より積極的な姿勢が生まれることを望んでいます。この2ヶ月間、選手たちはいろんな機会を見つけて話し合いをしてきたようです。けれど、自己を主張する姿勢、相手に求めているものを伝える姿勢を、もっと、もっと強くしなければいけないのではないかと感じています。サッカー観は人それぞれ。解決の方法もひとつではありません。それを踏まえた上で、チームとしては、どの方法を選択するのかを明確にする必要があると思っています。

 幸い、今週も次の試合まで1週間のインターバルがあります。過密日程が続くJ2では、時間をかけて調整できる数少ない機会です。仙台戦を整理して、全員の力を合わせて課題の解決に取り組んでほしいと思っています。

さて、昨日「ファン・サポーター意見交換会」に行ってきました。そちらについては、また後ほど。

コメント

残念ながら直前で昨日の「ファン・サポーター意見交換会」には行けなかったので気になってしょうがない。
早く内容を知らせてくださーい(笑)

それはそうと、ACLの結果待ちでボランチの補強とか聞きましたが、ボランチならばそんな付け焼刃の補強よりお金もかからないうえ情熱を取りもどす最強のカードがアビスパにはあるじゃないですか!

布さんの復帰、今こそ最高のタイミングだと思うのですが……。

まず先日の私が書き込んだことに対して謝罪をしたいと思います。仙台には勝つことはできないと書き込んでしまったことに対して素直に謝ります。
今の状況を考えれば仙台有利ということは言わざるを得ない状況でしたが選手達はそれをプレーで跳ね返してくれました。きれいなサッカーではなかったけど一生懸命ボールを追いかけ体を張ってゴールを守って虎の子の一点を守りきった姿には感動すら覚えました。
まだなだ厳しい状況は続くしこれで何か解決したわけではありませんがこれをきっかけにチームが前に進んでいってくれればと思います。次節の愛媛戦が非常に大事になると思います。しっかりと準備して久々に連勝してもらいたいです。

最後はフラフラになりながらも手にした勝利でした。
選手もサポーターもほっとした表情を見せているのが印象的でした。

この試合でもやはり試合内容に良い兆しを見つけることは出来なかったですが、
・長野聡のパワー
・高橋泰のセンス
の二つが勝利をギリギリで呼び込んだと感じました。

長野選手のクサビを潰す働き、1対1で要らないファールを犯さず押さえ込んだ働きはすばらしいものがあり、期待していた選手だけに嬉しくなりました。
また高橋選手には攻守共に他のFW陣にはない一流のセンスを感じました。

しかしレポにもあるように内容として改善されている点は少ないです。
仙台がフィニッシュのギリギリまで細かいパスにこだわり続けたから助かったものの、シンプルな裏へのボールを増やされてたら恐らくやられていたでしょう。
それにあの決定的ピンチは1失点と換算して反省すべきところだと思います。

中盤の選手を補強する話があるようですが、
ただの浪費に終わるのではないでしょうか。
まず手を付けるべきは組織的な動きの徹底でしょう。

中倉です。

いつも熱心なコメントをありがとうございます。せっかく仙台戦に勝利したにもかかわらず、その後3連敗と流れは全く変わっていません。この勝利をきっかけに出来ればと思っていただけに、その後のふがいない戦いには頭を抱えています。

補強についても、仙台戦終了時点では、出来るのなら早くした方がいいと感じていましたが、今のチーム状態を見る限り、補強をしても状況は変わらないように感じています。今は補強に労力を使う時ではなく、チームをまともにマネジメントすることに全力を注ぐことが先決のように思います。それが出来ずに補強をしたとしても、おそらく、結果は何も変わらないと思います。まずは、チームとして成立させること。それが一番の課題だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。