「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないチームの形



 ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。いつもアクセしていただいている方には申し訳なく思っています。また、いただいたコメントにつきましては、先日、レス(長くてすいません)を書き込みましたので、そちらを読んでいただければ幸いです。

 さて、トレーニング内容を変え、意識を変えて臨んだ第2クール初戦の岐阜戦。取り組まなければならない課題は多く、簡単にはいかないと覚悟していましたが、チームは最悪の方向へ進んでしまったようです。何人かの選手の足がつったように、選手は必死になって戦ったと思います。連携が不十分な中で決定機を演出することもできました。しかし、「チームとしての方向性が見えない」という開幕以来の最大の問題点は、選手1人、1人がそれぞれでプレーするという形に行き着いてしまったようです。

 選手たちは、何を、どうプレーしていいのか分らないままにピッチの上を漂っているように見えます。次のプレーをイメージできないプレーは基本的なミスを繰り返すことにつながり、約束事が明確でない組織は、ボールホルダーに対してのサポートがなく、ボールを引き出す動き出しもありません。ピッチの上に成立するのは、出し手と受け手の2人の関係だけ。時折、個人のアイデアが重なって形を作り出すシーンもありましたが、それだけではサッカーは成り立ちません。

 サッカーというスポーツは決断の連続と言えます。二度と現れない様々な局面の中、いくつもある選択肢の中から最良と思われる方法を選手個々の判断で選択する。そのプレーから、さらに幾つもの選択肢が発生し、その中から再び最良と思われる方法を選択する。そして、無限に続く選択が有機的に連動したとき、11人の選手の判断がひとつの意思の元でつながり、プレーに深みを与えることになります。それがチームの成熟度が上がるということだと思います。

 それを可能にするためには、選択するにあたっての判断基準を統一することが必要です。それがチームの約束事を徹底させるということです。サッカーにとって重要なのは、ミスをしたとか、連動していないとか、個々の局面で現れる現象にあるのではなく、そうした現象を引き起こさないために、全員が同じ判断基準を持ってプレーしているかどうか、という点にあります。今の福岡は、その判断基準が非常に不明確になっているように感じます。

 選手の心がバラバラになっている訳ではないと思います。ただ、チームの約束事が明確になっていないためにプレーがつながらず、結果として何をしようとしているのかが見えてこないというのが、今の福岡の状況だと思います。現象面での問題点を修正する作業ではなく、まずは、チームとしての判断基準をあらためて明確にし、それを徹底することから始めること。それが今は重要のように思います。

コメント

「ボールが無い所でのスペースを切る動きとか、目に付きにくい部分での動きが良くなってるから……」中倉さんに雁ノ巣で話してもらったのは3連続無失点勝利中の4月でしたっけ?

あれからそんなに月日は経ってないのに、いったいなぜ!?

福岡ブルックスの初戦からずっと観ていますが、正直いまのアビスパは一番つまらない、いや、くだらないと言いたくなる程の試合しかできないですね。
もう我慢も限界かな……。選手の足が止まると同時に私の足も止まりそうです、レベスタへ向かう。

なんなんだいったい、あのGMは。監督代えないならせめて貴方が辞めてくれよ。
まさか補強費が無いとか言って、自分の給料は満額もらったりしてないですよね、この実績で。

 この長いトンネルを抜ける打開策はやはり練習ではないでしょうか。試合前の練習を見てても殆どフカシています。練習で8割以上はいらないと本番では無理でしょう。低く抑えるシュートを打てるように日常の練習でやるべきだと思います。1人でもいいが、やはりDFをつけて半分以上はゴールできるようにすべきだと思います。
 1試合勝てば、次第に自信も沸いてきて、道は開けるはずです。今の2時間位の練習では足りません。他チームより1時間でも多く練習して打開して欲しいものです。

