「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡の現状



 直接的な敗因は2失点の仕方でした。1失点目は状況判断の甘さが、2失点目はぬるすぎる中盤の守備が原因。厳しいようですが、どちらもプロとしてはあってはならない失点で、どんなゲームをしようとも、あんなにあっさりと点を許していたら絶対に勝てません。しかも、同じような失点を2年前から繰り返し続けていることに問題の深刻さがあります。誰もが分かっていることなのに一向に改善の兆しが見えない。チームとして成り立っていないと言わざるを得ません。

 内容という点でいえば、試合の進め方にも疑問が残りました。福岡の現状を考えれば、前に強く、ロングボールに弱い草津に勝つためには、背後を効果的に突くという以外に勝機はないと私自身は考えていました。実際、ロングボールをシンプルに入れる戦い方は非常に有効だったと思います。しかし後半、特に1-2となってからは、選手たちは自らボールをつなぐことを選択し、奪ってから速いという草津の特長を引き出してしまいました。この辺りにも流れを読めない稚拙さを感じています。

 では、選手たちに戦う気持ちが感じられなかったのかと問われれば、それは否。私には全員が必死になって戦っていたと感じられました。それは岐阜戦、横浜FC戦でも同様でした。それでも勝てない。しかも、先の試合に希望を見出せないサッカーしかできないのが現実。それがいまの福岡の実力だということです。淡白な失点をせず、戦い方に問題がなかったとしても、勝てていたかは疑問。福岡は典型的なJ2下位のチームになってしまいました。この状況を変えるには、そうとうな時間と努力が必要だと思います。

 チームを変える手段はトレーニングしかありません。しかし、いまの状況は前リトバルスキー監督のときから続くもので、しかも、過去2年間の問題点を知っている監督・コーチ・選手がいながら、試合内容も、選手のメンタル面の問題も、選手起用を含めた監督采配も、まったく同じことが起こっていることこそが最大の問題。それは、トレーニング云々や監督・コーチ・選手の質を問う前に、もっと根本的な問題がチームに隠れていることを示しています。その問題に手をつけない限り、どんな手を打っても延々と同じことが繰り返されます。

 誰もが責任を果たせていない現状では、1人、1人が自分の責任を果たすべく行動するのは当然です。しかし、J1昇格だけを狙ってスタートしたチームが、最下位争いとしか言えない成績しか挙げられないという異常な現実は、個々が責任を果たすことを阻害する原因があるということを併せて考えるべきで、怖がらずにそこに目を向けなければなりません。監督・スタッフ・選手が立場を超えて意見を真正面からぶつけ合うこと。場合によっては喧嘩腰になってもよし。私はそれが一番必要だと思います。

コメント

へなへな失点ばかりで滅入っているのは、文章からよく分かりましたが、抽象的でよく理解ができないのですが、チームに隠れている根本的な問題って、具体的に指摘をお願いします。

>トレーニング云々や監督・コーチ・選手の質を問う前に、もっと根本的な問題がチームに隠れていることを示しています。

>個々が責任を果たすことを阻害する原因があるということを併せて考えるべき

>場合によっては喧嘩腰になってもよし


オブラードに包まず、ズバッと言って下さい。
それもマスメディアの責務かと思いますが。

仲良しチームじゃだめってことでしょ。
チームの雰囲気がぬるいんですよね。
誰かがミスしても誰もそのミスを責めない。
つまりサポのみんなはスタジアムで選手たちのお遊戯会(馴れ合い)をみせられてるってわけだ。

わたしも、どんどこどんさんの意見には賛成です。
非常に奥歯にものが挟まった言い方に聞こえます。言いたくてもいえない事がある事は容易に
創造できますが、メディアの関係の方はもっと真実を伝えて欲しいですね。それが市民運動に
つながると思いますし。
 正直、このクラブは今年崩壊すると思ってます。
来シーズン、市民の手でクラブを存続する事が
できるのであれば皆が悪の部分を認識する必要があるのではないでしょうか?

