「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化が見たい仙台戦



 さて、今日はは仙台戦。プレビューについては、J's GOAL に掲載してありますので、そちらもご覧いただければと思います。

 思うように勝てない現状の中で、少しずつトレーニングに変化をつけながら、チームは1週間のインターバルを有効に過ごせたと思います。けれど、様々な問題が絡み合っている現状では、1週間のトレーニングで劇的な変化が生まれるわけではありません。少しずつ、少しずつ、辛抱強く前進すること。監督も、チームスタッフも、選手も、そしてサポーターもしんどい状況が続きますが、今は、それを続けていくしかないと思っています。

 しかし、だからと言って同じ戦いを繰り返していいというわけではありません。結果に表れる変化は少しずつかもしれませんが、自分の意識を変えればすぐに実行できる部分については劇的に変化させる必要があります。それがなければ、少しの変化さえも生まれず、ただ時間だけを使って同じことを繰り返すだけです。勝利を目指して戦うことはもちろんですが、意識の部分での変化をどこまで見せられるかが仙台との戦いでは最大のポイントだと私は考えています。

0906122.jpg
0906123.jpg
「内容も、闘争心でも、福岡は負けていないよ、互いの力に差はないよ、という試合を見せないと先につながらない。見てくれている人たちが、そういうものを感じられるようなサッカーを仙台との戦いで見せたい」。J's GOAL でも紹介した吉田宗弘のコメント通りの戦い方を見せること。それがまずは求められています。

 バランスを整えること、互いの連携を築くこと、チームとしての約束事を守ること、そして、それぞれのサッカー観を表現することは、サッカーにおいては大事なことです。しかし、それ以前に、ボールを全力で追いかけることが出来なければ、そうしたものは何の役にも立ちません。

 ボールを持っている相手には喰らいつく。自分が奪われたボールは自分で奪い返す。ボールを持ったら前を向く。そして、ボールを持っていない選手はスペースへと走り出す。サッカーの原点を表現してほしいと思っています。

 当たり前のことを、当たり前にやる。いま福岡に求められているのはそういうことです。「当たり前のことを、当たり前にやるのが難しい」とよく言われますし、それは真理でもあります。しかし、いまは「当たり前のことを当たり前にやれないことの情けなさ」を感じない限り、変化は生まれないと思っています。
 そして、結果云々ではなく、ホームで声援を送る多くの人たちに情けない思いをさせないのもプロとして当たり前の姿勢。私はそう思います。

0906124.jpg 0906125.jpg 0906126.jpg

コメント

本当にね、いいかげん情けないと思わないでいい試合が観たいものです。

先日も雨の中、楽しそうな笑い声が聞える練習風景を観ましたが、なんだか複雑な気持になったものです。

こんなんでいいんやろか?って……。

やった。仙台に勝ったぞ。

やったー。やりました。よかった。よかった。仙台相手に失点なし。勝ちました。本当に久しぶり。足取りも軽く帰宅しました。選手のみんなよく頑張ってくれました。明日の新聞が楽しみです。次は連勝だあ~。

そろそろ研究されそうではありますが、でも辛抱強く今のサッカーを継続し、精度を上げていってほしいですね。
個人的にはですが、ゴールに繋がった理由は、パスカットしてから相手よりも一足早く切り替えが出来たからこそだと思います。こうした経験の積み重ねにより、選手達のシンキングスピードが向上していくわけですし、それにより狂っていた歯車も少しずつ改善されていくのではないでしょうか?
甘い???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。