「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、横浜FC戦



 遅くなってしまいましたが、横浜FC戦について。
 Simple is best. まさに、その言葉通りの試合でした。チームの狙いは、相手の最終ラインの裏へシンプルにボールを放り込んで田中佑昌を走らせるというもの。守っても、危険な場面ではセーフティファーストの原則のしたがってラインの外に大きく蹴りだすことを繰り返していました。ロングボールを蹴って、リスクを排してシンプルに攻めることを徹底したことで、チーム全体に余裕ができたことが勝因だったと思います。

 この日の試合はロングボールの蹴り合いで、俗に言う「いい内容の試合」ではありませんでしたが、実はその内容こそに、福岡にとって非常に重要なことが含まれていたと強く感じています。サッカーとは11人がひとつの意思のもとに連動してゴールを奪うスポーツ。何をおいても絶対に外せないのは、全員が同じ意思・判断基準を持って行動するということです。その点において、この日の福岡は統一感がありました。そして、90分間にわたって統一感が感じられたのは、栃木戦以来2度目のことでした。

 また、陣取り合戦であるサッカーでは、どんな相手とやっても必ず相手の時間帯が生まれます。その中で、どうやって相手のリズムを断ち切れるかが重要なポイント。しかし、現在の福岡は、チームとしての約束事が不明確なために、困った時に流れをリセットする方法を持たず、ズルズルとやられてしまうという致命的な欠点を抱えています。けれど、この日は、相手の背後に向かって、あるいはラインの外へ向かって大きく蹴るという約束事を徹底させたことで、相手の流れを断ち切ることが出来ていたように思います。

 もちろん、対戦相手の状況が悪かったことも影響しています。ただロングボールを蹴るだけでは、いつもいい結果が得られるわけではありません。選手たちも、蹴り合いになった試合内容そのものには満足はしていませんでした。しかし、自分たちと相手の状況を考えた上で、この日の戦い方に納得して試合に臨んだことこそが大きな意味を持っていました。正解がないスポーツであるサッカーでは、何をするかが大事なのではなく、いくつもある選択肢の中からチョイスした方法に対して、選手たちが納得し、それを試合の中で徹底することこそが大事だからです。

 ひとつ勝ったことで、福岡が置かれている状況が変わったわけではありません。ただ、「大きく蹴る」という単純な約束事を選手間で徹底させただけで、これまでとは違う結果が得られたという事実は、約束事を作ることがチームにとっては何よりも優先するべきだということを改めて示したものだと言えます。横浜FCとの対戦は、チームの判断基準、約束事を徹底させることに力を注ぐこと、それこそが今の状況から脱する唯一の方法であることを教えてくれた試合だったと思います。

コメント

>チームの狙いは、相手の最終ラインの裏へシンプルにボールを放り込んで田中佑昌を走らせるというもの

この件を信川さんが選手に問いかけたそうです。
本当はいつもと同じようにパスサッカーで行く予定だったけど中盤が機能しなかったから上記のようなサッカーになったと・・・
まあ今は内容より結果です。
中盤の問題は相変わらず改善していないと
いうことです。

>本当はいつもと同じようにパスサッカーで行く予定だったけど中盤が機能しなかったから上記のようなサッカーになったと・・

やっぱりそうでしたか。
これまであれだけポゼッションにこだわってた監督ですし、いきなり方向転換をするはずはないと思っていましたが。
選手たち独断の判断ではあるようですが、逆に言えばチーム内がまとまってないともとれるものだと思います。

さて草津戦。
やはり負けてしまいました。
相手のボール回し、ボールを奪う守備、全て格上でした。
前コメントでスタッツについて触れましたが、やはり篠田監督、コーチ陣はあのスタッツから何も読み取っていないんじゃないでしょうか?

それほど「変わった」と思える場面が皆無です。
アビスパの選手たちは相手選手を通せんぼするだけで縦パスを収められ、
そこから右左自由に展開されて決定的なクロスを入れられピンチ。
これが何度あったことでしょうか。

中倉さんは中盤の問題を強調してますが、FW,MF,DFの全員の連動がなければ守備は成立しないと思います。
問題点は中盤やその選手達にだけにあるのではなく、やはり監督の作るチームが、練習が甘いということだと言わざるを得ません。
加えてうちには試合に臨むにあたってのゲームプランというものが感じられません。
相手チームのゲームプランは明確です。
「サイドに追い込んでボールを奪う」
分かっていながらこれに毎節屈し続けています。

チームが好転するのはいつになるのか見当もつきません。

なんとならないものか。

なさけないやら、空いた口がふさがらないやら、DFとGKのミスでの失点。譲り合い、お見合いである。今年は少なくともこれで2度目、いや3度目か、情けない。選手同士の相互批判、きびしさはあるのか。選手同士がミスや怠慢なプレーに対して「ナアナア」になっているのではないか。そして、監督も選手に対してきびしさが足りないのではないか。負けることに対して、批判やきびしさがなくチーム内でなれ合いが生じているのではないか。今の状態に対して誰もきびしく対処しない。傷のなめあい状態ではないでしょうか。
練習する姿をみていると、選手は一所懸命頑張っている。がしかし、怠惰なプレーを見せられると怒りがわいてくる。しっかりしろ。アビスパ福岡の選手たち。どうにかしてくれ篠田監督。GM/社長のみなさん。

中倉です。

SOCIO さん、hazaki さん、ガンレクマン さん、コメントありがとうございました。

9日付のブログにも書きましたが、いまチームは私が初めてアビスパを取材した99年当時と同じ空気を感じます。どうすればいいのか。私には明確な答えが見つかっていませんが、その部分については、ブログ本文と、コメントに書きましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

草津戦でもチームの狙いは、高いラインを敷く草津の背後をとることにあったように思います。中盤が機能しないという現状の中で、少し戦い方が変化してきたのかなと感じています。この変化は今のチームにとっては必要ではないかと感じています。あとは全体的なバランスの問題だと思います。

さて、hazaki さんがおっしゃる通り、攻撃も、守備も全体で連動して行うもの。そういう意味では、私は中盤だけの責任とは思っていませんし、中盤の特定の選手の責任にするつもりは全くありません。そのように受け止められたのであれば、私の文章が稚拙だったためです。申し訳ありません。

もちろん、現状を分析した場合、FWの動きにも、DFラインの働きにも、もちろん課題はあります。ただ、重要性という意味では、中盤の効果的な攻撃参加、プレスの問題、最終ラインからのボール引き出し方などが最も大きいことはご理解いただけると思います。中盤は攻守の要と呼ばれているように、ここが機能しなければ、後ろと前をつなぐこと自体が出来ません。そういう意味で、私は最大の問題は中盤にあると考えています。
もちろん、それが解決しても、前にも、後ろにも課題はあるわけですが、肝となる部分が機能すれば、ある程度のまとまりは出てくるのではないかと思っています。

そして残念なことですが、今のチームは戦術云々以前のレベルに落ち込んでいます。ここまで来てしまえば、まずは自分たちがやるべきことを、確実にやれるようにすることが先決のように私は感じています。アビスパにはチームの形や約束事が徹底されていないという大きな課題があるのは多くの方が感じていらっしゃると思いますが、個々が責任を果たせなくなっている現状では、まずはサッカーをやる上での大前提である個人戦術の部分で、個々が責任を果たすことが先決だと感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。