「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネルの出口はどこに



 よく集中して相手の良さを消した前半。先制点を奪われながら同点に追いついた場面。いずれも、選手たちが頑張りを見せたシーンだったと思います。しかし、サッカーの質の差、力の差が大きすぎました。42分までに無失点に抑えていたとはいえ、切り替えの速さ、ひとつのボールに何人もの選手が連動する動き、緩急の変化等々、やっているサッカーの違いは歴然としていました。「もっとやれるはず」ではなく、これが福岡の力。それを認めるところからスタートするしかありません。

 第1クールの低迷の最大の原因は、攻守に渡ってチームの形がないことにあると思います。目指すサッカーはポゼッションサッカー。高い位置でボールを奪って、人もボールも動かしながら、サイドで数的優位を作って攻めるのがチームのコンセプトです。しかし、走る質の低さはいかんともしがたく、ボールを取る位置、スピードアップするタイミングなど、コンセプトを実行に移すための具体的な形が定まっていません。自分たちのリズムのときはそこそこ戦えても、一度相手のリズムになってしまうと立て直せなくなるのは、戻るべき場所がないからだと思います。

 実は、12節の札幌戦、そしてC大阪戦のそれぞれ前日練習で、ある光景が見られました。札幌戦では主力選手がボードの前に集まって、C大阪戦では監督と数人の選手が集まって、なにやら話し込んでいました。いずれも中心になっていてたのは丹羽大輝。対戦相手に対してどう守るのか、チームとしてどのような守り方をするのかを、丹羽を中心に具体的に確認していたのです。前半だけと言えばそれまでですが、丹羽が先発した札幌、仙台、そして、C大阪戦とも前半の守備が落ち着いていたのは偶然ではありません。

「○○しよう」「○○に注意しよう」ではなく、「○○するために、具体的にどうプレーするのか」を明確にしなければいけません。それを全員が理解して、具体的にトレーニングに落とし込むこと。そして、選手全員がそれぞれの役割を妥協せずに実行に移すこと。それをお互いに徹底して求めあうこと。それが今のチームには必要です。分かるまで徹底して伝える。理解するまで徹底して食い下がる。できるまで絶対にやめない。自分が役割を果たすのは当たり前。それだけではなく仲間にも厳しく求める。それを毎日繰り返す。そういう当たり前のことを、当たり前にやれなければ、いまの状況に変化は生まれません。

 すぐに試合が来るJ2では結果を引きずっていては戦えません。しかし、気持ちを切り替えるだけなら何も変わりません。これだけ勝てないのはチームとしての力がないということ。「俺たちはやれるはず」ではなく、「このままではやれない」というところからスタートしない限り、いつまで経っても状況は変わりません。いきなりプレーが変わるわけではありませんが、怒鳴り合うくらいの迫力がいまは必要だと思います。

コメント

丹羽選手が入ると落ち着くというのは
昨年からサポーターは分かってました。
C大阪戦も幾度となく相手の攻撃を防ぎました。
でも分かっていなかったのは監督でした。。。
偏った起用を繰り返し今に至っています。
反省すべき事だと思います。

↑同感です。丹羽選手が入ると安定するのは誰の目から見ても明らか。なのに使わない。
選手起用をうまくやってればここまで成績は酷くなかったと思います。

選手起用に関して、疑問を感じている人は多いと思います。
この不可解な起用は、本当に監督自身の意思なのでしょうか?
それとも、本来あってはならないことですが、勝負とは別の理由でフロントから何か指示されていたりはしないでしょうか?

私も不思議でしょうがなかったんですよ、なぜ大輝を使わないのか。
大輝が中心のチームでも良いくらいですよね、今のアビスパは。

明日、久しぶりに雁ノ巣に行けそうです。
練習その他、なにか違うものを感じられることを期待してます。

 安定をもたらす丹羽の起用、大賛成です。私も疑問の一つでした。しかし、今のアビスパは、丹羽を90分使っても、水戸に2点、札幌は0点でしたが、仙台に3点、そして今回の大阪に4失点していることに課題があらわれていると思います。それは、選手個人の力だけでなく、その働き方、かみ合い方、モチベーションの維持などの課題であり、そのことを実現するための試合や練習のマネージメントの課題ではないかと思うのです。監督個人も含めたコーチングスタッフ、クラブが、一昨年のヴェルディー並みの思い切った強い意志がなければいけないと思います。たとえ更迭であろうが、続投であろうが。そういう意味での「責任」です。辞めることだけが責任とは思いません。(長文いつも済みません)

本当に大輝が守備の要ってことは、去年から分かっていたのに、使わなかったのには何か裏事情があるんかな?としか思えません。

どうしたらいいんだ。

こんなに弱いチームになったのは、監督コーチの指導力方針が通用しなかった結果です。できれば大胆な改革が必要です。「サッカーの質の差」「走る質の差」とは具体的にはどのようなことですか。
他のチームの練習はどんなふうですか。