具体的なことを晒せるはずもないし、この場がマスではないことも明らか。不平不満は自前でやるか意見交換会にまわしては。

試合内容、問題の早急な改善。
もう既にプロとしての顔を失っていますよね。
色々と言いたい事はありますがチームもそれを報道するマスコミもプロとしてい生きているかというと到底言えないと思います。我々は何故このチームを応援するのか?それは地元愛だったりチーム愛だったり、個人の選手に対する愛だったり。それをもっともっと感じてもらいたい。
選手は移籍すればいい話かもしれませんが私達は地元を簡単に手放すことはできません。根本的に選手、監督、スタッフ、フロントが真剣に考えないとどうしようもないチームになってしまいます。選手は悔しいという言葉をいつも試合後に話していますが、悔しいのは地元を馬鹿にされている私達も同じです。次の仙台戦もおそらくというか100%負けるでしょう。試合を見なくても結果が見えてしまうこの状況は歯がゆくて辛いです。負けても次に進む負けだったら少しは救われますが今のチームにはそれすら感じられません。昇格という目標はもう遠くかすんでいます。私達は何を期待してこのチームを応援すればいいのでしょうか??中倉さん教えてください。

修正すべきところは明らかなのに全く改善できない、つまらないミスを繰り返す、最下位が目前に迫っているのに目標はJ1昇格などと見栄を張る。
これは、ピッチ上の問題=クラブの体質そのものだと思います。
今の状況は成るべくして成った‥そうとしか思えません。
意見交換会には行けないので、メールを送りましたが、この意見交換会がどの程度意味があるのか、甚だ疑問です。
去年、参加しましたが、ただ言葉のやり取りをするだけで、何も改善される事なく今日に至ってます。
このままズルズルと行くようであれば、アビスパに未来はないと思います。

「根本的な問題」というのは今更言うまでもなくフロントの問題ですよ。
例え2,3年暦のアビスパファンでさえも耳に入ってくる話でしょう。
ましてや移転してきてからのファンなどの方なら知り尽くしていることです。

>トレーニング云々や監督・コーチ・選手の質を問う前に、もっと根本的な問題がチームに隠れていることを示しています

ここを具体的に言うならば、

「例え監督が、コーチが、選手が変わりチームが改善されたとしてもフロントの毎度の愚行のせいで
結局はまた今と同じようなことが繰り返されるだろう」

ということでしょう。
散々長い間、特に去年は声を大にして言われたことですが。

ただだいちゃんさんの仰るとおり、
熱い気持ちを持つ者達がいくら討論しようとも親会社がああだから結局何にもならないなというのが率直な感想です。
私も去年参加しましたが、成果といえば金がない者は力のない者なのだと再確認できたことくらいでしょうか。
開かないよりマシかなという程度のものでしょう。

今のチームについてはまあさんの言うとおり、温いなと感じます。
試合中でも怒鳴りあうくらいのことがあってしかるべきでは?
98年にも負け続けてましたけど、あのときに非常に良く似た投げやりな雰囲気がチームから感じられます。

やる気を起こさせるには

J1昇格の目標も遠のき、弱体化したチーム。大きな問題は監督・コーチ・選手たちいやアビスパ福岡にかかわる全職員スタッフへの報酬・給料が安すぎるからではないかと考えます。選手を含めた全職員の待遇改善が必要なのではと想像します。アビスパに必要なのは、やる気を起こさせる人材・組織と資金力なのではと考えます。アビスパ福岡をグイグイリードする熱血漢/親分が出てこないかなあ~。

中倉です。

熱心なご意見をお寄せいただいて大変うれしく思っています。

さて、オブラートに包んだように言い方だと、多くの方からご批判を受けていますが、私が根本的な問題と表現したのは、フロントの問題や、クラブの構造上の問題のことではありません。もちろん、いまの状況を生んだのは、クラブのあり方が大きく影響していることは間違いありません。そこを改善しない限り、今の状況から抜け出せないことも確かだと思います。

しかし、予算や、職員数、練習環境などを総合的に判断した場合、クラブの構造的な問題を考慮しても、総合力という観点でいえば、福岡はJ2では中位か、それよりも上にいると私は判断しています。にもかかわらず、最下位争いのような力しか発揮できないという現実は、私たちには見えていないけれども、チームにも、とても大きな問題があるということを物語っています。

みなさんがご指摘の通り、クラブの問題が大きく影響していることは確かです。ただ、それだけでここまで悲惨な状態になるとは私には思えません。

今まで私はチームが低迷している要因はクラブの構造上の問題だと指摘してきました。その背景には、選手たちが必死に何かと戦おうとしている姿を見てきたということがあります。自分たちの力が及ばないところの問題が自分たちにのしかかっているにも拘わらず、自分たちの力で何とかしようとする姿を見てきたからです。少なくとも、選手たちは自分に課せられた責任は果たしていたと私には見えていました。