最後まで「結心」・・・

不思議な思いです。現メンバーになり、毎日毎日、同じ顔ぶれで練習しているのに、「チームとしての方向性が見えない」「チームとしての約束事が明確でない」「連携がない」「走れない」等練習の成果がでない。なぜだろう、どうしてだろう。キリンカップでの日本代表は短期間の顔あわせと練習で結果をだす。選手のレベル/質の違い。それとも指導者の質の違いだろうか。社長・GMを責める声があるが、一番は現場で指導している監督コーチの指導方法が結果として弱いアビスパにしてしまったといえるのではないでしょうか。負けて悔しい思いばかりですが、郷土のプロチーム。強くなること、勝ことを夢みて応援するしかない。

中倉です。
豹牙 さん、スーパーサブ さん、ガンレクマン さん、コメントありがとうございます。
今週は所用のために週末から東京へ来ています。今日は横浜FC戦。厳しい状況の中ですが、とにかく勝ってほしい。その気持ちは変わりません。

--------------------------------------------------------------------------------
>豹牙 さん

3連勝中は、中盤の守備バランスが悪い中でも、ギリギリのところでの選手たちの頑張りがあって結果的に勝点を重ねていたので、試合を重ねる中でバランスの悪さが解消できると思っていたのですが・・・。

悪い内容で勝っているうちにチームとしての形を整えていったのが、湘南、C大阪、仙台、甲府らの上位チーム。チームバランスを整えられないままに個人の頑張りさえも失ってしまったのが福岡だと言えます。そこがサッカーの難しさと言えるわけですが、結果が出ているうちに課題の修正に目を向けきれなかったと言われても、やむを得ない状況だと思います。

いまの福岡は、サッカーをする以前の問題のところで低迷しています。個人千十での基本的なミス、チームとしての約束事が見られない組織。その結果、サッカーの面白さが感じられないチームになっています。

多くのサポーターは、それでもスタジアムに足を運んでくれていますが、この状況をいち早く脱するのはチームとしての責任であると私は思っています。サポーターとチームの力は一つの輪のようなもので、チームの頑張りがサポーターを引き込み、そのサポーターの声援がチームに力を与える。それが相乗効果を生みながら大きな力となるものです。どちらが先ということではないと思いますが、今はチームが頑張りを見せるとき。勝ち負けの問題ではなく、ファン・サポーターに気持ちが伝わるプレーをしてくれることを望んでいます。
--------------------------------------------------------------------------------
>スーパーサブ さんへ

話して、原因を分析し、何をするかを決める。それはとても大事なことですが、やはり、その概念をトレーニングに具体的に落とし込んで、徹底して反復することでしか変化は生まれません。スーパーサブさんのおっしゃる通り、解決は日々のトレーニングの求めるしかないと思っています。
少し、トレーニングの内容は変わってきたように思いますが、結果が出ないということは足りない部分がまだあるということ。6月度のトレーニングスケジュールを見ると、こちらも、今までは変化があるように思いますが、ピッチの上で起こったことは、ピッチの上で解決するという原則を守って、厳しく取り組んでほしいと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
>ガンレクマン さんへ

少なくとも私が知る限りでは、福岡は過去を含めて同じことを繰り返しているように見えます。過去も、現在も含めて、私は特定の誰かが悪いことが現在の状況を招いているとは思っていません。結局のところ、それがクラブの力。そしてクラブとは、フロント、職員、監督、現場スタッフ、選手、そしてクラブに関わるすべての人たちの意思と行動の集合体です。1人、1人が自分の立場でやるべきことを全うすること。そういう体制が生まれない限り、何も変わらないと私は思っています。春先の選手たちの頑張りを見て、チームは変われるかと思っていましたが、残念ながら、その力は足りなかったということだと思います。

しかし、出来くないことばかり悔やんでいても先へは進めません。どんな状況になろうと、それぞれの人たちが、自分の役割を果たすこと。結局のところ、それがクラブ、チームが変わる唯一の手段だと思います。問題点は分析しなければなりませんが、それでもやるしかない。それが今の福岡が置かれている状況だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。