長文すみません。

なかなか取材できないことなのかもしれませんが、グラウンド外でのミーティングとかってどんな感じなのでしょうか?
例えば試合翌日には、前日の試合についてVTRを見ながら全員で喧々諤々の議論をやり、その場で決めたことなどについてのレポートの提出を全員に課す、とかってやっているのでしょうか?
中倉さんの記事を見る限り、練習内容は改善されているものの一向に結果が出てこない、とのことですので、素人目には、そもそも机上でのコンセンサスが具体的なプレーについてまでは十分ではないのかな、と思ってしまいます。

監督云々を言ってもしょうがないのなら、チーム全員で知恵を出し合ってよりよくしていくしかないわけで、ではそういう取り組みがどれぐらい出来ているのか、そこら辺が垣間見える記事がこれからも読めると大変嬉しく思います。

>目指すサッカーはポゼッションサッカー。
トランジションの大事さ(=切り替えの速さ)を思い起こさせ、実感させるためにも、ディフェンスラインが低くなったとしてもチームをコンパクトにすることをより大事にしたリアクションサッカーに一時的に変更してもいいと思うんですが。
チームとしてのディシプリン(懐かしいですね。。。)が感じられなくなってしまった今、いきなりポゼッションサッカーを志向するのは難しかった、というのが第一クールだったのではないでしょうか。
中倉さんが挙げられていた、C大阪との差である、「切り替えの速さ、ひとつのボールに何人もの選手が連動する動き、緩急の変化等々」はいきなりいっぺんに改善されるものではないと思われますので、一つ一つ改善されることを切望します。

第1クールの総括及び今後の立て直しの具体策をクラブや篠田監督はどう考えているのでしょうか?
J1昇格の目標はどうするのか?
クラブは第2クールに向けての考えを説明する必要があると思います。
このまま面白くないサッカーを見せられるなら、観客は減る一方だと思います。

中倉です。
みなさん、コメントありがとうございました。

さて、丹羽大輝がチームに落着きを与えてくれるのは確かですが、それも45分だけでしかないというところが福岡の問題点だと思います。つまるところ、福岡の守備の問題点は最終ラインにあるのではなく、チームとしての連動性、一体感のなさにあるわけで、それが生まれない限り、どんなにスーパーな監督や選手を連れてきたとしても状況は変わらないと思います。総論でいえば、個々の力をフルに発揮できるようなチームマネジメントを整えられるか、それが今のチームに与えられている最大の課題です。

では、どうすればいいのか。
私はかずやんさんの意見に全面的に賛成です。監督、コーチングスタッフ、選手が、立場を超えたところでひとつになり、強い意志で今のチームを包む雰囲気を刷新しなければ、どんな手を打っても前へは進めないと思っています。今の「ものの考え方」そのものを変えることが必要です。今までの延長線の中でなら、いくら必死になっても効果はそれほどでもないように思います。

いま選手たちは、様々な意見を交わしているように思います。ミーティングや、それ以外のところで、どんな話し合いをしているかについては私が口出しすべきものではありませんが、練習後、選手たちがロッカールームを引き上げる時間が非常に遅くなっているところからすると、かなり意見をぶつけ合っているのではないかと思います。

ただ、意見をぶつけ合ったからといって簡単に解決しないのがサッカーの難しいところです。サッカーは局面での決断の連続ですが、それが1本の糸でつながっている限り、どんな選択をしても結果は得られます。しかし、それがつながっていなければ、どんな選択をしたところで結果は得られません。選手の間で交わされているであろう問題点や解決策は、どれも一理あるものだろうと思います。では、そうした問題や選択肢を整理して、「じゃあ、チームとしてこうしよう」というところまで整理しなければなりません。これは、それぞれのサッカー観が違うだけに非常に難しい作業だと思います。トレーニング内容の変化や、選手の心の内での変化が結果に表れていないのは、そういうところだと思います。

しかし、それは周りが決めるものではありません。監督、スタッフ、選手たちが、自分たちの手で決めるしかありません。それは誰にも助けられない部分。もどかしいとは思いますが、我々は、彼らが自分の手でどう進むのかを見守る以外にはないと思います。

今のチーム状況は、勝てないとか、J1昇格が厳しくなってきたというところを通り越して、チームとしての在り方を問われるところまで来ていると思います。それに対する回答は、結果を出すということ以外にありません。策がないじゃないかとの指摘を受けるかもしれませんが、そこまでチームは追い込まれていると私は考えています。まずは勝つこと。すべてはそこからしか始らないと思っています。そのためにも、強いリーダーシップをとって、舵取りをしてくれる者の出現を強く望んでいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。