しかし、今のチームにはそういう力を感じません。私が本格的に福岡を見るようになったのは99年シーズンからですが、hazakiさんがご指摘の通り、私も今のチームには99年当時の空気を感じています。選手たちが本当に危機感を感じているのだろうかと疑問に思う局面に出くわすこともあります。

ただ、それを「甘い」の一言で叱責しても何も生まれないとも思っています。選手たちは誰もが問題意識を持っています。なんとか自分たちの力で現状を変えようという気持ちも持っています。それなのに、その思いと行動が一致していない。なぜギャップが生じるのか。そこには何かの要因があるわけで、それを見つけない限り、今と同じことを繰り返します。なぜ、こういう現象が起こるのか?そこを掘り下げるべきだと私は主張したかったのです。

その原因は私にも分かりません。
ですから、非常に初歩的な方法ですが、まずは思っていることを真正面からぶつけあう必要があると感じています。いまチームが直面している危機の大きさを考えれば、監督だとか、コーチだとか、選手だとか、それぞれの立場を論じている場合ではありません。
いまチームは生きるか、死ぬかの局面を迎えています。それは監督、コーチ、選手だけの問題ではなく、福岡に住み、福岡を誇りに思ってきた私たちの問題でもあります。それをチームにはしっかりと受け止めてもらいたい。いま願っていることはそれだけです。

>私達は何を期待してこのチームを応援すればいいのでしょうか??中倉さん教えてください。(ハチ助さんwrote)

長い間、福岡を応援してきた人たちのスタジアムに向かう足が重くなっているのは、私も強く感じています。その理由も痛いほど分かります。もはやチームは八方ふさがりの状態で、先がまったく見えない状況にあります。今のチームに希望の光は見えていません。

でも、地元に住む我々が諦めたらすべては終わってしまいます。いつの日になるか分かりませんが、チームのことを思って応援してくれる人がいる限り、チームはいつか変わる時がやってきます。はたして、この状況の中で、どれだけの人たちが応援してくれるかは分かりません。しかし、今の福岡が再生するとしたら、それは応援してくれる人の力が最後の頼り。それも今の現実だと思います。

ただ、やはりそのためにはチームがもっと頑張らなければいけません。クラブの構造上の問題があるにせよ、最低限、自分たちが果たすべき責任を果たさない限り、応援してくれる人たちの数は、どんどん減少してしまいます。勝ち負けだけの問題ではなく、福岡に住んでいる人たちの思いを背負っているということの意味を理解してほしいと強く願っています。

私が聞いたことですが篠田監督は
S級講習?で学んだ事を全て選手に指導
しているようです。
それが出来る選手だと思ってるからだそうです。
(それはフロントも同様)
しかし実際はそれができず選手も混乱している。
約束事というか戦術というかいろんなものが
ぐちゃぐちゃになっている。
それが現状らしいです。
どこかの掲示板でブレがないと書かれてましたがそれ以前の問題だということです。
結局、フロントはできない選手が悪いという判断になっているようです。
よって篠田が残っても解雇される選手は来年も多くなるんではないかと危惧しています。

中倉です。

SOCIOさん、コメントありがとうございました。

大変申し訳ないのですが、情報の出所が不確かなことについては、誤解を招く危険性がありますのでレスを控えさせていただいています。ご理解いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

 横浜戦の勝利に“浮かれて”、久々、妻と草津戦をスタジアムで観戦しました。みんなの頑張りは確かに感じました。しかし…。 妻、叫んで曰く「あの人,全然走れてない」「遅い!」「あれ練習不足」「なんでパスするとー?シュートせなあ」「今、何があったと?」「ゆーすけー!」「ジャンボーーーいいぞーーー!」「あれ、入ったと?」「まあー、拍手もらえてよかったね」という試合でした。
 クラブの体質の問題点。要するに、すごく負けていた頃のホークスの王監督がよくいっていた「南海ホークスからの負け犬根性」ということだと思います。当時のホークスと、身売りされる頃のライオンズと、今のアビスパもよく似ていると思います。どれも、それなりに名も実もある選手もいるが、試合には負けてしまう。全国的には無名でも、博多ではスター。お互いのミスをなめ合って、代わる選手もいない。それを実現する資金もなければ、チームとしての夢もない。たかがJ1復帰なんて、日本一、世界一をめざすソフトバンクの足下にも及ばないのではないでしょうか。
 また、「お金がないから補強はしません」というのは、クラブの言う言葉ではないと思います。選手、スタッフたちのため息と、でも自分たちのプライドのためにやるしかない、という悲壮感満ちた声が聞こえてきそうです。あのリティーでさえ、自分がスポンサーを見つけてくるからといって、選手補強しました。それに、それなりの準備をしてスタートしたシーズンなのだから、なぜ、「今の戦力を信じている!ちょっと噛み合わせが悪いだけだ!けが人も戻ってくる!俺たちをもう少し信じてくれ」と胸を張って言えないのでしょうか。
 私は、何も相手チームをやっつけて「ざまーみろ」という優越感を味わいたいのではなく、チームの一人一人それぞれが仲間を信じ、信じ合い、助け,助け合う、我慢し合う、高め合う、夢を実現する姿を、そこにある感動を求めています。そういうチームが地元にあれば、そのピッチに立てない自分にも、誇り=自分を支える力になります。
 J最下位、残留争い、入れ替え戦での敗退、主力の退団。アビスパを見てきて、いろいろあったので、今年の現在の結果も、試練の一つと思えます。王監督だって,敗戦で卵を投げつけられたことだってあったのです。私も,日々つらいことがありますが、良き日を信じて、投げ出さずに一歩でも前へ進みたいと思うこのごろです。長文、失礼!!

情報の出所>

中倉さんが一番ご存知だと思いますが・・・

なぜか野球を引っ張ってきている人がいますが一体どうしたのでしょうか。
話のベースを揃えて議論の出来ない人はいずれ誰からも相手にされなくなるだけだと思いますが。

SOCIOさんの仰る話は興味がありますね。
伝聞ですから確かなことはいえないでしょうが、監督は選手達の力を過信している可能性もあるのでしょうか。

中倉です。

コメントありがとうございます。
このような状況の中、チームのことを真剣に考えてくれる人たちがいることを本当にうれしく思っています。

サッカーと野球は、その性質において比べられないところがあるのは確かですね。ただ、組織マネジメントという点においては、その性質が違っても参考に出来るところは多いのではないかと私自身は考えています。そして、かつては弱かったホークスが、現在のアビスパと同じような組織としての問題を抱えていたのではないか、そして、日本一を獲得し、プロ野球界の強豪へと育っていった過程には、組織の「ものの考え方」を大きく変えたことが大きな要因になっているのではないかと私は思います。そういう点において、ホークスの成功はひとつの参考になると常々考えています。

さて、どんなサッカーを目指すにせよ、今の現状を鑑みれば、「俺たちは出来るはず」という発想ではなく、「現状では出来ない。それでは、どうすれば出来るようになれるのか」というところからスタートせざるを得ないと私は思います。練習の内容が少しずつ変わってきているのも、そうしたチームの変化なのだろうと私は感じています。

クラブの構造上の問題や、チームが抱える根本的な問題(それが何なのか、私はまだ明確に出来ていませんが)など、様々な問題を抱えるアビスパは、そのひとつ、ひとつに着手していかなければいけないと同時に、それを抱えた上で、いまをどうやって乗り切るのかという問題にも直面しています。
とにかく、いまは「勝つ」という結果を手に入れることでしか前には進めません。
明日の試合でも、それは同じ。その姿勢を感じられる試合を見たいと願っています。

>hazakiさん
中倉さんがホークスの成功は一つの参考になると認めた時点で、hazakiさんのホークスとの比較否定論はここでは通用しないことになりますよ。侮辱した人に対してのコメント及び、自身の発言の撤回をされたらどうですか?あの上から目線のコメントは気分が悪かったです。

真面目な意見に耳を傾けず、自論を推し進める方が誰にも相手にされなくなるのは明確ですよ。

>NO.14さん

これを侮辱と取るのは少々幼すぎるのではと思います。
中倉さんはある部分は参考になると仰っていますね。しかし実情にあっていないことは重々ご承知だと思います。

確かにものの考え方などでアビスパフロントより優れている点は多いかと思いますが、
毎年何億もの営業赤字を垂れ流し続け、なお存続している点に於いて比較対象にすらならないのは当然でしょう。

そもそもホークスなどよりもっと成功し、優れているJクラブがあるわけでそこをお手本にすべきなのはいうまでもありません。

そして我等がアビスパは減資したにもかかわらず、このままでは2009年度も赤字決算となる可能性が大です。
これは本気でチームの存続にかかわる切迫した危機です。
ここは中倉さんも度々仰っているし新聞等報道でご存知の方も多いかと思いますが。
自分の愛するチームがなくなるかもしれないという直面の問題です。

かずやんさんは真面目にお書きになったのでしょうが、「チーム」はともかく「クラブ」は気持ちの持ち様云々でどうにかなるものではないという事を伝えたかったまでです。
きつく感じた点がありましたなら本心ではありませんのでご理解ください。

>hazakiさん
レスありがとうございます。

>>幼すぎるのでは
ここでも上から目線ですか?

hazakiさんが経営面・存続面を含めた事を仰っているのはよくわかります。


しかし弱かったホークスが常勝チームへ変貌を遂げたプロセスを見習う事は、同じ福岡のプロスポーツチームとして今のアビスパにとって非常に重要だと思いますが。

経営うんぬんも大事ですが、「強くなる」事も大事です。

>「チーム」はともかく「クラブ」は気持ちの持ち様云々でどうにかなるものではないという事を伝えたかったまでです。

あのコメントでは、そんな事は欠片も読み取れませんよ。本気で伝えようと思っていたなら、あまりにも言葉が足りな過ぎます。


それに

>話のベースを揃えて議論の出来ない人はいずれ誰からも相手にされなくなるだけだと思いますが

こんな一言は不要でしょう。

そもそもここは中倉さんのブログで、hazakiさんが他人のコメントに良し悪しを付ける身分では無いでしょ。どうしても自論を正当化されたいなら、ご自身でブログをやられてください。

恐らくまた自論を続くならばこのまま水掛け論になるのがオチでしょうから、僕のコメントはとりあえずここまでにしておきます。







がんばろう。、我が、アビスパ福岡。

J2日記読みました。力いっぱいに声援・応援するしかない。一人でも多くのファンが博多の森にかけつけ、選手たちに発奮してもらわなければいけない。勝つことを祈って「結心」。

>あのコメントでは、そんな事は欠片も読み取れませんよ。本気で伝えようと思っていたなら、あまりにも言葉が足りな過ぎます。

確かに足りなさ過ぎましたね。
失礼しました。

>そもそもここは中倉さんのブログで、hazakiさんが他人のコメントに良し悪しを付ける身分では無いでしょ

管理人やユーザーなどの身分に関係なく、他人のコメントに良し悪しを付けるのは別に普通のことだと思いますが・・。
現にNo.14さんも私に良し悪しのレスを下さってますし。

>しかし弱かったホークスが常勝チームへ変貌を遂げたプロセスを見習う事は、同じ福岡のプロスポーツチームとして今のアビスパにとって非常に重要だと思いますが

繰り返しになりますが、プロセスといいますが、もはやスポーツが全く違うのと同様、それぞれのクラブ、球団の存在意義が全く違うので比較対照にしてもしようがないと思ってます。
「強くなる」ためには経営が、経営者が何よりも大事なのはアビスパサポなら痛いほど分かるはずです。

真隣の芝は青く見えますが、もっと見習うべきは他にあるということにも目を向けるべきでしょう。

先日、熊本に所用で出かけたときに時間があったので、ロアッソの練習を見てきました。

練習中、藤田を中心に選手同士が大きな声で、プレーや動き方に対する意見を出しいあいながら練習が行われていました。

雁ノ巣にも時々行きますが、あまりそうした光景は見たことがありません。

アビスパに足りないものは厳しさと勇気ではないかと常々感じています。
選手同士が、軋轢を恐れずに、率直な意見を出し合うこと。
試合を決めてしまうようなミスを犯した選手は次の試合ははずすような監督の姿勢。
ひとつ間違えば、負けが込んでいる状態では、チームがバラバラになってしまうかもしれませんが、そういったことも必要なくらいな状態に、いまのアビスパは陥っている用に感じます。

チームが目標を失いかけ、選手に危機感が足りないのなら、闘志を持った選手やより走る選手から起用することも必要ではないでしょうか。
勝ち負けを別にして、スタンドらか見て毎試合感じるのは、「いまシュート打てただろう」「もっと動けるだろう」というもどかしさです

湘南のアジエル、仙台のリャン、セレッソの乾など上位チームには、チームの鍵となる選手がいますが、いまのアビスパでは誰?と聞かれると???と思いますし、そういう選手を自由にして、毎試合やられていいるのが現状ではないでしょうか。

報道を見ていますと、補強も期待できないようですし、相手のストロングポイントを消し、アビスパ
のストロングポイントの田中選手や高橋選手を
生かす戦術やチームの組み立て方をやってみたらと考えています。
(長文と素人の勝手な意見、失礼しました)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。